20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】

考える男性

20代の平均年収を知りたいな。

僕は他の人と比べて、年収が上なのかな?下なのかな?

 

正直、今の年収が不満なので、年収アップしたいんだよね…

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 20代の平均年収がわかる
  • 20代で年収アップするコツがわかる
  • 年収だけにとらわれると危険

 

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

このサイトで、3000人以上の職業相談にのってきました。

 

20代の方からの相談も多く、

手をあげる男性

給料を上げたいです

という相談は多いですね。

 

今まで相談対応してきて、アドバイスの結果、前職より給料の高い会社に転職していった人もいます。

 

この記事は、実際にこのサイトで相談されたことを元に書きました。

20代で年収アップの転職ができた人の相談事例を元にしているので、信ぴょう性はあるかと。

 

まずはあなたの年収が、平均より高いか低いか知りましょう。

この記事を読むことで、あなたも楽しく稼げる人生になりますよ。

20代の平均年収は359万円【厚生労働省のデータより】

20代の平均年収は359万円【厚生労働省のデータより】

20代の平均年収は359万円です。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を元に計算しました。

 

手取りに直すと280万円くらいですね。

※手取りは人によって変わります。

 

あなたの年収は、平均より高いですか?低いですか?

もし極端に低いようなら、転職を検討しましょう。

 

それでは、さらに20代の年収を深掘りしていきます。

男女別の20代の平均年収

男女別の20代の平均年収は、下記のとおり。

  • 男性:年収379万円
  • 女性:年収334万円

 

男性の方が少し高い感じですね。

 

あなたの年収は、平均より高いですか?低いですか?

 

ちなみに、20代女性の平均年収・平均月収については、

20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円【収入上げよう】をどうぞ。

20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円【収入上げよう】

20代前半→20代後半の平均年収の推移

20代前半→20代後半の平均年収は、下記のとおりです。

  • 20代前半:年収321万円
  • 20代後半:年収397万円

 

やはり、後半になると年収が大きく上がりますね。

昇給率は24%アップです。

 

年収が上がる理由は、下記のような例がありますね。

  • 会社の仕事に慣れてくる→昇給
  • 20代後半で転職→年収が上がる

 

もし20代前半の年収と20代後半の年収を比べて、24%以上アップしていなければ、今の会社は給料低めです。

 

ほとんど昇給してないようなら、転職した方がいいかもです。

 

ほとんど昇給してない人は、

給料が3年上がらないなら転職した方がいい【転職方法も解説】をどうぞ。

給料が3年上がらないなら転職した方がいい【転職方法も解説】

ちなみに、20代前半と20代後半の平均年収を下記の2記事にまとめてます。

 

最終学歴別の20代の平均年収【高卒より大卒が高いけど、これからは学歴よりスキル重視】

最終学歴別の20代の平均年収は、下記のとおり。

最終学歴 平均年収
大卒 384万円
高専・短大卒 336万円
高卒 337万円

大卒の平均年収が高いですね。

 

ただし、20代後半~30代前半には学歴の差はなくなります。

学歴よりもスキルが重視されるからです。

 

いつまでも学歴にこだわってるのも、ダサいですからね。

特に現代は終身雇用も崩壊したので、学歴よりスキル重視です。

 

大卒で大企業に入社してもクビになるリスクがあるので、学歴は無意味。

だから、高卒の人でも稼げます。

 

稼ぎたいなら、稼げるスキルを身につけましょう。

 

実際、僕は大卒ではありませんが、Webスキルがあるので大卒より稼げています。

 

ちなみに、稼げるスキルについては、

手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】にまとめてます。

手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】

東京の20代の平均年収

東京の20代の平均年収は392万円です。

全国の20代の平均年収359万円より、かなり高いですね。

 

ちなみに、男女別の東京の20代の平均年収は下記のとおり。

  • 男性:410万円
  • 女性:371万円

 

男性は400万円を超えます。

 

東京に住むあなたの年収は、平均より高いですか?低いですか?

