給料

考える男性

転職して給料が上がるのか知りたい、上がるケースを知りたい。

未経験でも、転職で給料が上がりやすい職種を知りたい。

給料を上げる転職はしたいが、ブラック企業に転職したくない…

こういった疑問・不安にこたえる記事です。

 

この記事の内容は下記の通り。

 

  • 転職で給料が上がるケース8選【特に20代後半は上がりやすい】
  • 未経験でも転職で給料が上がりやすい職種
  • うっかりブラック企業に転職しない方法【求人情報からブラック企業を見抜く】
  • 目先の給料アップにとらわれてはいけない【給料が上がっていく仕事を選ぶのがコツ】

 

この記事の信ぴょう性を解説します。

 

僕(佐藤誠一)は、20代後半で転職して大きく給料が上がった経験があります。

僕の20代の職歴を紹介します。

勤務先 年収 年齢
1社目 郵便局(正社員) 180万円 21歳
2社目 携帯電話の販売(バイト) 180万円 24歳
3社目 メットライフ生命(正社員) 500万円 26歳

20代後半で転職したメットライフ生命で、年収が大きく上がっています。

つまり、僕は「転職して給料が上がった」という実体験があります。

 

また、僕は本サイトやその他転職系サイトで、3000人以上の転職相談に乗ってきました。

 

「転職して給料を上げたいけど、どうすればいいかわからない…」

という相談も多くありました。

 

相談対応した結果、実際に転職で給料が上がった人もたくさんいます。

この記事では、そのノウハウをまとめています。

 

僕の実体験や、相談で結果がでたノウハウなので、ある程度の信ぴょう性は担保されていると思います。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

転職で給料が上がるケース8選【特に20代後半は上がりやすい】

ジャンプ

転職で給料が上がるケース8選をご紹介します。

 

注意してほしいのは、転職はなんでもかんでも給料が上がるわけではないこと。

 

というか、転職の多くは給料が下がるケースが多いです。

だから、転職は慎重に検討してください。

 

給料が上がるケースを下記にまとめているので、当てはまる人は給料が上がるチャンスです(^^)

①20代後半は転職で給料が上がりやすい

20代後半は、転職で給料が上がる人が多いです。

 

20代前半は給料が一番低い世代ですが、

20代後半になるとスキルが身についていて、

転職先で高く評価されるからです。

 

Dodaが行った調査でも、転職でもっとも給料が上がるのは27~29歳だそうです。

 

事例として、僕も20代後半の転職で給料が上がっています。

 

また、20代後半はまだ若く、

転職先の会社で長く活躍してくれることを期待されて、給料が上がりやすいです。

 

20代後半で「給料を上げたい!」という人は、転職を検討しても良いでしょう(^^)

②今の年収が200万~300万円台なら、転職で給料が上がる可能性がある

今の年収が200万~300万円台なら、転職で給料が上がることが多いです。

なぜなら、単純に今の給料が低いから。

 

今の給料が低すぎる人は、ふつうの年収の会社に転職するだけで給料が上がります。

 

反対に、今の年収が高い人は、転職で給料が上がるのは難しいです。

 

ちなみに、年収が200万円台で「給料が安すぎて生活できない!」とお困りの人は、

「給料が安すぎる!生活できない!」という人は転職した方が良いを読んでみてください。

「給料が安すぎる!生活できない!」という人は転職した方が良い

③給料が低い業界から高い業界に転職する

業界自体の給料が低ければ、給料が高い業界に転職することで給料が上がります。

 

給料が低い業界・職種の代表格は下記の通り。

 

  • 飲食
  • 介護
  • アパレル
  • 栄養士
  • 美容師
  • 保育士
  • 事務
  • サービス業

 

 

給料が高い業界・職種の代表格は下記の通り。

 

  • IT
  • 営業
  • 建設

 

業界を変えるだけで、給料が上がるでしょう。

④スキルを正当に評価してくれる会社に転職する

今の会社で明らかに評価が低い場合は、

正当な評価をしてくれる会社に転職するだけで給料が上がります。

 

