20代前半の平均年収は321万円【結論:スキルを身につければ稼げる】

考える男性

20代前半の平均年収を知りたいな。

正直、もう少し給料がほしいんだよね。

 

もし平均年収以下なら、転職しようかな。

友達と比較して、恥ずかしくない給料がほしいな。

 

それで、将来的にはもっと稼げる仕事をしたい

という疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 20代前半の平均年収は321万円
  • 20代前半の年収を上げる4つの方法【昇給・転職・副業・起業】
  • 若くても稼ぐことは可能【結論:スキルを身につける】

 

僕、佐藤誠一はこのサイトで、3000人以上の職業相談に無料でのってきました。

 

20代前半の方から、

手をあげる男性

もう少し給料が高い仕事をしたい

という相談も多いですね。

 

アドバイスの末、転職して給料を上げた人もたくさんいます。

 

20代前半の人の給料の相談にのってきた僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

 

20代前半の平均年収より低いようであれば、転職も検討してください。

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)

20代前半の平均年収は321万円

20代前半の平均年収は321万円

20代前半の平均年収は321万円です。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」から計算しました。

 

あなたの年収が321万円未満であれば、転職を検討しても良いかもですね。

 

それでは、20代前半の平均年収をさらに細かく解説します。

  • 業界別
  • 職種別
  • 企業規模別
  • 最終学歴別
  • 正規と非正規別

 

で見ていきましょう(^^)

業界別の20代前半の平均年収

業界別の20代前半の平均年収は、下記の表のとおりです。

業界 平均年収
鉱業・採石業・砂利採取業 362万円
建設業 351万円
製造業 334万円
インフラ(電力・ガス・水道) 376万円
情報通信業(IT業界) 342万円
運輸業 339万円
卸売業・小売業 302万円
金融業・保険業 327万円
不動産業 325万円
学術研究・専門・技術サービス業 337万円
宿泊業・飲食サービス業 277万円
生活関連サービス業・娯楽業 274万円
教育・学習支援業 299万円
医療・福祉 322万円
複合サービス業 303万円
その他サービス業 299万円

赤い文字は、20代前半の平均年収321万円未満の業界です。

 

あなたの業界は平均年収以上ですか?

また、あなたの年収は業界平均以上ですか?

給料が上がっていく業界を選べば大丈夫

今後、給料が上がっていく業界を選ぶことも大切です。

給料が上がっていかないと、結婚とかもできません。

 

給料が上がっていく業界は、下記のとおり。

  • IT業界
  • 建設業界

 

IT業界は時代の波にのって伸びる

特にIT業界は、

  • AI
  • 5G
  • VR・AR
  • 自動運転
  • ロボット、ドローン
  • ブロックチェーン

 

など、まだまだ伸びる業界です。

 

稼ぐ最大のコツは「時代の波にのること」です。

IT業界は一番時代の波にのってるので、

稼ぐならIT一択と言ってもいいくらいです。

 

僕もIT業界の人間ですが、たしかに稼げています(年収750万円くらい)

 

転職してすぐは前職の給料より減ることもありますが、スキルを積んで前職の年収を超えればOK。

上記の業界でスキルを磨いて、年収を上げましょう。

 

ちなみに、IT業界の将来性についてを、

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】にまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

