IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

考える男性

IT業界の将来性を知りたいな。

伸びてるのはわかるけど、今から就職しても将来は大丈夫かな?

将来性があるなら就職してみようかな…

 

ただ、もし就職するとしたら、どんな職種を選べばいいかわからない。

ITスキルを身につけると、どんな生活ができるの?

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • IT業界は将来性ありまくりだとわかる
  • 未経験からIT業界に就職するときのおすすめの職種がわかる
  • ITスキルを身につけたあなたの未来が見える

 

僕、佐藤誠一は、33歳のときに保険業界からIT業界に転職しました。

もちろん、未経験からの転職です。

 

現在は、フリーランスのWebライターをしており「Webメディア系のエンジニア」に該当します。

毎日家でパジャマで仕事したり、スタバでのんきに仕事してます。

※いわゆる「ノマドワーカー」ですね。

 

結論、IT業界に転職してマジで良かったと痛感しています。

理由は、下記の3つがあるから。

  1. 将来性がある
  2. 給料が高い、上がる
  3. 手に職がつくから、食いっぱぐれがない

 

保険業界からIT業界にきて、IT業界のすごさを肌で感じる毎日です。

この記事は、IT業界に転職して良かったと思っている僕が書いた記事なので、リアルで信ぴょう性があるかと。

 

現役エンジニアである僕が、肌で感じたIT業界の将来性を解説します。

この記事を読むことで、あなたも自由に満ちた人生になりますよ。

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに7つの理由で解説】

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに6つの理由で解説】

IT業界は将来性ありまくりです。

その理由は、下記の7つです。

  1. まだまだ伸びるIT業界【ヤバい最新技術がたくさんある】
  2. 世界も日本もトップ企業はIT企業
  3. 日本で最大の産業はIT業界
  4. ITが様々な仕事を奪っていく
  5. 2020年から小学校でプログラミングが必修科目になった
  6. ITスキルがあれば、どんな業界にも転職できる
  7. ITがなくなったら人類は生きていけない

 

特にやりたい仕事がないなら、悪いことは言わないのでITにしておきましょう。

今後も何十年と安定して稼げますよ。

 

業界研究にもなるので、読んでみてください。

①まだまだ伸びるIT業界【ヤバい最新技術がたくさんある】

IT業界は、まだまだ伸びます。

経済産業省が発表している「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」でも、今後もIT業界は右肩上がりで伸びていくと予想されています。

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

 

IT業界が伸びる最大の理由は、ヤバい最新技術の進化です。

具体的には、下記のとおり。

  • IoT
  • クラウド(AWSなど)
  • 5G
  • AI
  • ビッグデータ
  • 自動運転
  • ブロックチェーン
  • フィンテック
  • 仮想通貨
  • VR・AR・MR

 

寝転がる男性

なにそれ、おいしいの?

AIとVRくらいしか聞いたことないけど…

という人は、マジでこれくらいは知らないと置いていかれますよ。

 

IT業界に転職しなくても知ってないとマズイことばっかりなので、知っておきましょう。

上記の最新技術は、オリエンタルラジオの中田あっちゃんの「Youtube大学」の解説が1番わかりやすいです。

出典:Youtube「【経済】5Gで世界は変わる!インターネットが普及した時以上の変革が起きる~前編~

 

  • 住宅
  • 家電
  • 店舗
  • 医療
  • 農業
  • スポーツ
  • 自動車
  • 人間

 

など、まだITにつながってない多くのものが、やっと2020年以降にIT化されていくわけですから、IT業界の伸びしろはガンガンにあります。

マジで、22世紀にはドラえもんができてそうですよね。

②世界も日本もトップ企業はIT企業

世界時価総額ランキング、つまり世界トップクラス企業を見てみると、IT企業ばっかりです。

  • 1位:マイクロソフト(IT)
  • 2位:Apple(IT)
  • 3位:Amazon(IT)
  • 4位:アルファベット(Googleの親会社、IT
  • 5位:Facebook(IT)
  • 6位:バークシャー・ハサウェイ(金融)
  • 7位:アリババ(IT)
  • 8位:テンセント(IT)
  • 9位:VISA(クレジットカード)
  • 10位:JPモルガン・チェース(金融)