あなたをきちんと評価してくれない会社には、見切りをつけましょう。

⑤スキルを身につけてから転職する

スキルを身につけてから転職すると、給料が上がります。

即戦力人材として期待されるからです。

 

例えば、

 

  • 資格を取得する
  • プログラミングスキルを身につける
  • 前職で長年勤務してスキルを磨く

 

などが良いですね。

 

スキルがあれば、会社が変わっても食っていけるので最強です。

⑥1回目の転職

初めて転職する人は、給料が上がりやすいです。

前職で長年努力していたことが評価されるからです。

 

「20代後半で初めて転職する」というケースは、もっとも給料が上がりやすいです。

 

反対に、

 

  • 新卒で入社した会社を1年未満で退職
  • 20代前半で2回以上転職している

 

などは、給料が下がります。

 

企業側からみると、

 

  • ガマンできない
  • 嫌なことがあるとすぐ逃げ出す

 

という印象があるからです。

 

事実、短期退職や転職回数が多い人は、希望の会社で内定が出づらく、条件を下げて転職することが多い。

 

給料も妥協せざるをえないので、給料が下がる転職になります。

⑦インセンティブ割合が大きい会社に転職する

営業職が中心ですが、インセンティブ(成果給)の割合が大きい会社に転職すると、給料が上がることがあります。

 

成果をあげれば、給料に反映されるからです。

 

「がんばってもがんばらなくても給料は一緒」みたいな会社で働いてる人で、

仕事をがんばっている人は、転職を検討しても良いでしょう。

 

ただし、固定給の割合がかなり小さく、ほとんどがインセンティブというタイプの仕事は、

成果をあげられないと極端に給料が下がります。

 

生命保険業界は、特にインセンティブ割合が高いです。

保険営業についてくわしく知りたい人は、

保険営業のきついところ14選を元保険営業マンが暴露【実話】を読んでみてください。

保険営業のきついところ14選を元保険営業マンが暴露【実話】

⑧手当が充実している会社に転職する

「今の会社に手当がほとんどない!」という人は、手当が充実している会社に転職すると給料が上がります。

 

単純に、今までもらえなかった分がもらえるからです(^^)

 

手当には、

 

  • 通勤手当
  • 残業手当
  • 住居手当
  • 役職者手当
  • 資格手当

 

などがあります。

 

求人情報にものっている情報なので、調べてみましょう。

未経験でも転職で給料が上がりやすい職種

メガネとパソコン

未経験でも、転職で給料が上がりやすい職種は下記のとおりです。

 

  1. IT
  2. 営業
  3. 建設(施工管理)

 

①IT

ITは未経験でも転職できて、給料が上がりやすいです。

 

理由は、

 

  • AIの進化とともに成長している業界だから
  • 仕入れ値が安いので、利益率が高いから
  • 保守・メンテナンスで継続的な収入がある業界だから
  • 技術が進歩しているので、常に新しい仕事を獲得できるから
  • 今後もなくならない業界だから
  • スキルを正当に評価してくれるから

 

など、たくさんあります。

 

未経験から始められるのは、

 

  • プログラマー
  • インフラエンジニア

 

などです。

 

20代であれば、学歴や経験関係なく、IT業界に転職できます。

 

スキルが身につけば食いっぱぐれなく、給料も安定しています。

年収1000万円以上稼ぐITエンジニアもいます。

②営業

営業職は、売上が高ければ稼げます。

未経験からでも始められます。

 

営業職のメリットは、

 

  • 若くても、売れれば稼げる(年収3000万円以上稼ぐ20代もいる)
  • 人脈ができる(人脈は消えない)
  • 時間の融通がききやすい

 

などですね。

 

ただし、ノルマはあります。

 

  • ノルマがある仕事はイヤだ
  • プレッシャーに弱い
  • 人とコミュニケーションをとるのは苦手

 

という人にはおすすめしません。

③建設(施工管理)

建設の施工管理職とは、いわゆる現場監督のことです。

現場作業員ではなく、現場の指揮をとる人です。

 

意外にも未経験からでも始められます。

給料高めの仕事です。

 

「施工管理技士」という資格を国家取得すると、さらに給料が上がります。

 

ただし、デメリットもあります。

 