職種別の20代前半の平均年収

職種別の20代前半の平均年収は、下記の表のとおりです。

職種 平均年収
自然科学系研究者(男) 325万円
化学分析員(男) 356万円
技術士 319万円
一級建築士(男) 285万円
測量技術者 306万円
システムエンジニア 345万円
プログラマー 318万円
医師 438万円
歯科医師 285万円
獣医師 345万円
薬剤師 354万円
看護師 378万円
准看護師 315万円
看護補助者 271万円
放射線技師(男) 351万円
臨床検査技師 334万円
理学療法士・作業療法士 336万円
歯科衛生士(女) 304万円
歯科技工士(男) 283万円
栄養士(女) 277万円
保育士 296万円
ケアマネージャー 295万円
ホームヘルパー 305万円
福祉施設介護員 301万円
公認会計士・税理士 418万円
社会保険労務士(女) 214万円
幼稚園教諭(女) 292万円
高校教員 329万円
大学講師(女) 254万円
各種学校教員 289万円
塾講師 285万円
記者(男) 471万円
デザイナー 299万円
百貨店店員 291万円
販売店員 275万円
スーパー店員(女) 292万円
自動車営業マン(男) 350万円
保険営業マン 295万円
美容師・理容師 236万円
調理師 281万円
調理師見習い 255万円
ウェイター・ウェイトレス 279万円
アミューズメントスタッフ 283万円
警備員(男) 335万円
守衛(男) 292万円
電車運転士(男) 396万円
電車車掌(男) 397万円
タクシー運転手(男) 413万円
バス運転手(男) 457万円
トラック運転手(男) 368万円
自動車組立工(男) 315万円
クレーン運転士(男) 393万円
建設機械運転士 268万円
電気工事士 321万円
とび 252万円
大工 290万円
左官 354万円
配管工(男) 333万円
土工 279万円
ビル清掃員 232万円
用務員 307万円

赤い文字は、20代前半の平均年収より低い職種です。

 

あなたの職種は、平均年収より高かったですか?

また、あなたの年収は職種の平均年収より高かったですか?

給料が上がっていく5つの職種

今後、給料が上がっていく職種を選ぶことも大切です。

給料が上がっていく職種は、下記のとおり。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. システムエンジニア
  4. 建設の施工管理
  5. 営業職(ただし、売れれば)

 

いずれも、スキルが身につけば年収が上がる仕事です。

終身雇用も崩壊したので、信じられるのはスキルだけです。

プログラマー・インフラエンジニアは始めやすい

ちなみに、まずはプログラマーかインフラエンジニアあたりから始めてみるのが良いですね。

比較的はじめやすい仕事だからです。

 

システムエンジニアはプログラマーの先の職業だし、建設の施工管理は激務です。

営業職は当然ノルマがある。

 

だから、プログラマーかインフラエンジニアあたりから始めるのが良いです(^^)

 

ちなみに、プログラマーとインフラエンジニアについては、下記に2記事が参考になります。

 

企業規模別の20代前半の平均年収

企業規模別の20代前半の平均年収は、下記の表のとおり。

企業規模 平均年収
1000人以上 349万円
100〜999人 314万円
10〜99人 287万円

大企業の平均年収が高くなっていますね。

大企業への転職は危険

ただし、大企業への転職は危険です。

大企業の業務は細分化されてるので、

将来の転職に不利だからです。

 

世間で役立つスキルが身につかない可能性があるんです。

 

終身雇用が崩壊したということは、いつかクビになるということ。

なのでクビになる前提で、

世間で役立つスキルを身につけないと危険です。

 

大企業に転職して後悔した人の声を、

大企業に転職して後悔した理由9選【自分に合った仕事をしよう】にまとめたので、興味あれば読んでみてください。

大企業に転職して後悔した理由9選【自分に合った仕事をしよう】

転職に役立つスキルを身につけるなら中小企業かベンチャー企業が良い

スキルを身につけるなら、中小企業とかベンチャー企業の方が良いですよ。

業務範囲が大手企業より広いので、スキルも身につきやすいです。

 

中小企業やベンチャー企業でも、稼げる会社はたくさんありますよ(^^)

 

優良な中小企業やベンチャー企業の選び方は、下記の記事にまとめたので読んでみてください。

 

最終学歴別の20代前半の平均年収

最終学歴別の20代後半の平均年収は、下記の表のとおりです。

最終学歴 平均年収
大卒 335万円
高専・短大卒 309万円
高卒 317万円

これからは学歴が関係ない時代【スキルがある人が稼げる】

表を見ると大卒の年収が高いですが、これからは学歴は関係なくなります。

終身雇用が崩壊=クビになるという意味なので、結局スキルをもってる人が稼げるからです。

 

スキルがあれば高卒でも稼げる時代。

なので、スキルを身につけましょう(^^)

 

手に職をつけて稼ぎたい人は、

手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】を読んでみてください。

 

食いっぱぐれがなくて、未経験から始められて、年収が高い仕事を解説しています(^^)

