インフラエンジニアがきついどうかは会社次第【ブラックに要注意】

考える男性

インフラエンジニアってきついのかな?

今の仕事に将来性を感じないから、将来性のあるIT業界で働きたいけど、経験がない。

 

インフラエンジニアは未経験からでも転職できる見たいだけど、よくわからずブラック企業に転職しないか不安…。

 

ググってみると、インフラエンジニアはきついって声もあるから不安。

 

手に職つけてもっと稼ぎたいな。

将来の安心もほしいから、ホワイトな環境でインフラエンジニアとして働きたい。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • インフラエンジニアがきついかどうかは会社次第【ブラック企業を選ばない方法】
  • インフラエンジニアの良いところ5選
  • インフラエンジニアの勉強方法【未経験者向け】

 

僕、佐藤誠一は、このサイトや他の転職系サイトから、のべ3000人以上の転職相談に無料でのってきました。

その中でまぁまぁ多い質問が、

「インフラエンジニアってきついんですか?」という質問です。

 

これは結論、会社によります。

つまり、きつい会社に転職すればきついし、きつくない会社ならきつくないだけです。

 

たしかに、中にはブラック企業もあるので注意してください。

会社選びがけっこう重要。

 

ブラック企業さえ選ばなければ、手に職もつくしけっこう良い仕事です。

 

この記事では、インフラエンジニアのきついところや良いところ、

ブラックじゃない会社の選び方を解説します。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)

インフラエンジニアがきついかどうかは会社次第【ブラック企業を選ばない方法】

インフラエンジニアがきついかどうかは会社次第【ブラック企業を選ばない方法】

インフラエンジニアのきつさを決めるのは、

会社次第です。

ブラック企業ならきついですし、ホワイト企業ならきつくないです。

 

結論、ブラック企業さえ選ばなければ、そこまできつい仕事じゃありません。

 

あとは、人によってきつい・きつくないが変わりますね。

人によってはきついと感じる部分をまとめてみました。

 

あと、ブラック企業を選ばない具体的な方法も解説します(^^)

夜勤がある

インフラエンジニアは、夜勤があります。

ネット環境や回線を、24時間監視する必要があるからです。

 

また、システムのメンテナンスをするときは、夜間に一度システムを止めて作業をします。

なので、どうしても夜勤があります。

バツを出す男性

どうしても夜勤は、体質的に無理!

体調が崩れちゃうよ…

という人は、インフラエンジニアには向かないですね。

 

僕らがいつでもWebサイトを見れたり、Youtubeを見れるのは、インフラエンジニアが働いてくれてるからです。

 

当たり前のように思いますが、インフラエンジニアが影ながら努力してくれてるからです。

連休ほどインフラエンジニアが必要

システムに大型のインストールや設定変更をする場合は、システムが使われない連休とかに作業をします。

なので、インフラエンジニアは連休に仕事があることも。

 

世間は連休に浮かれてる中、インフラエンジニアは仕事をしているケースもあります。

寝転がる男性

暦通りに休みたいな…

という人は、インフラエンジニアはやめておいた方がいいかも。

 

そもそも24時間監視ということはシフト制なので、必ず土日に休める保証はありません。

急な障害対応がある

システムや回線って、突然止まることがあります。

こうしたトラブルを解決するのが、インフラエンジニアの仕事です。

 

システムが止まったままだと支障が出るので、早急の対応が必要です。

なので、深夜や休日にトラブル対応することがあります。

 

このときばかりは、シフトの壁を超えてみんなでトラブルを乗り越える感じです。

急な障害対応は頻繁に起こるものではありませんが、いつでも起こりうることです。

サーバールームが寒い

インフラエンジニアはサーバールームというところで、サーバーの監視をします。

サーバーは熱をもつので、サーバールームは、

冷房をガンガン効かせてあります。

 

なので、寒い(^^;

 

乾燥もするので、防寒対策や乾燥対策が必要です。

体質的に厳しい人には、ちょっときついかもです。

ブラック企業もある【もちろんホワイト企業もある】

冒頭でお伝えしたとおり、インフラエンジニアのきつさを決めるのは、会社次第です。

なので、ブラック企業だけは選ばないようにしましょう。

 

