20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円【収入上げよう】

考える女性

20代女性の平均年収や平均月収を知りたいな。

せめて平均年収以上のお給料がほしい。

 

仕事があるだけありがたいけど、

平均年収より低いなら、仕事を変えたいな。

 

正直、もう少しお給料がほしいなぁ。

あと、給料が上がっていく仕事をしたいな。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円
  • 20代女性が年収を上げる4つの方法
  • 女性も年収を上げた方がいい時代です

 

僕、佐藤誠一は、このサイトで3000人以上の転職相談に無料でのってきました。

 

女性の相談者さんから、

手をあげる女性

給料を上げたいです

という相談も多いです。

 

アドバイスの結果、年収が上がった人も多いです。

 

女性の給料アップの相談で実績がある僕が書いた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあると思います。

 

あなたの年収が平均年収より低いなら、転職を検討しても良いかもしれませんね。

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)

20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円

20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円

20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円です。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」から算出しました。

※額面です。

 

上記を手取りに直すと下記のとおり。

  • 年収270万円くらい
  • 月収20万円くらい

 

あなたの年収と比べて、どうでしょうか?

 

それでは、さらに詳しく、

  • 業界別
  • 職種別
  • 正社員と非正規

 

の20代女性の平均年収・平均月収も解説しますね。

業界別の20代女性の平均年収・平均月収

業界別の20代女性の平均年収・平均月収は、下記の表のとおりです。

 

あなたの業界が、他の業界と比べて給料が高いか低いか見てみましょう。

また、あなたの給料が業界内で高いか低いかも確認しましょう。

業界 平均年収(額面) 平均月収(額面)
鉱業・採石業・砂利採取業 372万円 25万円
建設業 370万円 26万円
製造業 315万円 22万円
インフラ(電力・ガス・水道) 364万円 25万円
情報通信(IT業界) 372万円 27万円
運輸業 340万円 24万円
卸売業・小売業 313万円 22万円
金融業・保険業 358万円 25万円
不動産業 334万円 24万円
学術研究・専門・技術サービス業 358万円 26万円
宿泊業・飲食業 285万円 22万円
生活関連サービス・娯楽業 285万円 22万円
教育・学習支援業 332万円 23万円
医療・福祉 353万円 25万円
複合サービス 312万円 21万円
その他サービス業 285万円 22万円

赤い文字は、20代女性の平均年収・平均月収より下の業界です。

 

ちなみに、一番給料が高いのはIT業界です。

IT業界は、時代の波に一番のってるからです。

  • AI
  • 5G
  • VR・AR
  • ドローン技術
  • ロボット
  • 自動運転

 

など、2020年以降も需要が大きいので稼げます。

 

稼ぐコツは、時代に波にのること。

時代の波にのってるIT業界で働くのは、2020年以降も有利です。

 

※僕もIT業界の人間なので、肌で感じてます。

 

女性も稼げるので、IT業界は良いですね。

IT業界の将来性については、IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】にまとめてます。

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

職種別の20代女性の平均年収・平均月収

職種別の20代女性の平均年収・平均月収は、下記の表のとおりです。

 

あなたの職種が、他の業界と比べて給料が高いか低いか見てみましょう。

また、あなたの給料が職種平均と比べて高いか低いかも確認しましょう。

職種 平均年収(額面) 平均月収(額面)
事務職 324万円 23万円
測量技術者 311万円 22万円
システムエンジニア 386万円 27万円
プログラマー 344万円 25万円
医師 533万円 43万円
歯科医師 410万円 31万円
獣医師 391万円 30万円
薬剤師 408万円 31万円
看護師 427万円 30万円
准看護師 325万円 24万円
看護補助者 277万円 20万円
臨床検査技師 381万円 26万円
理学療法士・作業療法士 365万円 26万円
歯科衛生士 321万円 24万円
栄養士 302万円 21万円
保育士 319万円 22万円
ケアマネージャー 337万円 21万円
ホームヘルパー 293万円 22万円
福祉施設介護員 319万円 23万円
公認会計士・税理士 456万円 30万円
社会保険労務士 251万円 18万円
幼稚園教諭 318万円 22万円
高校教員 370万円 26万円
大学講師 346万円 27万円
各種学校教員 312万円 24万円
塾講師 303万円 23万円
デザイナー 308万円 23万円
百貨店店員 275万円 20万円
販売店員 282万円 21万円
スーパー店員 286万円 21万円
保険営業マン 287万円 22万円
美容師・理容師 254万円 21万円
調理師 280万円 21万円
調理師見習い 243万円 20万円
ウェイトレス 279万円 22万円
アミューズメント接客 281万円 22万円
CA 416万円 29万円

赤い文字は、20代女性の平均年収・平均月収より低い職種です。

 

