20代前半の平均年収は321万円【結論:スキルを身につければ稼げる】

考える男性

20代前半の平均年収ってどれくらいなんだろう?

僕は周りの同世代より稼げてるのかな?

 

というか、もっと収入がほしい。

20代前半でたくさん稼ぐには、どうしたらいい?

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 20代前半の平均年収は321万円
  • 20代前半の年収を上げる4つの方法
  • 20代前半で年収500万円を稼ぐ3つの方法

 

僕、佐藤誠一はフリーランスのWebライターでして、年収は750万円くらいです。

結論、やり方さえわかっていれば、20代前半でも年収500万円以上を稼ぐことはできます。

 

しかも、学歴は関係ありません。

僕は最終学歴「専門卒」だし、大企業に勤めてるわけでもありません。

 

でも、スキルを身につけたら年収750万円を稼ぐことができました。

どうしたら20代前半でたくさん稼げるか解説します。

 

また、20代前半の平均年収も解説するので、参考にどうぞ。

この記事を読むことで、若くして稼げる人生になりますよ。

20代前半の平均年収は321万円

20代前半の平均年収は321万円

20代前半の平均年収は321万円です。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」から計算しました。

 

あなたの年収が321万円未満であれば、転職を検討しても良いかもですね。

それでは下記の分類で、20代前半の平均年収をさらに細かく解説します。

  1. 業界別
  2. 職種別
  3. 企業規模別
  4. 最終学歴別
  5. 正規と非正規別

 

業界別の20代前半の平均年収

業界別の20代前半の平均年収は、下記の表のとおりです。

業界 平均年収
鉱業・採石業・砂利採取業 362万円
建設業 351万円
製造業 334万円
インフラ(電力・ガス・水道) 376万円
情報通信業(IT業界) 342万円
運輸業 339万円
卸売業・小売業 302万円
金融業・保険業 327万円
不動産業 325万円
学術研究・専門・技術サービス業 337万円
宿泊業・飲食サービス業 277万円
生活関連サービス業・娯楽業 274万円
教育・学習支援業 299万円
医療・福祉 322万円
複合サービス業 303万円
その他サービス業 299万円

赤い文字は、20代前半の平均年収321万円未満の業界です。

 

あなたの業界は平均年収以上ですか?

また、あなたの年収は業界平均以上ですか?

給料が上がっていく業界を選べば大丈夫

今後、給料が上がっていく業界を選ぶことも大切です。

給料が上がっていかないと、結婚とかもできません。

 

給料が上がっていく業界は、下記のとおり。

  • IT業界
  • 建設業界

 

IT業界は時代の波にのって伸びる

特にIT業界は、

  • AI
  • 5G
  • VR・AR
  • 自動運転
  • ロボット、ドローン
  • ブロックチェーン

 

など、まだまだ伸びる業界です。

 

稼ぐ最大のコツは「時代の波にのること」です。

IT業界は一番時代の波にのってるので、

稼ぐならIT一択と言ってもいいくらいです。

 

僕もIT業界の人間ですが、たしかに稼げています(年収750万円くらい)

 

転職してすぐは前職の給料より減ることもありますが、スキルを積んで前職の年収を超えればOK。

上記の業界でスキルを磨いて、年収を上げましょう。

 