手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】

正社員と非正規の20代前半の平均年収

正社員と非正規の20代前半の年収差は、下記のとおり。

雇用形態 平均年収
正社員 330万円
非正規(パート・アルバイト) 252万円

まずは正社員を目指しましょう

正社員の方が年収が高い理由は、下記です。

  • ボーナスがある
  • 手当がある
  • 有給休暇がある

 

非正規の人は、まず正社員を目指しましょう。

年齢を重ねるごとに、正社員になりにくくなります。

 

フリーターから正社員になりたい人は、

フリーターをやめたい人が正社員になる方法【理由を伝えるコツ】を読んでみてください(^^)

 

  • 正社員になれる簡単な方法
  • 面接での、フリーター期間の答え方

 

などを解説しています。

フリーターをやめたい人が正社員になる方法【理由を伝えるコツ】

20代前半の年収を上げる4つの方法【昇給・転職・副業・起業】

20代前半の年収を上げる4つの方法【昇給・転職・副業・起業】

20代前半の人が年収を上げる方法は、下記の4つ。

  1. 昇給を目指す
  2. 転職する
  3. 副業する
  4. 起業する

 

詳細は、20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】にまとめているので、読んでみてください(^^)

20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】

若くても稼ぐことは可能【結論:スキルを身につける】

若くても稼ぐことは可能【結論:スキルを身につける】

結論、若くても稼ぐことは可能です。

もう年功序列の時代じゃないからです。

 

スキルがあれば、若くても稼げる時代になりました。

20代前半でも稼げる5つの仕事

20代前半でも稼げる方法は、主に下記の5つ。

  1. プログラミング
  2. Webライティング
  3. 動画編集
  4. Youtube
  5. アフィリエイト

 

これら5つの仕事で、月収100万円以上稼ぐ20代前半もいます。

すべて副業からできるので、稼ぎたい人はやってみましょう。

 

今後も需要が伸びていく仕事なので、今からスキルを身につけておけば、20代後半でけっこう稼げます。

 

ちなみに僕も、Webライティングとアフィリエイトで稼いでいます。

 

ただし、コツコツやらないと無理です。

きちんとスキルがないと稼げませんし、世の中うまい話はないものです。

 

※くれぐれもネットワークビジネスとかに、引っかかっちゃダメですよ。

副業をやる時間がない人は、正社員で給料をもらいながらスキルアップ

考える男性

副業で稼げればいいけど、

忙しくてやってる時間がないよ

という人は、正社員で働いて、給料をもらいながらスキルを身につけるのが一番です。

 

副業じゃなくて、本業にしちゃえばスキルは身につきやすいからです(^^)

 

上記5つで正社員になれるのは、

プログラミングです。

 

プログラミングは今後も手堅く稼げるので、

正社員でプログラマー転職するのもアリ。

 

実戦の仕事で勉強するのが、一番成長が早いです。

 

プログラミングの勉強や転職については、

「プログラミングは独学が無理」は嘘【結論、仕事にすれば覚える】にまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

「プログラミングは独学が無理」は嘘【結論、仕事にすれば覚える】

まとめ【20代前半の平均年収は321万円】

まとめ【20代前半の平均年収は321万円】

この記事をまとめます。

  • 20代前半の平均年収は321万円
  • 年収が上がっていく業界・職種で働けばOK
  • 20代前半の年収を上げる4つの方法は昇給・転職・副業・起業
  • スキルを身につければ、若くても稼ぐことは可能
  • 副業が難しいなら本業にしちゃえばいい

 

考える男性

20代前半の平均年収を知りたいな。

もし平均年収以下なら、転職しようかな。

 

友達と比較して、恥ずかしくない給料がほしいな。

それで、将来的にはもっと稼げる仕事をしたい

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、20代全体の平均年収を、

20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】にまとめたので、参考までに(^^)

20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】

また、今の給料が安すぎて転職したい人は、

給料が安すぎて転職したい人の転職方法【給料だけで選ばない!】を読んでみてください。

 

  • 今より給料が高い仕事の探し方
  • 未経験で転職できる仕事
  • 給料だけで仕事を選ぶのは危険

 

などを解説しています(^^)

給料が安すぎて転職したい人の転職方法【給料だけで選ばない!】

あなたの年収アップの参考になればうれしいです!