20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】

考える男性

20代後半の平均年収を知りたいな。

 

今の会社は給料が安いし、今後も上がる予定がない。

今のままじゃ、結婚もできないよ…

 

もし平均年収より低いなら、もう少し給料を上げたいな。

できれば、年齢とともに給料が上がっていく仕事がいいな。

 

20代後半って、転職するラストチャンスじゃないか…?

動くなら、今か…?

こういった疑問や悩みに答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 20代後半の平均年収は397万円【厚生労働省のデータ参照】
  • 20代後半で年収を上げる4つの方法【昇給・転職・副業・起業】

 

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターです。

現在38歳です。

 

20代後半で、給料を上げるために転職した経験があります。

 

結論、もし20代の平均年収より低いなら転職を検討してください。

また、今の会社で給料が上がる見込みがないなら、転職してください。

 

選択肢が多い転職は、20代後半が最後のチャンスだからです。

 

2020年以降は、

  • 終身雇用の完全廃止
  • 副業の普及
  • フリーランスの増加

 

が予測されています。

 

結論、スキルのある人じゃないと食っていけません。

 

20代のうちに将来設計して、

スキルで給料が上がっていくタイプの仕事に転職すれば、人生はイージーです。

 

でも、ぬるま湯に浸かったまま30代を迎えると、転職も難しいです。

 

このサイトでは、今まで3000人以上の職業相談にのってきました。

20代後半で転職して、年収が上がった人も多いです。

 

3000人以上の相談にのってきた僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)

20代後半の平均年収は397万円【厚生労働省のデータ参照】

20代後半の平均年収は397万円【厚生労働省のデータ参照】

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、20代後半の平均年収は397万円(額面)です。

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

397万円より年収が低いようであれば、転職を検討しましょう。

 

厚生労働省のデータを参考に、さらに細かい平均年収を解説します。

業界別の20代後半の平均年収

業界別の20代後半の平均年収は、下記の表の通りです。

 

あなたの年収は、業界平均より高いか低いか確認しましょう。

また、他の業界と比べて高いか低いかも確認しましょう。

業界 平均年収(額面)
鉱業・採石・砂利採取業 484万円
建設業 445万円
製造業 403万円
インフラ(電力・ガス・水道) 472万円
情報通信(IT業界) 434万円
運輸業 407万円
卸売・小売業 382万円
金融・保険業 448万円
不動産業 406万円
学術研究・専門・技術サービス 441万円
宿泊・飲食業 328万円
生活関連・娯楽業 325万円
教育・学習支援 381万円
医療・福祉 388万円
複合サービス 359万円
その他サービス業 336万円

赤文字は、20代平均年収より低い業界です。

業界平均より年収が低いなら、転職を検討しましょう。

 

鉱業系・インフラ(電力・ガス・水道)・学術研究系は年収が高いですが、転職の募集が少ないです。

 

建設業は転職しやすいですが、激務。

保険業・不動産業も転職しやすいですが、ノルマありの営業です。

 

年収が高めで転職先として良い業界は、

IT業界(情報通信)です。

  • 手に職がつく
  • スキルがあれば食いっぱぐれがない
  • スキルがあれば、給料が上がる
  • 時代の波にのっている業界

 

というメリットがあります。

 

僕もIT業界の人間なのでよくわかるのですが、ぶっちゃけITは稼ぎやすいです。

 

IT業界については、

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】にまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

職種別の20代後半の平均年収

職種別の20代後半の平均年収は、下記の表の通りです。

 