ITのホワイト企業の特徴を、

ITのホワイト企業の16の特徴【未経験から転職する会社選びの方法】にまとめているので、読んでみてください。

 

インフラエンジニアを含め、IT企業のホワイト・ブラックの見分け方がわかります。

ITのホワイト企業の16の特徴【未経験から転職する会社選びの方法】

インフラエンジニアのブラック企業を紹介しない転職エージェントに相談すればOK

あなた自身でブラック企業を見分けられない場合は、インフラエンジニアのブラック企業を紹介しない転職エージェントに、優良企業を紹介してもらうと楽です。

 

未経験からのインフラエンジニアの転職に強くて、ブラック企業を紹介しない転職エージェントはウズウズです。

 

ウズウズに転職相談するメリットは、下記のとおり。

  • ブラック企業は紹介されないので、安心して転職できる
  • インフラエンジニアの基礎を研修で教えてくれるので、スムーズに転職先で働ける
  • 手に職がつく
  • スキルが身について年収が上がる
  • 仕事の自信がつく

 

考える男性

インフラエンジニアに興味があるけど、未経験だからブラック企業に転職しないか不安。

あと、インフラエンジニアの基礎もないのに、仕事ができるか不安。

という人に最適です(^^)

 

ウズウズが従来の転職エージェントと違う点は、下記の3つ。

  1. 未経験からのインフラエンジニアの転職に強いエージェントは珍しい
  2. ウズウズカレッジという無料スクールで、インフラエンジニアの基礎を教えてくれる
  3. キャリアカウンセリングの時間が他社の10倍なので、あなたの話を聞いてくれる

 

ただし、ぶっちゃけ、

  1. 30代以上は相談できない
  2. 関東、名古屋、関西、福岡しか対応してない

 

というデメリットがあります(^^;

 

でも、他にも下記の7つのメリットがあります。

  1. 転職先の定着率95%
  2. 内定率86%
  3. 「まだインフラエンジニアになるか決めてないかど、とりあえず相談だけ」もOK
  4. あなたに合う会社を紹介してくれる
  5. 入社後もウズウズカレッジの講師に、仕事の質問ができる
  6. 応募企業ごとに、履歴書や職務経歴書の作成のサポートをしてくれる
  7. 応募企業ごとに、面接対策もサポートしてくれる

 

ようはウズウズは、「あなたを安全にインフラエンジニアにしてくれる転職エージェント」といえますね(^^)

 

相談はすべて無料なので、気軽に相談してみてください。

相談申し込みは、ウズウズのホームページから30秒で終わります。

 

ちなみに、ウズウズに相談して転職した人は、のべ35000人以上もいます。

35000人といえば、ディズニーランドの1日の来客数くらいです。

 

たくさんの人がウズウズで転職に成功しているので、あなたも安心して相談できますよ(^^)

 

ただし、いくらウズウズがインフラエンジニア転職に強いといっても、良い求人案件から定員が埋まっていきます。

あなたが悩んでいる間に優良企業の募集枠を、他の人に取られてしまうことがあります。

 

他の人に優良求人を取られる前に、情報収集も兼ねてウズウズに相談してみましょう。

 

ちなみに、実際にウズウズ(ウズキャリ)に相談した人の声を、

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめたので、読んでみてください。

 

評判は良いようですよ(^^)

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

ウズウズの相談はすべて無料なので、気軽に相談してみてください。

 

ウズウズは他の転職エージェントと併用も可能なので、「とりあえずウズウズにも話聞いておくか」くらいで大丈夫ですよ。

 

仮にウズウズで転職しないにしても、情報収集の一環で押さえておきましょう。

 

幸い無料なので、相談して嫌だったら、相談するのをやめればいいだけです(^^)

 

できるだけ良い環境でインフラエンジニアをやりたいなら、ウズウズに相談してみましょう。

インフラエンジニアの良いところ5選

インフラエンジニアの良いところ5選

続いて、インフラエンジニアの良いところをご紹介します。

上記のきつい部分の合う合わないはありますが、合う人にはけっこう良い仕事ですよ(^^)