極端に低いようなら、転職も検討しましょう。

 

東京は生活費も高いので、低い給料だとやっていけません。

 

ちなみに、すでに生活がきつい人は、

「給料が安すぎる!生活できない!」という人は転職した方が良いをどうぞ。

「給料が安すぎる!生活できない!」という人は転職した方が良い

また、地方都市に住んでいて稼ぎたい人は、上京するのも手です。

企業規模別の20代の平均年収【大企業の年収が高い】

企業規模別の20代の平均年収は、下記のとおり。

企業規模 平均年収
1000人以上 398万円
100〜999人 347万円
10〜99人 311万円

大企業の平均年収が高いですね。

 

ただし、大企業は「スキルが身につかない」というリスクがあります。

業務が細分化されているからです。

 

その大企業では通用しても、

外に出たら通用しないスキルしか身につかない可能性も…

 

終身雇用が崩壊した以上、どこにいっても使えるスキルがないと危険です。

 

スキルを身につけるなら、

業務範囲が広い中小企業やベンチャー企業の方が良いですね。

色々な仕事を任されるので忙しいですが、スキルは身につくので将来の安心は手に入ります。

 

ちなみに中小企業やベンチャー企業については、下記の2記事をどうぞ。

 

業界別の20代の平均年収

業界別の20代の平均年収は、下記の表のとおりです。

業界 平均年収
鉱業・採石業・砂利採取業 423万円
建設業 398万円
製造業 368万円
インフラ(電力・ガス・水道) 424万円
情報通信業(IT業界) 388万円
運輸業 373万円
卸売業・小売業 342万円
金融業・保険業 388万円
不動産業 366万円
学術研究・専門・技術サービス業 389万円
宿泊業・飲食業 303万円
生活関連サービス・娯楽業 300万円
教育・学習支援業 340万円
医療・福祉 355万円
複合サービス業 331万円
その他サービス業 318万円

赤い文字は、20代の平均年収359万円未満の業界です。

 

年収が高い業界は、例えば下記のとおりですね。

  1. インフラ系
  2. 建設
  3. IT

 

あなたの業界の平均年収は、他の業界と比べて高いですか?低いですか?

また、あなたの年収は業界平均と比べて高いですか?低いですか?

 

極端に低いようなら、転職を検討しましょう。

職種別の20代の平均年収

職種別の20代の平均年収は、下記の表のとおりです。

職種 平均年収
自然科学系研究者(男) 394万円
化学分析員(男) 394万円
技術士 385万円
一級建築士(男) 478万円
測量技術者 338万円
システムエンジニア 389万円
プログラマー 348万円
医師 551万円
歯科医師 393万円
獣医師 411万円
薬剤師 411万円
看護師 423万円
准看護師 329万円
看護補助者 282万円
放射線技師(男) 402万円
臨床検査技師 384万円
理学療法士・作業療法士 359万円
歯科衛生士(女) 321万円
歯科技工士(男) 305万円
栄養士(女) 302万円
保育士 320万円
ケアマネージャー 349万円
ホームヘルパー 315万円
福祉施設介護員 321万円
弁護士 480万円
公認会計士・税理士 543万円
社会保険労務士(女) 251万円
幼稚園教諭(女) 318万円
高校教員 374万円
大学講師 370万円
各種学校教員 321万円
塾講師 309万円
記者(男) 499万円
デザイナー 329万円
百貨店店員 300万円
販売員 298万円
スーパー店員(女) 286万円
車の営業マン(男) 398万円
保険営業マン 337万円
美容師・理容師 259万円
調理師 298万円
調理師見習い 258万円
ウェイター・ウェイトレス 302万円
アミューズメントスタッフ 298万円
警備員(男) 347万円
守衛(男) 269万円
電車運転士(男) 441万円
電車車掌(男) 426万円
タクシー運転手(男) 418万円
バス運転手(男) 437万円
トラック運転手(男) 386万円
飛行機パイロット(男) 835万円
CA(女) 416万円
自動車組立工(男) 432万円
自動車整備士(男) 354万円
クレーン運転士(男) 424万円
建設機械運転士 308万円
電気工事士 342万円
とび 272万円
大工 310万円
左官(男) 399万円
配管工 371万円
土工 300万円
ビル清掃員 239万円
用務員 322万円

赤い文字は、20代の平均年収359万円未満の職種です。

 

特に年収が高い職種は、下記のとおり。

  1. 医師や一級建築士など国家資格の仕事
  2. パイロットなど運転士
  3. システムエンジニア(IT業界の職種)

 

あなたの職種の平均年収は、他の職種と比べて高いですか?低いですか?