 

世界トップ10の企業のうち、なんと7社がIT企業です。

しかも、トップ5は全部IT企業。

 

明らかに、IT企業が儲かるのがわかりますね。

 

ちなみに日本のトップ企業であるトヨタ自動車も、車屋さんを辞めて、自動運転のITサービスの販売企業になると公式発表しています。

出典:Youtube「トヨタのコネクティッド・MaaS戦略――モビリティーカンパニーへの挑戦

 

つまり、日本一のトヨタ自動車もIT企業になるわけです。

世界も日本もIT企業が勝っています。

 

日本のITの仕事にも、世界的なIT企業からの仕事が降ってくるので、IT人材は今後も安泰です。

今後、特に伸びる分野

結論、下記の3つです。

  1. AI
  2. VR・AR
  3. ゲーム

 

これら3つが伸びる理由は明確でして、GAFAが投資している領域だから。

GAFAとは、下記の4社のことです。

  1. Google
  2. Amazon
  3. Facebook
  4. Apple

 

この4社が投資してるのがAIとVR・ARとゲームなので、ここは確実に伸びるでしょう。

参考:日本経済新聞「ゲーム株にみる「GAFA耐性」、海外展開力などカギに

 

AIは何となくわかりますかね。

今ではどんな業界でもAI需要が伸びてるので、間違いなく伸びます。

 

ゲームで伸びるジャンルは「eスポーツ」です。

日本では規制があってそんなにって感じですが、海外では莫大な賞金が出たりします。※1億円とか。

VRとARはゲームとひもづいている感じですね。

参考:eスポーツ賞金別ランキングまとめ 世界最高賞金タイトルは? <2019年版>

 

なので、今後を考えるならAIとVR・ARとゲームに関わるITエンジニアになるのがおすすめです。

ただし後述しますが、いきなりAIとVR・ARとゲームに関われるエンジニアにはなれないので、まずはプログラマーから始めればOKです。

③日本で最大の産業はIT業界

ICT の経済分析に関する調査(平成30年度)

出典:総務省「ICT の経済分析に関する調査(平成30年度)

 

円グラフのとおり。

すでに日本の最大産業はIT業界です。

つまり「日本の代表的な産業はIT」ってことですね。

  1. 江戸時代までの農業
  2. 明治~昭和初期の軍事
  3. 昭和中期からの製造業
  4. 平成初期の金融と不動産(バブル)
  5. 平成中期からのIT

 

みたいな感じでして、現代の日本の主要産業はITです。

楽に生きるコツとしては、「その時代に伸びてる産業にのっかる」でして、上昇気流をつかめるので良いかなと思います。

昔の製造業のように、IT業界は今伸びている

高度経済成長期に1番伸びたのは、製造業です。

今のIT業界は、ちょうど高度経済成長期の製造業のような感じです。

労働市場分析レポート第33号

出典:厚生労働省「労働市場分析レポート 第 33 号

 

高度経済成長期に稼ぐ方法はただ1つ、製造業に就職することでした。

まだ物がなかった日本では、作れば売れたからです。

 

今のIT業界も、まさに同じ。

  • IoT
  • クラウド(AWSなど)
  • 5G
  • AI
  • ビッグデータ
  • 自動運転
  • ブロックチェーン
  • フィンテック
  • 仮想通貨
  • VR・AR・MR

 

などが、これから本格的に普及していく段階です。

 

歴史に学べば、これからの時代で稼ぐ方法は、ITに就職することです。

現在でも、すでに年収1000万円以上稼いでいるIT技術者はたくさんいます。

④ITが様々な仕事を奪っていく

IT業界は、今まで人がやっていた仕事を機械がやるようにしていきます。

つまり、様々な仕事を奪っていきます。

 

2014年にオックスフォード大学が発表した、「10年後になくなる仕事」が話題になりました。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

出典:週刊現代『オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

 

これらはすべて、AIやコンピュータに奪われます。

IT業界は奪う側なので、ストレートに言うと「勝ち組」になれます。

⑤2020年から小学校でプログラミングが必修科目になった

2020年から、小学校でプログラミングが必修科目になりました。

IT人材が足りないからです。

 

言い換えれば、IT業界は国が支援している業界ということです。

他に「国が支援する業界」が、いくつあるでしょうか?

