フリーターの3つのメリット【正社員じゃなくても生きていけます】

寝転がる男性

フリーターのメリットってなんだろう?

「いつか就職した方がいいよなぁ…」と思いながらも、できればずっとフリーターでいたい。

 

でも、フリーターのままだとデメリットも絶対あるよな…

やっぱり、今のうちに就職しといた方がいい?

といった悩みに答えます。

 

この記事からわかることは、下記のとおり。

  • フリーターのメリットとデメリット
  • 正社員にならずに生きていく方法
  • 【結論】何かしらに挑戦すべき

 

僕、佐藤誠一は、元フリーターです。

現在はフリーランスのWebライターをしており、年収は750万円ほど。

 

毎日家でパソコン作業をしており、割と自由度は高いかなと。

結論、正社員にならなくても人生は大丈夫です。

 

僕もフリーターだったので、フリーターのメリットはわかります。

気楽でいいですよね。

 

でも、お金が足りなくなるので、ずっとフリーターで生きていくことはできません。

 

この記事では、正社員じゃなくてもいいので、きちんと稼いで生きていく方法を解説します。

 

あなたもきちんと稼げるようになるし、自由度は高いまま生きれますよ。

フリーターの3つのメリット【ただし、デメリットの方が大きい】

フリーターの3つのメリット【ただし、デメリットの方が大きい】

フリーターのメリットは、下記のとおり。

  1. 自由度が高い
  2. 責任が軽い
  3. 気楽

 

1つずつ解説しますね。

①自由度が高い

フリーターは、人生の自由度が高いです。

なぜなら、会社に縛られていないから。

 

具体的には、下記のとおり。

  • 自分でスケジュールを決められる
  • いろんなバイトを経験できる
  • 働きたい時だけ働ける

 

結論、わりと自由な人生です(^^)

②責任が軽い

フリーターは、正社員じゃないから。

正社員じゃないので、責任のある仕事は任されません。

 

例えば、下記のとおり。

  • 定時に帰れる
  • ミスをしても社員のせいになる
  • 重い罰則がない

 

責任が重たい仕事が嫌な人には、楽な環境かと。

③気軽

結論、フリーターは気軽です。

上記のとおり、自由度は高いし責任も軽いから。

 

なので、

  • 重たいことを考えなくていい
  • いざとなったら逃げられる
  • ストレスが小さい

 

などの点で、とても気軽に生きれます。

フリーターの5つのデメリット

逆に、フリーターのデメリットは下記のとおり。

  1. 収入が低い
  2. 一生フリーターは無理
  3. 結婚できない
  4. 1人暮らしがきつい
  5. 同級生と会いづらい

 

ぶっちゃけ、デメリットの方が大きいです(^^;

これも、1つずつ解説しますね。

①収入が低い

結論、フリーターは収入が低いです。

なぜなら、責任のある仕事をしていないから。

誰でもできる仕事=稼げない

 

というルールになっています。

まぁ、当然ですよね。

 

国税庁の調査によると、フリーターの年収は179万円しかないそうです。

詳しくは、フリーターの平均年収は179万円【自由なまま年収アップする方法】にまとめてるので、興味があれば。

フリーターの平均年収は179万円【自由なまま年収アップする方法】

②一生フリーターは無理

なぜなら、お金が足りなくなるから。

実際に計算してみたんですが、一生フリーターでいようとすると、60代後半でお金がなくなってしまいます。

 

一生実家暮らしで結婚しなくても無理なので、一生フリーターは無理です。

詳しくは、【元FPが解説】一生フリーターでいるための5つの条件【可能です】にまとめています。

【元FPが解説】一生フリーターでいるための5つの条件【可能です】

③結婚できない

なぜなら、お金が足りないから。

独身実家暮らしでも一生フリーターは無理なので、結婚なんてもってのほかです。

 

そもそも、フリーターは男女ともにモテないので、結婚は厳しいですね(^^;

この辺は、【結論】フリーターの彼氏とは結婚しない方がいい【別れるなら今】にまとめてるので、参考にどうぞ。

【結論】フリーターの彼氏とは結婚しない方がいい【別れるなら今】

④1人暮らしがきつい

フリーターは、1人暮らしもきついです。

なぜなら、収入が低いから。

 

計算したんですが、手取りの月収15万円あれば、ギリギリ1人暮らしはできますが、かなり貧乏です。

 

毎日もやしを食べる覚悟が必要。

フリーターの1人暮らしのシミュレーションは、月収15万円あればフリーターも一人暮らしできる【自立できますよ】にまとめています。

⑤同級生と会いづらい

なぜなら、劣等感があるから。

例えば、正社員で就職した大学の同級生に会うと、フリーターでいることを恥ずかしく感じます。

 

いつしか、友達と会うことを避けるようになってしまい、だんだん孤独になります。

 

フリーターの悲惨な末路【でも、正社員にならず明るい未来にできる】の記事も参考になると思うので、どうぞ。

フリーターの悲惨な末路【でも、正社員にならず明るい未来にできる】

【結論】フリーターが不安なら正社員になるのもアリ

フリーターのデメリットを読んで不安になったなら、正社員になるのもありだと思いますよ。

 

なんだかんだで、正社員の方が安泰なので。

フリーターから正社員になる方法は、フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】を参考にどうぞ。

フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】

正社員にならずに生きていく方法

正社員にならずに生きていく方法

悩む男性

フリーターのデメリットはやっぱりきついなぁ…

でも、できれば正社員にならずに生きていきたいんだけど、なんか方法ある?