また、あなたの年収は職種平均と比べて高いですか?低いですか?

 

極端に低いようなら、転職を検討しましょう。

正社員と非正規の20代の平均年収の差

20代の正社員と非正規の平均年収は、下記のとおりです。

  • 正社員:371万円
  • 非正規(パート・アルバイト):264万円

 

正社員と非正規では、年収に100万円以上の差があります。

 

フリーターの人で稼ぎたい人は、

まず正社員になりましょう。

年齢が上がるほど、正社員就職は難しくなりますよ。

 

フリーターから正社員になる方法は、フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】にまとめてます。

フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】

【年収アップの方法】20代は年収が上がっていく仕事をすると良い

【年収アップの方法】20代は年収が上がっていく仕事をすると良い

20代で年収を上げるなら、今後も年収が上がっていく仕事を選びましょう。

業界や職種によって、給料が上がっていく仕事があるからです。

 

反対に、全然給料が上がらない仕事もあるので、それは選ばないようにしましょう。

 

給料が上がっていく仕事は、下記のとおり。

  • IT業界(プログラマー、インフラエンジニアなど)
  • 建設の施工管理(現場監督)
  • 営業職(ただし、売れれば)

 

ぶっちゃけ、給料が上がっていく仕事ってこれくらいしかありません。

 

他の仕事は、

  • 少ししか給料が上がらない
  • 国家資格が必要

 

などで微妙…

 

ちなみに、IT業界・建設・営業なら、ITが良いですよ。

消去法ですが、下記が理由。

  • 建設は激務
  • 営業はノルマがある

 

IT業界は伸びてるので、これからの時代に合ってるかなと。

IT業界は将来性しかない

結論、IT業界は将来性しかありません。

まだまだ技術が伸びていくからです。

 

例えば、

  • IoT
  • AI
  • 5G
  • VR・AR
  • ドローン
  • ロボット
  • 自動運転
  • ブロックチェーン

 

など、2020年以降に伸びていく技術がたくさんあります。

他の業界で、これほど新技術ができている業界はありません。

 

そして、これらを作っているのがIT業界で働く人たちです。

 

IT業界は、未経験からでも転職できます。

技術職なので、スキルを身につければ食いっぱぐれはありません。

稼ぐコツは時代の波にのってる業界で働くこと

ぶっちゃけ、稼ぎたいなら伸びてる業界で働かなきゃダメです。

衰退産業では、どう頑張っても稼げないからです。

 

時代の追い風にのることが、もっとも楽に稼ぐコツです。

過去の例でお話しすると、高度経済成長期の製造業がわかりやすいですね。

労働市場分析レポート第33号

当時はモノがなかったので、作れば売れた時代。

なので、製造業で働くと稼げました。

 

今、時代の波にのっているのがITというだけなので、IT業界で働けば稼げます。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

ちなみに、IT業界の将来性については、

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】にまとめてます。

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

ITが時代の波にのってることを肌で感じる【僕の体験談】

僕は営業を10年やってきましたが、現在はフリーランスのWebライターをしています。

つまり、僕もIT業界の人間です。

 

営業時代はノルマに追われて休みもなく働いて、年収600万円くらいでした。

 

ですが、現在のWebライターはこんな感じ。

  • 毎日、家かカフェで仕事
  • 通勤なし
  • 毎日私服
  • 起きる時間は自由
  • めんどくさい人間関係なし
  • 年収750万円くらい

 

仕事が楽になって年収も上がりました。

※昇給率25%です。

 

楽なのに年収が上がる理由はただ1つ。

時代の波にのってる業界だからです。

 