あなたの年収は、職種平均より高いか低いか確認しましょう。

また、他の職種と比べて高いか低いかも確認しましょう。

職種 平均年収
自然科学系研究者(男) 464万円
化学分析員(男) 432万円
技術士 448万円
一級建築士(男) 670万円
測量技術者 370万円
システムエンジニア 433万円
プログラマー 378万円
医師 665万円
歯科医師 500万円
獣医師 477万円
薬剤師 468万円
看護師 467万円
准看護師 343万円
看護補助者 293万円
放射線技師(男) 453万円
臨床検査技師 425万円
理学療法士・作業療法士 377万円
歯科衛生士(女) 338万円
歯科技工士(男) 328万円
栄養士(女) 328万円
保育士 345万円
ケアマネージャー 402万円
ホームヘルパー 325万円
福祉施設介護員 340万円
弁護士 480万円
公認会計士・税理士 668万円
社会保険労務士 288万円
幼稚園教諭(女) 343万円
高校教員 420万円
大学講師 428万円
各種学校教員 353万円
塾講師 332万円
記者(男) 526万円
デザイナー 359万円
百貨店店員 309万円
販売員 320万円
スーパー店員(女) 280万円
車の営業マン(男) 370万円
保険営業マン 380万円
美容師・理容師 283万円
調理師 316万円
調理師見習い 266万円
ウェイター・ウェイトレス 325万円
アミューズメント店員 313万円
警備員(男) 358万円
守衛(男) 246万円
電車運転士(男) 485万円
電車車掌(男) 456万円
タクシー運転手(男) 422万円
トラック運転手(男) 369万円
バス運転手(男) 417万円
自動車組立工(男) 459万円
自動車整備士(男) 393万円
ボイラー工(男) 390万円
クレーン運転士(男) 456万円
建設機械運転士 347万円
電気工事士 363万円
とび 292万円
大工 330万円
左官工(男) 442万円
配管工 390万円
土工 321万円
ビル清掃員 247万円
用務員 338万円

赤い文字は、20代後半の平均年収397万円未満の職種です。

職種平均より年収が低いなら、転職を検討しましょう。

 

一級建築士や医師は年収が高いですが、もちろん資格が必要。

研究員などは、学歴が必要です。

 

ちなみに、20代後半のプログラマーの平均年収は378万円ですが、前述のとおり、

IT業界はスキルとともに年収が上がります(^^)

20代後半で年収500万円以上の職種

20代後半で、年収500万円以上の業界・職種は、下記のとおりです。

職種 平均年収
歯科医師 500万円
記者(男) 526万円

2つとも、転職は困難です。

 

ちなみに年収500万円以上を目指せて、転職しやすい仕事は下記の4つ。

  1. 生命保険営業:売れれば年収500万円以上も可能(売れないと年収200万円を切る)
  2. 不動産営業:売れれば年収500万円以上も可能(売れないと年収300万円を切る)
  3. IT業界:20代では400万円台だけど、スキルを身につけて30代になると年収500万円以上が可能
  4. 建設の施工管理:20代では400万円台だけど、スキルを身につけて30代になると年収500万円以上も可能(ただし激務)

 

年収を上げる転職をしたい人は、参考にしてみてください。

20代後半で年収600万円以上の職種

20代後半で、年収600万円以上の業界・職種は下記のとおりです。

職種 平均年収
一級建築士 670万円
医師 665万円
公認会計士・税理士 668万円

いずれも資格が必要なので、転職は難しいです。

あと、3つとも激務です。

 

年収600万円以上を目指せて、転職しやすいのは上記で紹介した4つです。

  1. 生命保険営業
  2. 不動産営業
  3. IT業界
  4. 建設の施工管理

 

年収600万円以上にしたい人は、参考にしてください。

20代後半で年収を上げる4つの方法【昇給・転職・副業・起業】

20代後半で年収を上げる4つの方法【昇給・転職・副業・起業】

20代後半で年収を上げる方法は、

  1. 昇給
  2. 転職
  3. 副業
  4. 起業

 

の4つです。

 

1つずつ解説しますね(^^)

①昇給を目指す

あなたの会社で昇給制度があるなら、

昇給を目指しましょう。

転職せずに給料が上がるので、転職活動の手間がないからです。

 