手に職がつく

やっぱり「手に職がつく」のは良いところですね。

終身雇用も崩壊しちゃいましたし、1つの企業でずっと働くんじゃなくて、手に職をつけるのが一番安定するからです。

 

ITインフラがなくなることは考えにくいですし、将来性ありまくりの仕事です(^^)

今後は、IoTや5Gなどインフラエンジニアの需要がさらに高まるので、未来も有利ですね。

 

ちなみに、IoTや5Gについては、

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】にまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

システムエンジニアやプログラマーは言語が偏りがちですが、インフラエンジニアは基礎を覚えてしまえば新たな言語を覚える必要がありません。

考える男性

新しいことに挑戦し続けるのは、ちょっと疲れるかな…

という人は、インフラエンジニアが向いてます(^^)

給料が安定している

インフラエンジニアの給料は、今後も安定しているでしょう。

ITインフラは人の監視が必要なため、今後もインフラエンジニアの仕事がなくなることは考えにくいからです。

 

会社によりますが、インフラエンジニアの平均年収は500万~600万円くらいです。

年収500万~600万円を安定して稼げれば、特に問題ないですよね(^^)

スキルが身につけば年収も上がる

安定しているインフラエンジニアですが、スキルが上がれば年収も上がります。

会社によっては評価制度や昇給制度があるからです。

 

また、転職も年収を上げるきっかけになりますね。

ある程度スキルがついたら、転職してみましょう。

 

IT技術者は重宝されるので、転職しながら給料を上げていくインフラエンジニアもいますよ(^^)

1人で仕事をするのが好きな人に向く

保守運用のインフラエンジニアは、サーバールームなどで1人で仕事をします。

なので、余計な人間関係を排除して、

1人で仕事をするのが好きという人には良い環境。

 

システムエンジニアやプログラマーはチームで働きますが、インフラエンジニアは基本1人なので、仕事の予定も立てやすいです。

 

もちろん1人といっても、わからないことがあれば聞ける体制はあります。

※会社によるけど。

何もなければ楽

インフラが正常に動いていれば、インフラエンジニアはです。

保守運用のインフラエンジニアは、何かを作る仕事ではなく、見守る仕事だからです。

 

インフラエンジニアは、警察や消防と同じく「暇なのが良いこと」という仕事です(^^)

 

ただし、トラブルが起きると忙しくなります。

インフラエンジニアの勉強方法【未経験者向け】

インフラエンジニアの勉強方法【未経験者向け】
Processed with VSCO with hb1 preset

未経験からインフラエンジニアを始めるにしても、可能であれば基礎知識は勉強しておくと安心です。

 

なので、インフラエンジニアの勉強方法を、

インフラエンジニアの勉強方法19選【最強の勉強方法は働くこと】にまとめたので、参考にしてみてください(^^)

 

あなたに合いそうな勉強法で、できるところから始めてみてくださいね。

インフラエンジニアの勉強方法19選【最強の勉強方法は働くこと】

まとめ【インフラエンジニアのきつさを決めるのは会社次第】

まとめ【インフラエンジニアのきつさを決めるのは会社次第】

この記事をまとめます。

  • インフラエンジニアがきついかどうかは会社次第
  • ITのホワイト企業の特徴を知って、会社を見極めよう
  • ブラック企業を見分けられないなら、ウズウズに相談
  • インフラエンジニアは、けっこう良いところあるよ
  • 一応、インフラエンジニアの勉強はしておく方が良い

 

未経験からインフラエンジニアに転職を考えているあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、未経験からITに転職するとき、インフラエンジニアとよく比較されるのが、

プログラマーです。

 

プログラマーは向き不向きがあるので、あなたの適性を知りたい場合は、

プログラマーに向いている人の23の特徴【無料スクールもアリ】を読んでみてください。

 

インフラエンジニアとプログラマー、どちらから始めるかの参考になると思います(^^)

プログラマーに向いている人の23の特徴【無料スクールもアリ】

あなたの転職の参考になればうれしいです!