だから、IT業界は良いですよ。

肌で感じてる僕の意見なので、信ぴょう性あるかと。

ITは未経験でも転職できる

なぜなら、人が足りてないから。

20代で未経験でも、やる気があれば転職できますよ。

 

考える男性

でも、なんの知識もなく転職するのは不安だよ…

という人は、先にスクールで基礎を勉強すると良いかと。

 

無料体験があるITスクールは、「プログラミングは独学が無理」は嘘【結論、仕事にすれば覚える】にまとめてるのでどうぞ。

「プログラミングは独学が無理」は嘘【結論、仕事にすれば覚える】

ホワイトなIT企業に転職する方法

考える男性

でも、IT業界ってブラックなイメージ…

って思いますよね?

 

たしかに、IT業界にはブラック企業があります。

ITブラックに転職するとマジで消耗するので、危険です。

 

でも、安心してください。

IT業界にも、ちゃんとホワイト企業はあります。

 

企業選びを間違えなければ、スムーズにIT業界に転向できて、長く続けられますよ。

 

ちなみに、ホワイトなIT企業の選び方は、

ITのホワイト企業の16の特徴【未経験から転職する会社選びの方法】にまとめてます。

ITのホワイト企業の16の特徴【未経験から転職する会社選びの方法】

 

あとは、ウズウズという転職エージェントは、未経験のIT転職に強く、ブラック企業の紹介もありません。

※転職先の定着率95%なので、ブラック企業は紹介してない証拠かと。

 

無料なので、紹介される求人を見つつ、ウズウズを利用するか決めてもOK。

※メール1本で相談をやめられます。

 

ウズウズの評判は、ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめてます。

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

転職以外で年収アップする方法

ちなみに、転職以外で年収アップする方法は、下記の3つです。

  1. 昇給を狙う
  2. 副業する
  3. 起業する

 

この辺は、20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】にまとめてます。

20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】

【結論】楽しめる仕事で年収アップできるのが一番幸せ

【結論】楽しめる仕事で年収アップできるのが一番幸せ

年収だけで転職しちゃダメですよ。

辛い仕事でたくさん稼げても、ぜんぜん幸せじゃないから。

 

年収に惑わされないことが大切です。

  1. その仕事を好きになれそうか?
  2. 仕事自体に興味をもっているか?
  3. 長く続けられそうか?

 

などを自問自答して、慎重に仕事を選びましょう。

年収に惑わされて不幸になった僕の話

僕は26歳のときに、外資系の保険会社の人から誘われました。

年収だけに惹かれて転職しましたが、結果は失敗でした。

  1. そもそも保険が好きじゃない
  2. 商品を良いと思ってない
  3. 仕事が楽しくない

 

って感じでして、年収は600万円くらいありましたが辞めてしまいました。

 

結論、年収だけに惑わされて転職するのは、まったくおすすめできません。

あなたが楽しいと思える仕事×稼げる仕事が幸せですよ。

まとめ【20代の平均年収は359万円。年収アップはIT業界がおすすめ】

まとめ【20代の平均年収は359万円】

ということで、本気で年収を上げたいなら、行動しましょう。

具体的には、下記の4つで年収が上がります。

  1. 昇給を狙う
  2. 転職する
  3. 副業する
  4. 起業する

 

転職は、業界的にはITがおすすめです。

未経験からホワイトなIT企業に転職したい場合は、ウズウズなどに相談すればOKかなと。

 

無料なので、話を聞きつつ、紹介される求人を見つつ、ウズウズを使うか判断すればいいですよ。

※メール1本で相談をやめられます。

参考:ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

 

ただし、年収だけに惑わされて転職すると失敗しやすいので、「あなたが楽しめそうか」という視点をお忘れなく。

 

あとは行動するのみ。

転職を検討するなら、さっそく転職活動を始めましょう。

 

転職って1歳でも若い方が有利なので、考えてる間にどんどん年収アップできる求人が減りますよ。

なので、転職活動しながら考えればOKです。

 

「明日でいいや」だと明日もやらないので、できることからでいいので、今日から動きましょう。

行動すれば、楽しく稼げる人生になりますよ。

 

さっそく動きましょうd( ̄  ̄)