  • 休みは日曜日のみ
  • 早朝から夜遅くまで働く
  • 単身赴任も多い
  • 辞めにくい

 

などです。

 

給料は高いですが、激務の仕事です。

 

ちなみに、未経験の仕事に転職するのが不安な人は、

転職で未経験の仕事が不安でも大丈夫【ブラック企業を回避!】も読んでみてください。

転職で未経験の仕事が不安でも大丈夫【ブラック企業を回避!】

うっかりブラック企業に転職しない方法【求人情報からブラック企業を見抜く】

パソコン

「転職して給料を上げたい!」と思っても、うっかりブラック企業に転職しちゃったら悲劇です。

 

求人情報で、異常に給料が高い会社はブラック企業の可能性があります。

 

あまりにブラックで人が集まらないから、

求人情報だけでも給料が高く見せて、なんとか人を集めようとしているからです。

 

なので、うっかりブラック企業に転職しない方法を紹介します。

 

求人情報からブラック企業を見抜く方法も解説しますね(^^)

①未経験募集で年収500万円以上の求人は要注意

「未経験者OK!」「学歴不問!」で、初年度年収が500万円以上の求人は要注意です。

ふつうに考えて、そんなうまい話あるわけないからです。

 

なんで未経験者に500万円も給料出すのか不思議ですよね?

何か裏がある証拠です。

 

例えば、

 

  • 過去もっとも高かった年収を掲載している
  • 過去もっとも高かったボーナスで年収を計算している
  • 長時間残業した場合の残業代を入れて、年収を掲載している

 

という裏があることも。

 

残業100時間で残業代つけば、そりゃ年収高くなりますよ。

あと、ボーナスなんて会社のさじ加減で減らせるので、アテになりません。

 

違和感を感じるほど給料が高い求人には、注意してください。

②求人情報の年収幅が広い求人も要注意

「年収300万~1000万円」っていう求人も怖い。

給料に幅がありすぎるので、おそらくインセンティブ割合が大きい会社です。

 

営業系の会社に多いですね。

 

売上が低ければ、年収300万円を切ることもあるでしょう。

③ホワイト企業の見分け方を知る

ブラック企業を選ばないためには、ホワイト企業の見分け方を知っておけば大丈夫(^^)

 

ホワイト企業の見分け方は、

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】を読んでみてください。

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】

④ブラック企業を紹介しない転職エージェントに紹介してもらう

求人情報からブラック企業を見抜く方法を解説してきましたが、

現実は求人情報からブラック企業を見分けるのは難しいです。

 

いざ求人情報を見ると、どれがホワイト企業で、どれがブラック企業か判断がつかないからです。

 

ブラック企業じゃない会社を選ぶのに楽な方法は、

ブラック企業を紹介しない転職エージェントに良い企業を紹介してもらうことです。

 

ぶっちゃけ、これで問題解決です。

 

「ブラック企業を紹介しない転職エージェント」は、ウズキャリです。

 

ウズキャリに相談するメリットは、

 

  • ブラック企業を紹介されない
  • 転職して、今より給料が上がる可能性がある
  • 給料が上がることで、生活が安定する
  • 20代後半のうちに、年収400万円以上を目指せる
  • 30代、40代と実績を積んで、給料を上がっていく

 

です。

 

考える男性

転職はリスクもあるし、今の仕事は給料以外は不満はないんだよなぁ…。

ヘタに転職して、ブラック企業に入社するのもこわいし…。

 

でも、今の給料は低すぎる!もっと稼ぎたい!

という人に最適です。

 

ウズキャリはブラック企業を徹底排除しているので、安心です。

適職診断もしてくれるので、あなたに向いてる仕事を紹介してくれますよ(^^)

 

無料なので、気軽に相談してみてください。

 

僕が運営する本サイトや他の転職系サイトで、

「今より給料が高い会社を教えてほしい」と相談されることがあります。

 

でも、僕は転職エージェント(人材紹介会社)ではないので、企業の斡旋はできません。

 

だから、相談者さんには転職エージェントを紹介していたのですが、

多くの転職エージェントは、相談者さんから僕にクレームが入ることがあったんです(^^;

 