 

IT業界は、国も味方につけている強みがあります。

将来性ありまくりですね。

⑥ITスキルがあれば、どんな業界にも転職できる

ITを使ってない業界はないからです。

例えば、下記の業界もすべてITを使ってます。

  • 自動車業界
  • 飲食業界
  • アパレル業界
  • 建設業界
  • 小売業界

 

なので、ITスキルがあればどの業界にも転職できます。

どの業界にも行けるのは、唯一ITだけです。

 

ITスキルが身につけば、もっとも手に職がつく仕事になりますね。

まずは未経験から始めて、スキルをつけいけば大丈夫です。

⑦【そもそも】ITがなくなったら人類は生きていけない【安定してる】

もう「ITなしの世界」では生きていけないですよね?

昭和の生活に戻るようなイメージかと。

  • スマホなし
  • ネットなし
  • Youtubeなし

 

で、どうやって生きていけばいいんでしょうね?

もはやIT依存はハンパないので、IT業界の仕事がなくなることは考えられません。

 

超重要なインフラなので、電気・ガス・水道と一緒、もしくはそれ以上かも。

今後も安定してるのがわかりますね。

僕の実体験【IT業界は最高です】

冒頭で触れましたが、僕は保険業界からIT業界にきました。

保険業界では、保険の営業マンをしていました。

保険が売れなくて、よく困ったものです(^^;

 

でも、IT業界に転職して、世界が一変しました。

仕事はたくさんあるので、こちらから営業しなくても仕事にありつけます。

つまり、稼げます。

 

フリーランスのWebライターである僕の今の生活は、こんな感じ。

  • 毎日、家かスタバでパソコン作業
  • 通勤がない
  • スーツも着ない(ジャージとかパジャマで仕事)
  • とにかく自由
  • 誰とも会わないから、めんどくさい人間関係なし
  • 仕事はどんどん来るけど、こなせないから断ってる始末
  • 月収は50万円くらいで安定

 

毎日スーツを着て、通勤して、お世辞を言って、汗だくになって稼げなかった保険営業時代からしたら、ありえないほどの快適ライフです。

 

異業種からIT業界に転職してきた1人として、感想を言うなら下記のとおり。

佐藤誠一佐藤誠一

IT業界、マジすごい…。

仕事量に対して、けっこう稼げる。

 

スキルも身につくから、将来も安心。

もうIT以外で仕事できる気がしない…(笑)

 

もしあなたに特にやりたい仕事がないなら、ぶっちゃけIT一択で良いくらいです。

マジでIT業界に転職してきて良かったと、痛感してます。

【ちなみに】コロナはIT業界に追い風だった

なぜなら、ITの仕事は自宅で可能だから。

  • 飲食店
  • 旅行業界
  • 店舗ビジネス

 

が大打撃を受ける中、IT業界だけは普通に在宅勤務にシフトしてます。

 

2020年2月にGMOがテレワークをすぐに導入。

しかも、売上は落ちませんでした。

 

感染病など不測の事態にも強いIT業界は、安定性バツグンですよ。

参考:GMOペパボ、全社でテレワークを基本とする勤務体制へ移行

IT業界のデメリット3選

メリットばかりだとアレなので、IT業界のデメリットも解説します。

  1. 技術の移り変わりが超速い
  2. 向き不向きはある
  3. 人材不足

 

1つずつ解説します。

①技術の移り変わりが超速い

正直、技術の移り変わりは超速いです。

それだけIT技術の進歩が速いから。

 

僕もWebメディア系のエンジニアですが、特にSEO進化はマジで速い。

ついていくのもやっとです。

 

結論、好きじゃないとやっていけない業界です。

割と「ITオタク」的な人の方がうまくいくかんじなんですが、それは「そもそもITが好きだから」ですね。

 