例えば、下記の感じ。

  • 営業で売上を上げる
  • 資格を取得して、資格手当をもらう
  • 昇進して、役職手当をもらう

 

ただし、

  • 会社に昇給制度がない
  • 昇給幅が小さすぎる

 

という場合は、下記の転職・副業・起業にしましょう。

②年収が上がる仕事に転職する

昇給が難しいなら、年収が上がる仕事に転職しましょう。

 

特に、今の会社で過小評価されているなら、

転職するだけで給料が上がるからです。

 

年収が上がりやすいケースは、下記のとおり。

  • 今の年収が200万~300万円台
  • 給料が低い業界から高い業界へ転職
  • スキルを正当に評価してくれる会社へ転職
  • スキルを身につけてから転職
  • 初めての転職
  • インセンティブ割合が大きい会社に転職
  • 手当が充実している会社に転職

 

転職で年収アップする詳細は、

転職で給料が上がるケース8選【特に20代後半は上がりやすい】にまとめたので、読んでみてください(^^)

転職で給料が上がるケース8選【特に20代後半は上がりやすい】

20代後半の転職のコツは、転職してすぐの年収ではなく、30代以降で稼げる仕事か調べること。

 

一般的に、転職してすぐは前職の年収を下回ることが多い。

 

でも、スキルを身につければ年収が上がる仕事を選べば、前職の年収を越せます(^^)

 

スキルをきちんと評価してくれて、年収も上がる会社を選びましょう。

③副業する

副業で年収を上げるのも良いですね(^^)

クラウドソーシングサービスなどで、副業しやすくなったからです。

 

在宅でできる副業がたくさんありますよ。

 

クラウドソーシングサービスは、

 

などが有名。

 

具体的な業務内容は、

  • アンケートに答える
  • 文章を書く
  • プログラミング
  • Webデザイン
  • Webサイト制作

 

など、かなり多様です。

 

平日の仕事が終わった後や、土日を活用して副業するのもアリ。

月3~5万円くらいなら、クラウドソーシングで稼げます。

 

ただし在宅ワークの難点は、自己管理が必要なこと。

誰にも管理されないので、きちんと自己管理して仕事をしないと稼げません。

④起業する

起業もアリですね。

昔よりも起業のリスクが下がっているからです。

 

昔みたいに、銀行からお金を借りて起業する時代は終わりました。

フリーランス人口は1100万人を超え、起業しやすい時代になってます。

 

僕も起業しました(^^)

現在はフリーランスのWebライターで、在宅でPC作業をして年収700万円です。

 

ただし、起業は稼げないリスクがあります。

収入がないと生活できないので、安易な起業はやめましょう。

 

リスクが下がったとはいえ、覚悟してくださいね。

※僕も起業してから、食えない期間が長かったです。

まとめ【20代後半の平均年収は397万円】

まとめ【20代後半の平均年収は397万円】

この記事をまとめます。

  • 20代後半の平均年収は397万円【平均より低いなら転職】
  • 20代後半で年収を上げる4つの方法は、昇給・転職・副業・起業

 

考える男性

20代後半の平均年収を知りたいな。

 

もし平均年収より低いなら、もう少し給料を上げたい。

できれば、年齢とともに給料が上がっていく仕事がいいな。

 

20代後半って、転職するラストチャンスじゃないか…?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、20代全体の平均年収を、

20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】にまとめたので、参考までに(^^)

20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】

 

また、給料が3年上がってないなら、転職した方がいいですよ。

 

会社が儲かってない可能性があるので、沈む船に乗ってるようなものです。

 

30代になってからの転職は難しいので、給料が上がらない会社には早めに見切りをつけましょう。

 

給料が3年上がってない場合は、

給料が3年上がらないなら転職した方がいい【転職方法も解説】を読んでみてください(^^)

 

具体的な対処法を解説しています。

給料が3年上がらないなら転職した方がいい【転職方法も解説】

あなたの収入の参考になればうれしいです!