「ブラックばっかり紹介されたんですけど…」

「なんであんな転職エージェントを紹介したんですか?」

 

って怒られると、僕も辛いもんです…。

 

だから、僕は対応が良い転職エージェントを探しました。

 

ウズキャリに行ったのは2017年5月。

当時社長の今村さん(現在は会長)が、直々に対応してくれました。

とても丁寧で、優しくて、良い人でしたよ(^^)

 

それからは、相談者さんにウズキャリを紹介するようになったのですが、

ウズキャリさんは今まで1件も相談者さんからクレームがありません。

 

だから、ウズキャリさんは信頼しています。

 

ウズキャリさんのデメリットは、

 

  • 30代以上は相談できない
  • 関東、関西、愛知、福岡しか相談できない
  • 事務系の紹介は弱い

 

というところです。

 

でも、

  1. ブラック企業は紹介しない
  2. カウンセリング時間が業界最長なので、じっくり話を聞いてくれる

という点は大きなメリットです。

 

「今より給料が上がる仕事に転職したい」という人は、ウズキャリに相談してください。

 

ウズキャリについてさらに詳しく知りたい人は、

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】を読んでみてください。

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

目先の給料アップにとらわれてはいけない【給料が上がっていく仕事を選ぶのがコツ】

給料袋

転職して給料を上げたい場合は、

目先の給料アップにとらわれすぎない方が、良い会社に転職できます(^^)

 

目先の給料アップにとらわれすぎると、

 

  • 実は、長く働いても給料が上がらない会社だった
  • 入ってみたら、ブラック企業だった
  • 激務だった
  • 休みが少なかった
  • 仕事内容にまったく興味をもてない

 

など、大切な部分を見逃すことが多いからです。

※過去の転職相談で、この手のケースはかなりありました(^^;

 

「転職してすぐの給料が前職より低い」という理由だけで、

せっかくのホワイト企業・優良企業を除外してしまう人がけっこういます。

 

大切なことは、目先の給料が上がるか下がるかではなく、給料が上がっていく仕事を選ぶこと。

 

転職してすぐに前職の給料を上回らなくても、

2年後・3年後に上回れるだけでも「良い転職」と考える方が、冷静に良い会社を選べます(^^)

 

そして、4年後・5年後に前職の給料を大きく上回ればいいのです。

 

転職は目先の利益にとらわれず、長期的な目線で見ると失敗しにくいです。

 

企業によっては試用期間を設けているところもあり、初年度の給料が低く設定されています。

でも、試用期間が終われば給料は上がります(^^)

 

あせらず、長い目で給料を上げていく転職をするのが、良い会社と出会うコツです。

まとめ【条件にはまれば転職で給料は上がる】

ジャンプ

この記事をまとめます。

 

  • 条件にはまれば、転職で給料は上がる
  • 特に、20代後半は給料が上がりやすい
  • 未経験でも転職で給料が上がりやすい職種はIT、営業、建設
  • ブラック企業は求人情報からでも見抜ける
  • 求人情報からブラック企業を見抜けなければ、ブラック企業を紹介しない転職エージェント(ウズキャリ)に相談
  • 目先の給料アップにとらわれない

 

「転職して給料を上げたい!」という20代後半の人は、

この記事で紹介した「転職で給料が上がるケース8選」に自分が当てはまるかチェックしてみてください。

 

僕もそうでしたが、20代後半で給料を上げたくなるのは自然なことです。

 

きたる30代に向けて、今のうちに良い会社に転職するというキャリアアップもアリです。

 

「転職して、今より給料を上げたい」

「給料を上げて、生活を安定させたい」

「20代後半のうちに、年収400万円以上にしたい」

「30代、40代と実績を積んで、給料を上げていきたい」

という人は、できることから行動しましょう。

 

ちなみに、具体的な転職活動について知りたい人は、

給料が安すぎて転職したい人の転職方法【給料だけで選ばない!】

転職活動は大変ですよね【大変じゃなくなる方法を解説します】

を読んでみてください。

給料が安すぎて転職したい人の転職方法【給料だけで選ばない!】

転職活動は大変ですよね【大変じゃなくなる方法を解説します】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)