結論、正社員にならなくても生きていけます。

なぜなら、正社員がすべてじゃないから。

 

具体的には、下記のような方法で生きていけます。

  1. フリーランスになる
  2. 起業する

 

1つずつ解説します。

①フリーランスになる

フリーランスとは、個人事業主のことです。

コロナ不況で、フリーランスに転向する人も増えたので、わりと普通の働き方かと。

※僕もフリーランスです。

 

ランサーズの調査によると、日本のフリーランス人口は約1100万人だそうです。

参考:ランサーズ「フリーランス実態調査 2018年版を発表」

フリーランスの職業

具体的には、下記がおすすめ。

  • プログラマー:ITシステムやアプリをつくる仕事
  • Webデザイナー:Webサイトをつくる仕事
  • CADオペレーター:設計補助の仕事

 

プログラマーとWebデザイナーは、フリーターから未経験でも始められます。

 

ただし、さすがに基礎学習は必要なので、プログラミングスクールで学びましょう。

なぜなら、独学だと挫折しやすいから。

 

ウズウズカレッジというスクールは無料なので、まずはそこで学べばいいかと。

 

無料なので、勉強してから本格的にプログラマーやWebデザイナーを目指すか決めてもOKです。

参考:ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

 

CADオペレーターも未経験から始められますが、さすがにスクールで学びましょう。

 

ヒューマンアカデミーとかは、月3000円くらいで学べます。

無料のオンライン説明会があるので、まずはそちらから。

②起業する

起業するのもありです。

起業するときの条件は、下記の4つ。

  1. 利益率の高いビジネス
  2. 在庫を持たないビジネス
  3. 安定収入があるビジネス
  4. 資本ゼロ・小資本で始められるビジネス

 

これは、ホリエモンが提唱した「ほぼ確実にうまくいくビジネスの4つの条件」です。

 

この4つすべてに該当するアイデアがあれば、起業してOKです。

反対に、1つでも当てはまらないビジネスは、高確率で失敗するので絶対にやってはいけません。

【結論】何かしらに挑戦すべきです

【結論】何かしらに挑戦すべきです

心配な男性

うーん、やっぱり何かしらに挑戦しないといけないんだなぁ。

結論、正社員であれフリーランスであれ起業であれ、何かに挑戦しなければいけないのは確かです。

 

前述のとおり、一生フリーターでいることはできないから。

正社員になれとは言わないので、まずはできるところからやってみましょう。

マイケルジョーダンの名言

バスケの神様、マイケルジョーダンは下記の言葉を残しています。

何かを始めるのは怖いことではない。

怖いのは何も始めないことだ。

最悪の結果を招くのは、挑戦して失敗することではなく、何もしないことです。

 

仮に失敗しても、正社員なりフリーランスなり起業に挑戦してみましょう。

 

失敗から得られることはあるし、自信がついてさらに挑戦できるようになります。

【体験談】僕も脱フリーターをしたら人生が変わった

僕は26歳までフリーターをしてましたが、「このままではマズい」と思って行動しました。

 

フリーターの後は、下記のとおり。

  • 保険の営業
  • 保険代理店の営業
  • ベンチャー企業の営業
  • フリーランスのWebライター←今ここ

 

結果、毎日家でパソコン作業するだけの、のんきな生活を手に入れました。

 

年収は750万円くらいなので、正社員より稼いでるかも。

すべては「挑戦したから」であり、挑戦しなかったら終わってました。

 

あなたの興味のあることであればなんでもいいので、まずは一歩踏み出してみてください。

まとめ【フリーターのメリットとデメリットを知って行動しよう】

まとめ【フリーターのメリットとデメリットを知って行動しよう】

最後にもう一度、フリーターのメリットデメリットをまとめておきます。

メリット デメリット
自由度が高い

責任が軽い

気楽

収入が低い

一生フリーターは無理

結婚できない

1人暮らしがきつい

同級生と会いづらい

フリーターのデメリットを読んで不安なら、正社員に就職するのもありだと思います。

 

フリーターから正社員になる方法は、フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】を参考にどうぞ。

 

フリーターのままでいたいなら、下記の方法で生きていけます。

  1. フリーランスになる
  2. 起業する

 

フリーランスでおすすめの職業は、下記の3つ。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. CADオペレーター

 

ただし、独学だと挫折しやすいので、スクールで学びましょう。

プログラマーとWebデザイナーは、ウズウズカレッジ無料です。

参考:ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

 

CADオペレーターは、ヒューマンアカデミーが安くて手軽ですよ。

結論、正社員でもフリーランスでも起業でも、何かに挑戦してみましょう。

 

行動すれば、安定して生きていけますよ。

あなたが第一歩を踏み出すのを待っています(^^)