やはり、介護やサービス系は給料が安いですね。

あなたの年収が平均年収より低い場合は、転職も検討しましょう。

20代前半と後半の女性の平均年収・平均月収の違い

20代前半と後半の女性の平均年収・平均月収の違いは、下記のとおりです。

平均年収(額面) 平均月収(額面)
20代前半 23万円 306万円
20代後半 26万円 368万円

やはり20代後半の方が年収は高め。

なぜなら、キャリアを積んでいるから。

 

ただ、月収ベースでは3万円しか変わらないので、20代の前半後半ではあまり差が出ません。

正社員と非正規の20代女性の平均年収・平均月収【給料はかなり違う】

正社員と非正規の20代女性の平均年収・平均月収は、下記の表のとおりです。

雇用形態 平均年収(額面) 平均月収(額面)
正社員 348万円 24万円
非正規(パート・アルバイト) 249万円 20万円

やはり、非正規より正社員の方が年収が高いですね。

月収が高いのもありますが、正社員はボーナスがあるのが大きい差。

 

非正規にはボーナスがないので、どうしても年収が低いです。

稼ぎたいなら、正社員になりましょう。

 

ちなみに、フリーターから脱出したい人は、フリーターをやめたい人が正社員になる方法【理由を伝えるコツ】をどうぞ。

フリーターから正社員になる、具体的な方法を解説しています。

フリーターをやめたい人はやりたいことをやればOK【人生は大丈夫】

20代女性が年収を上げる4つの方法

20代女性が年収を上げる4つの方法

20代女性が年収を上げる方法は、下記の4つです。

  1. 昇給を目指す
  2. 転職する
  3. 副業する
  4. 起業する

 

年収を上げる4つの方法は、20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】にまとめているので、参考にどうぞ。

20代後半の平均年収は397万円【年収を上げる4つの方法も解説】

20代の女性で給料がいい仕事【転職も検討する】

ちなみに、転職するなら年収が上がっていく仕事に転職しましょう。

物価も上がっていくので、給料が上がらないと生活できないからです。

 

具体的には、下記の業界が良いですね。

  • IT業界
  • 営業職
  • 建設業界

 

転職してすぐは前職より給料が低くても、

実績を積むことで前職の給料を上回ります。

 

目先の給料ではなく、昇給していく仕事を選びましょう。

20代の女性が年収400万円を稼ぐ方法

具体的には下記のとおりです。

  1. プログラマーに転職
  2. インフラエンジニアに転職
  3. 営業に転職して、そこそこ売る

 

プログラマーやインフラエンジニアが良い理由は、下記のとおり。

  • 未経験から始められる
  • IT業界なので年収が高い

 

前述のとおりITは年収が高いので、比較的はやめに年収400万円に到達します。

 

ウズウズカレッジというITスクールは無料なので、お金をかけずに基礎を勉強したい人は良いかと。

そのままIT企業に転職もできるので、稼ぎたい女性には一石二鳥です。

 

ウズウズカレッジの詳細は、ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめてます。

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

営業は売れた分だけ収入が増えるので、売れれば年収400万円も可能。

20代女性が年収500万円を稼ぐ方法

具体的には下記のとおり。

  1. プログラマーで実績を積む
  2. インフラエンジニアで実績を積む
  3. Webマーケティング職に転職して副業もやる
  4. 営業に転職してたくさん売る

 

プログラマーとインフラエンジニアで年収500万円にいくには、実績を積む必要あり。

最低でも3年は働かないと、年収500万円は厳しいですね。

 

Webマーケティング職も、けっこうおすすめ。

未経験からでも転職できます。

 

簡単にいうと「Webから集客する仕事」で、ネット広告などを使って自社に集客します。

最高のおすすめポイントは、会社で学んだWebマーケティングスキルを、個人の副業にそのまま活かせること。

  • ブログ
  • SNS
  • Youtube

 

などを個人でやって、副業も合わせると年収500万円が見えてきます。

20代女性が年収1000万円を稼ぐ方法

20代女性が年収1000万円を稼ぐとなると、下記の3つくらいかと。

  1. 営業に転職してすごくたくさん売る
  2. Webマーケティング職に転職して副業で稼ぐ
  3. 起業する

 

普通のサラリーマンの給料では無理なので、上記のように稼ぎましょう。

 

個人の副業のWebマーケティングがうまくいけば、月収100万円とかも可能。

※無名の個人ブロガーとかで、月収100万円を超えてる人もいますよ。

一番現実的なのは、Webマーケティングかなと思います。

 

Webマーケティングに転職したい場合は、IT業界に強い転職エージェントに相談して、良い企業を紹介してもらうと良いかと。

IT業界に強い転職エージェントは、20代におすすめの転職エージェントを紹介【合ってる仕事を選ぶ方法】にまとめてます。

20代におすすめの転職エージェントを紹介【合ってる仕事を選ぶ方法】

20代女性も年収を上げた方がいい時代です

女性も年収を上げた方がいい時代です

今後は、女性も年収を上げていきましょう。

もう「男性は稼いで、女性は家事をする」という時代ではないからです。

 