ちなみに、IT業界の将来性についてを、

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】にまとめてます。

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

職種別の20代前半の平均年収

職種別の20代前半の平均年収は、下記の表のとおりです。

職種 平均年収
自然科学系研究者(男) 325万円
化学分析員(男) 356万円
技術士 319万円
一級建築士(男) 285万円
測量技術者 306万円
システムエンジニア 345万円
プログラマー 318万円
医師 438万円
歯科医師 285万円
獣医師 345万円
薬剤師 354万円
看護師 378万円
准看護師 315万円
看護補助者 271万円
放射線技師(男) 351万円
臨床検査技師 334万円
理学療法士・作業療法士 336万円
歯科衛生士(女) 304万円
歯科技工士(男) 283万円
栄養士(女) 277万円
保育士 296万円
ケアマネージャー 295万円
ホームヘルパー 305万円
福祉施設介護員 301万円
公認会計士・税理士 418万円
社会保険労務士(女) 214万円
幼稚園教諭(女) 292万円
高校教員 329万円
大学講師(女) 254万円
各種学校教員 289万円
塾講師 285万円
記者(男) 471万円
デザイナー 299万円
百貨店店員 291万円
販売店員 275万円
スーパー店員(女) 292万円
自動車営業マン(男) 350万円
保険営業マン 295万円
美容師・理容師 236万円
調理師 281万円
調理師見習い 255万円
ウェイター・ウェイトレス 279万円
アミューズメントスタッフ 283万円
警備員(男) 335万円
守衛(男) 292万円
電車運転士(男) 396万円
電車車掌(男) 397万円
タクシー運転手(男) 413万円
バス運転手(男) 457万円
トラック運転手(男) 368万円
自動車組立工(男) 315万円
クレーン運転士(男) 393万円
建設機械運転士 268万円
電気工事士 321万円
とび 252万円
大工 290万円
左官 354万円
配管工(男) 333万円
土工 279万円
ビル清掃員 232万円
用務員 307万円

赤い文字は、20代前半の平均年収より低い職種です。

 

あなたの職種は、平均年収より高かったですか?

また、あなたの年収は職種の平均年収より高かったですか?

給料が上がっていく5つの職種

今後、給料が上がっていく職種を選ぶことも大切です。

給料が上がっていく職種は、下記のとおり。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. システムエンジニア
  4. 建設の施工管理
  5. 営業職(ただし、売れれば)

 

いずれも、スキルが身につけば年収が上がる仕事です。

終身雇用も崩壊したので、信じられるのはスキルだけです。

プログラマー・インフラエンジニアは始めやすい

ちなみに、まずはプログラマーかインフラエンジニアあたりから始めてみるのが良いですね。

比較的はじめやすい仕事だからです。

 

システムエンジニアはプログラマーの先の職業だし、建設の施工管理は激務です。

営業職は当然ノルマがある。

 

だから、プログラマーかインフラエンジニアあたりから始めるのが良いです。

ちなみに、プログラマーとインフラエンジニアについては、下記に2記事が参考になります。

 

企業規模別の20代前半の平均年収

企業規模別の20代前半の平均年収は、下記の表のとおり。

企業規模 平均年収
1000人以上 349万円
100〜999人 314万円
10〜99人 287万円

大企業の平均年収が高くなっていますね。

大企業への転職は危険

ただし、大企業への転職は危険です。

大企業の業務は細分化されてるので、

将来の転職に不利だからです。

 

世間で役立つスキルが身につかない可能性があるんです。

 

終身雇用が崩壊したということは、いつかクビになるということ。

なのでクビになる前提で、

世間で役立つスキルを身につけないと危険です。

 

大企業に転職して後悔した人の声を、

大企業に転職して後悔した理由9選【自分に合った仕事をしよう】にまとめてます。

大企業に転職して後悔すること7選【あなたの大企業の適正を診断】

転職に役立つスキルを身につけるなら中小企業かベンチャー企業が良い

スキルを身につけるなら、中小企業とかベンチャー企業の方が良いですよ。

業務範囲が大手企業より広いので、スキルも身につきやすいです。

 

中小企業やベンチャー企業でも、稼げる会社はたくさんあります。

優良な中小企業やベンチャー企業の選び方は、下記の記事にまとめたので読んでみてください。

 

最終学歴別の20代前半の平均年収

最終学歴別の20代後半の平均年収は、下記の表のとおりです。

最終学歴 平均年収
大卒 335万円
高専・短大卒 309万円
高卒 317万円

これからは学歴が関係ない時代【スキルがある人が稼げる】

表を見ると大卒の年収が高いですが、これからは学歴は関係なくなります。

終身雇用が崩壊=クビになるという意味なので、結局スキルをもってる人が稼げるからです。

 

スキルがあれば高卒でも稼げる時代。

なので、スキルを身につけましょう。

 

手に職をつけて稼ぎたい人は、

手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】を読んでみてください。

 