勉強し続けるのが嫌な人には、おすすめしません。

※ただし、どの業界でも勉強し続けないといけないのは変わりませんけどね。。。

②向き不向きはある

残念ながら、向き不向きはあります。

世の中、「誰でもできる仕事」はないですからね。

 

あなたがITに向いてるかは、向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】でチェックしてみてください。

 

タイプ別に向いてる仕事を明記してるので、あなたの性格の中にIT系の仕事があれば向いてます。

適職診断だと思ってどうぞ。

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】

③人材不足

IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

IT業界は人材不足です。

なので、中にはブラック企業もありますね。

※もちろん、ホワイト企業もあります。

 

上のグラフにもありますが、経済産業省も「2030年には59万人不足する」と予測してます。

 

ただし、この辺は技術革新で緩和されるかなと。

便利なITソフトが次々と開発されてるので、人がやる業務は減っていくのかなと思ったりしてます。

 

逆にいえば「人が足りないほど仕事がある」という意味なので、将来性はバツグンなのですが。。。

ただし忙しいのは事実なので、前述のとおり「好きじゃないとできない仕事」だと思います。

未経験者がIT業界に転職するときおすすめの職種

未経験からIT業界に転職する注意点は4つ【会社選びが重要】

考える男性

IT業界の将来性はわかったけど、就職するならどの職種がいいの?

なんか数が多すぎてわからない…

結論、プログラマーでOKです。

なぜなら、プログラマーがIT業界の基礎的な仕事だから。

 

まずはプログラミングの勉強をしてみて、その後に興味ある分野に進めばOK。

やってみないとわからないので、まずは基礎であるプログラミングからで十分です。

【大丈夫】まだまだプログラマーの将来性はある

考える男性

でも、プログラマーってAIに奪われるって聞いたけど、どうなの?

結論、将来的には奪われるかもしれませんが、それはもっと先の話です。

まだAIで自動化できる段階にきてないから。

 

たしかに自動化しやすい分野なので、いずれはAIに奪われるかもしれません。

でも、そのころにはプログラマーを統括する「システムエンジニア」とかになっていれば問題なし。

 

ようは「ずっとプログラマーをやるわけじゃない」ので、問題ないかなと。

前述のとおり、まずはプログラマーからIT業界に入って、興味ある分野にいけばOK。

 

「プログラマーはAIに奪われる」で止まってしまうと、IT業界の自由さを味わえないまま人生が終わってしまいます。

おすすめはWeb系のエンジニア

理由は、今後の需要が大きいから。

Web系のエンジニアだと、下記ような仕事に関われます。

  1. Webサービス
  2. アプリ開発
  3. メディア運営

 

最大のメリットは、将来「ノマド生活」ができること。

Web系のエンジニアは場所を選ばず働けるし、独立もしやすいです。

 

将来、場所に縛られずノマド生活したいなら、Web系エンジニアがおすすめですよ。

※前述のとおり、僕もWeb系のエンジニアでノマド生活してます。

 

勉強しとくと良い言語は、下記の4つですね。

  1. Ruby
  2. PHP
  3. Python
  4. Java

 

まずは基礎学習から。

基礎学習は必須です

なぜなら、基礎がないと就職しても挫折するから。

今のうちからプログラミングの基礎を学んでおくことをおすすめします。

 

というか、向き不向きがあるので、まずはプログラミングに触れて相性を確かめるべきかと。

 

無料体験があるのは、テックアカデミーというプログラミングスクールです。

オンラインで無料体験できるので、とりあえずプログラミングに触れてみるにはちょうど良いかと。

 

まずはプログラミングに触れてみてから考えましょう。

【注意】ブラック企業は避けましょう

前述のとおり、人材不足でブラック企業があるから。

うっかりブラック企業に就職しちゃうと、苦手意識をもってしまってITに戻れなくなります。

 

ブラックなIT企業を避けるには、ウズウズに相談すればいいかなと。

就職エージェントですが、就職後の定着率が95%と高いです。

ブラックを紹介してたら95%はありえないので、ブラックは紹介してない証拠かと。

 