女性も稼いだ方が良い理由を解説していきます。

男性も女性の年収を気にする時代【結婚には年収も必要】

マイナビウーマンが独身男性に、下記のアンケート調査を行いました。

質問:「結婚するなら、どちらのタイプの女性がいいですか?」

 

①自分もバリバリに働いて稼ぐ女性:65%

②完璧に旦那をサポートする家庭に入る女性:35%

 

参考:マイナビウーマン「男性の本音! 結婚するならバリバリに働く女性or家庭を守り旦那をサポートする女性?

 

つまり、結婚するなら稼いでいる方が良いということ。

なので、結婚を考えているなら、年収を上げましょう。

20代女性の事務職(OL)は年収が低い【その後も不安】

事務職は年収が低いのでNG。

売上を生まない仕事だからです。

 

事務職に求められるのは、だいたいこんな感じ。

  • 若い女性
  • 低賃金で働いてくれる人
  • 派遣やアルバイト

 

つまり、年収を上げるには事務職は不適切です。

 

事務職には、他にも下記のデメリットがあります。

  • スキルが評価されない(誰でもできる仕事だと思われてる)
  • 30代になったら、他の仕事に転職できない
  • 30代になったら、事務職で転職はできない
  • 人間関係のトラブルになっても逃げ場がない

 

デメリットが多い仕事なので、事務職はやめておきましょう。

終身雇用が崩壊したので20代女性も手に職をつけましょう

終身雇用が崩壊したということは、

手に職がないと稼げません。

 

いつかクビになるので、他の会社に転職しても通用するスキルが必要だからです。

 

今後も需要があるスキルは、下記のとおり。

  • プログラミングスキル
  • インフラエンジニアのスキル
  • システムエンジニアのスキル・経験
  • 営業スキル
  • 医療系資格(看護師など)
  • 建設スキル

 

反対に、これから不要になるスキルは下記のとおりです。

  • 語学力→翻訳アプリで十分
  • 経理・簿記スキル→AIがやるので不要
  • 運転免許→自動運転になるので不要
  • 士業の資格→AIがやるので不要
  • 民間資格→免許じゃないので無意味
  • パソコンスキル→パソコンが減っていくので不要
  • 事務スキル→AIがやるので不要

 

手に職をつけるなら、需要があるスキルを身につけましょう。

 

女性も手に職をつけるべきです。

夫婦共働きが当たり前なので、夫がうつ病とかになったら妻が家族を養わなければいけません。

 

終身雇用が崩壊した今、お金を生めるのはスキルだけ。

スキルがあれば、妻が稼ぐこともできます。

 

スキルがあれば、出産後も復帰しやすいですしね(^^)

 

公的年金も崩壊してるので、妻も稼いで老後までにどれだけ貯金できるかが勝負です。

 

ちなみに、大手企業は業務が細分化されてるので、スキルが身につきづらいです。

 

社会で通用しないスキルしかないのに、40代くらいでリストラされたら、もう転職は無理ですね。

 

だから、今から需要のあるスキルを身につけましょう。

 

需要のあるスキルについては、手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】にまとめてます。

手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】

まとめ【20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円】

まとめ【20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円】

この記事をまとめます。

  • 20代女性の平均年収は334万円・平均月収は24万円
  • 20代女性が年収を上げる方法は昇給・転職・副業・起業の4つ
  • 年収400万円を稼ぐならプログラマー・インフラエンジニア・営業
  • 年収500万円以上を稼ぐならWebマーケティング職に転職
  • 女性も年収を上げた方がいい時代です

 

ということで、本気で稼ぎたいなら稼げる仕事に転職しましょう。

稼げる仕事は、下記のとおりです。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webマーケティング職
  4. 営業

 

プログラマーとインフラエンジニアは、無料のITスクールで学べば転職も可能です。

ウズウズカレッジ無料で教えてくれて、転職もできるので一石二鳥かと。

参考:ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

 

また、Webマーケティング職はIT業界に強い転職エージェントに相談すると、良い会社を紹介してくれます。

IT業界に強い転職エージェントは、20代におすすめの転職エージェントを紹介【合ってる仕事を選ぶ方法】をどうぞ

 

20代はまだ未経験の仕事に転職できるので、稼げる仕事に転職するなら今ですよ。

転職って1歳でも若い方が有利なので、人生で一番若い今日から、できることからでいいので行動してみましょう。

 

行動すれば、経済的に安定した人生になりますよ。

 

ちなみに、20代全体の平均年収を、20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】にまとめてます。

20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】

 

あなたの収入アップの参考になればうれしいです!