食いっぱぐれがなくて、未経験から始められて、年収が高い仕事を解説しています。

手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】

正社員と非正規の20代前半の平均年収

正社員と非正規の20代前半の年収差は、下記のとおり。

雇用形態 平均年収
正社員 330万円
非正規(パート・アルバイト) 252万円

まずは正社員を目指しましょう

正社員の方が年収が高い理由は、下記です。

  • ボーナスがある
  • 手当がある
  • 有給休暇がある

 

非正規の人は、まず正社員を目指しましょう。

年齢を重ねるごとに、正社員になりにくくなります。

 

フリーターから正社員になりたい人は、フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】をどうぞ。

フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】

【ちなみに】20代前半の男女別の年収を比較

ちなみに、20代前半の男女別の平均年収は下記のとおりです。

  • 男性:338万円
  • 女性:306万円

 

男性の方が稼げる感じですね。

一応、参考までに。

20代前半の年収を上げる4つの方法【昇給・転職・副業・起業】

20代前半の年収を上げる4つの方法【昇給・転職・副業・起業】

20代前半の人が年収を上げる方法は、下記の4つ。

  1. 昇給を目指す
  2. 転職する
  3. 副業する
  4. 起業する

 

詳細は、20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】にまとめたので、詳しくはこちらを読んでみてください。

20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】

20代前半で年収500万円を稼ぐ3つの方法【おすすめの稼げる仕事】

若くても稼ぐことは可能【結論:スキルを身につける】

燃える男性

できれば、20代前半で年収500万円とか稼いでみたい。

具体的にどうしたらいい?

結論、下記の3つだと20代前半で年収500万円以上を稼げる可能性があります。

  1. 営業で売りまくる
  2. プログラミング
  3. Webライター

 

1つずつ解説するので、あなたにできそうなものからやってみてください。

①営業で売りまくる

営業に転職して売りまくれば、20代前半で年収500万円を超えます。

売れれば売れた分が収入になるから。

 

具体的に、売れれば儲かる営業は下記のとおり。

  1. ハウスメーカーの営業
  2. 保険会社の営業
  3. IT企業の営業

 

この中なら、IT企業の営業が良いですね。

なぜなら、一番売りやすいから。

 

家はポンポン売れるもんじゃないし、保険屋さんは嫌われます。

ITは進化してる業界なので興味をもつ企業も多いので、割と売れます。

※僕もIT営業をやったことありますが、売りやすかったですね。

【ただし】ノルマが怖い人に営業はおすすめしない

営業はノルマがあります。

というか、ノルマのない営業はありません。

 

ノルマに追われるのが怖い人は、次に紹介するプログラマーやWebライターにしておきましょう。

  1. コミュニケーションスキルが高い
  2. 年上に好かれる
  3. 鉄のハート

 

という人は営業を目指していいですが、そうじゃないならやめときましょう。

②プログラミング

プログラミングも、20代前半で年収500万円を稼げる可能性あり。

なぜなら、プログラマーは年収500万円以上の人がゴロゴロいるから。

 

理由はシンプルで、前述のとおり「IT業界が伸びてるから」って感じです。

結論、もっとも楽に稼ぐコツは「時代の波にのってる業界」で働くこと。

 

追い風が吹いてるので、1歩進むと3歩進む感覚です。

僕もIT業界の人間ですが、他の業界に比べると圧倒的に稼ぎやすいので、なんだかんだでIT系の仕事がおすすめかなぁと。

未経験からプログラマーになる方法

結論、プログラミングスクールで習いましょう。

独学は挫折しやすいし、稼げるスキルを身につけにくいから。

 

テックアカデミーというプログラミングスクールは、完全オンラインの授業をやってます。

コロナの時代なので、この辺はありがたいところですね。

 

地方に住んでる人でも、プログラマーになることができます。

担当の先生もつくので、わからないことをすぐ解決できて、爆速で成長できますよ。

 

テックアカデミーは有料ですが、その前に1週間の無料体験があります。※オンラインです。

無料なので、とりあえずプログラミングに触ってみて、相性を見ればOKかなと。

 