ウズウズの得意分野は「IT企業の紹介」なので、ITの就職に失敗したくない人には割と合うかなと思います。

無料なので、とりあえず相談しつつ、紹介される企業を見つつ、最終的にウズウズを利用するか決めてもOK。

 

無料のITスクールである「ウズウズカレッジ」も運営してるので、基礎学習してから、ITに就職するか決められます。

※もちろんITに就職しなくても無料だし、いつでもメール1本で相談をやめられます。

 

ウズウズの評判は、ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめてます。

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

ITスキルが身についた未来のあなたの姿【自由だーー!】

ITスキルが身についた未来のあなたの姿【自由だーー!】

考える男性

ちなみに、ITスキルが身につくと将来どんな生活ができるの?

結論、ノマド生活ですね。

※先ほどもお伝えしたとおり。

 

パソコンとポケットWi-Fiさえあれば、どこでも仕事ができますよ。

【最高】旅行しながら仕事も可能

僕も何度か、旅行しながら仕事してました。

マジで場所を選ばないので、この辺は自由自在。

  • ホテルで、ちょっと朝早く起きて仕事
  • 朝食や昼食を食べつつ観光
  • ホテルに戻って夕食までちょっと仕事
  • ご当地の美味しいものを食べる
  • 夜、ホテルにもどってちょっと仕事

 

こんな感じで仕事も可能です。

※旅の様子はYoutubeにしてあります。

もちろん、海外旅行でも可能。

こういう自由な人生がいい人は、ITスキルを身につけると良いですよ。

フリーランスエンジニアも可能です

なぜなら、会社で学んだスキルを個人のビジネスに活かせるから。

資金も不要なので、そのまま個人で稼げますよ。

 

会社に縛られず自由に生きたい人も、IT業界はおすすめです。

まとめ【IT業界の将来性は今後もありまくり。挑戦してみましょう】

まとめ【IT業界は将来性しかありません】

結論、IT業界に興味があるなら、さっそく就活の準備を始めましょう。

良い企業から募集枠が埋まるので、早く行動するほど優良IT企業に就職できますよ。

 

コロナ不況もあって、就職戦線は厳しい状態。

この状況下では「明日やろうはバカ野郎」でして、就活も失敗するし、人生も中途半端になります。

 

できることからでいいので、今日から動くのが正義です。

早く就活の準備を始めれば、あなたも自由な人生を生きれますよ。

 

てことで、IT業界は下記の理由で将来性ありまくりです。

  1. ヤバい最新技術がたくさんある
  2. 世界も日本もトップ企業はIT
  3. 日本で最大の産業はIT業界
  4. ITがさまざまな仕事を奪っていく
  5. 小学校でもプログラミングが必修科目になった
  6. ITスキルがあればどんな業界にも転職できる
  7. ITがなくなったら人類は生きていけない

 

 

ちなみに、IT業界のデメリットは下記の3つなので、慎重に判断してください。

  1. 技術の移り変わりが超速い【ずっと勉強が必要】
  2. 向き不向きはある
  3. 人材不足でブラック企業もある(もちろんホワイトもある)

 

あなたがIT業界に向いてるかは、向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】でわかります。

 

おすすめの職種は、とりあえずプログラマーでOK。

まずはプログラミングに触れてみて、その後に興味ある分野に進めば十分です。

 

プログラミングは向き不向きがあるので、まずは触れてみた方がいいですよ。

無料体験があるテックアカデミーで、プログラミングに触れてから判断してもOKです。

 

もし本気で就職するなら、ブラック企業だけは避けましょうね。

ウズウズに相談するとブラック企業を紹介されないので、割と良いかなと。

 

無料なので、紹介される企業を見つつ、ウズウズを利用するか決めてもOKです。

※メール1本ですぐに相談をやめられます。

参考:ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

 

あとは行動あるのみ。

行動すれば、あなたもノマド生活ができる人生になりますよ。

 

IT業界は割と最高なので、興味をもったらぜひどうぞd( ̄  ̄)