良さそうだったら、有料コースに進めばOK。

費用は15万~50万円くらいで様々ですが、そもそもプログラマーに転職したら余裕で回収できますよ。

無料のプログラミングスクールもあります

心配な男性

う~ん、プログラマーはなんか良さそうだけど、お金がない…

という人は、ウズウズカレッジというプログラミングスクールで学べばOK。

なぜなら、無料だから。

 

ウズウズという転職エージェントが運営するスクールで、基礎を学んだ後にIT企業に転職もできます。

無料でプログラマーになれるので、お金をつかいたくない人はこっちがいいかなと。

 

ウズウズは転職エージェントなので、ウズウズ経由で転職してもらえば儲かるので、無料で運営できるカラクリです。

考える男性

でも、無料でプログラミングを勉強して、やっぱり違う仕事に転職したくなったらお金とられない?

と思うかもですが、無料のまま。

 

仮にウズウズカレッジで学んで「やっぱりプログラマー以外の仕事に転職したい」となったら、ウズウズが他の仕事を紹介してくれます。

紹介される求人が微妙なら、そのままウズウズとサヨナラしてもOK。

メール1本でサポートを終了できます。

 

つまり、完全無料でプログラミングの基礎を勉強してから、その後どうするか考えてOKです。

※ぶっちゃけ、裏ワザに近い方法です。

 

お金を使わずにプログラミングを試したい人は、ウズウズカレッジも良いかなと。

ウズウズカレッジの評判は、ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめてます。

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

③Webライター

最後は僕の職業です(笑)

Webライターがおすすめの理由は、副業で月収20万円くらい稼げるから。

 

最初は稼げませんが、慣れてくると3時間で1万円くらい稼げます。

3時間なら、お勤めの仕事が終わってからでもできるかなと。

※2日で3時間でもいいですね。

 

月に20日くらい働けば、副業で月に20万円くらい稼げます。

詳しくは僕のYoutubeで解説してるので、よかったらどうぞ。

本気でやれば20代前半で1000万円もあり得る

今の時代って、本気だせば20代前半で年収1000万円とか稼げますよ。

今はITが進化してて、稼ぎやすい時代だから。

 

上記で紹介した仕事以外にも、下記で稼ぐことが可能です。

  • Youtube
  • 動画編集
  • ブログアフィリエイト

 

ようは、手段はいくらでもあるので、あとは行動あるのみ。

いろいろ試してみて、しっくりきた仕事にガッツリ打ち込めば、普通に稼げます。

 

ということで、本気で稼ぎたいならさっそくやってみてください。

まとめ【20代前半でも年収500万円を稼げる可能性あり】

まとめ【20代前半の平均年収は321万円】

ということで、この記事をまとめます。

  • 20代前半の平均年収は321万円
  • 給料が上がっていく業界はITと建設
  • 稼げる職種はIT系、建設、営業
  • 20代前半で年収を上げる方法は、昇給・転職・副業・起業
  • 20代前半で年収500万円稼げるのは、営業・プログラマー・Webライター

 

ということで、本気で年収を上げたいなら、さっそく行動しましょう。

本当に稼げる人は、行動しながら考える人です。

 

考えてばかりいても年収は上がらないので、いろいろ試しながら考えればOK。

まずは、興味あることから行動してみるのがコツです。

「明日やろう」はバカ野郎です。

 

年収500万円を目指したい人は、下記のいずれかを試せばOK。

  1. 思い切って営業に転職してみる
  2. プログラミングに触ってみる
  3. Webライターを副業でやってみる

 

プログラミングは、スクールで学ぶと挫折しにくいし、稼ぎやすいです。

完全オンラインで勉強するのは、テックアカデミーが良いかと。

 

無料でオンラインのプログラミング体験もあるので、まずは1週間無料でプログラミングに触れてみてもいいかなと。

本コースは有料ですが、プログラマーになれば余裕で回収できますよ。

 

無料のプログラミングスクールは、ウズウズカレッジです。

とりあえずお試しでプログラミングを学んで、嫌なら辞めてもOKです。※それでも無料。

ウズウズカレッジの詳細は、ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】をどうぞ。

 

ということで、あとは行動あるのみ。

行動すれば、若くして稼げる人生になりますよ。

 

さっそくできることからやってみましょう。