残業したいのにできない時の3つの対処法【残業ありきの生活は危険】

頭を抱える男性

残業したいけどできない。

残業代がないとギリギリの生活だから、かなり困る。

どうにかして残業代を稼げないかなぁ…

といった悩みに応える記事です。

 

この記事からわかることは、下記のとおり。

  • 残業したいのにできない時の対処法がわかる
  • 残業代をあてにした生活設計は危険なことがわかる

 

このサイトを運営している、佐藤誠一です。

僕は、このブログや他の転職系サイトから、今まで3000人以上の職業相談に無料でのってきました。

 

心配な男性

残業したいけど、会社が残業させてくれないから困ってる。

このままじゃ生活できないから、どうにかできませんか?

といった相談も受けたことがあります。

 

結論、残業できないなら、残業以外でお金の工面をしましょう。

残業できないものは、仕方ないからです。

 

僕が相談者さんにアドバイスした結果、生活が安定した人もいます。

そのときのノウハウをまとめた記事なので、ある程度の信ぴょう性はあるかと。

 

残業できなくて困っているあなたの役に立てば、うれしいです。

残業したいのにできない時の3つの対処法

残業したいのにできない時の3つの対処法

残業したいのにできない時は、下記の対処法を試してください。

  1. 生活にかかってるコストを下げる
  2. 副業する
  3. 転職する

 

それぞれ解説します。

①生活にかかってるコストを下げる

まずは、生活にかかってるコストを下げましょう。

生活コストを下げれば、余るお金が増えるから。

 

具体的な節約術は、例えば下記のとおり。

  • 格安SIMに乗り換える
  • 電力会社の見直し(賃貸OK)
  • 家賃を下げる

 

詳しくは、「給料が安すぎる!生活できない!」という人は転職した方が良いを参考にしてください。

これが、1番手っ取り早いお金の解決策です。

「給料が安すぎる!生活できない!」という人は転職した方が良い

②副業する

残業できないなら、副業するのも手です。

副業でお金を稼げばいいから。

 

ちなみに、副業するなら在宅でできる方が続けやすいですよ。

※出勤する系のバイトは体がきついので。

 

例えば、下記の3つとかオススメ。

  1. データ入力
  2. 動画編集
  3. Webライター

 

くわしく解説しますね。

①データ入力

データ入力は、エクセルなどにデータを入力する仕事です。

パソコンがあれば家でできます。

 

簡単な仕事なので、初めて副業する人なら取り組みやすいかと。

 

ただし、誰でもできる仕事だけに報酬は安いです。

毎日やっても、月収3万円くらいが限界かと。

 

ちなみに、お仕事をするときは、

 

などのクラウドソーシングサイトで、仕事を受けられます。

②動画編集

2つ目は、動画編集。

2020年以降は、企業もYoutubeに本格的に参入してくるので、動画編集者の需要が上がるから。

 

ちなみに僕も動画編集はやってますが、けっこう簡単ですよ。

iPhoneを使ってる人なら「iMovie」でも動画編集ができるので、興味あれば練習してみましょう。

 

僕も1ヶ月くらいで基礎ができたので、始めやすい副業だと思います。

 

初心者のうちは月収3~5万円くらい。

慣れてくれば、月収10万円以上も可能です。

 

こちらも、クラウドソーシングサイトで仕事を受けられます。

③Webライター

Webライターも良いですよ。

文章を書く仕事なので、始めやすいから。

 

初心者のうちは、空き時間でやって月収3~5万円くらい。

慣れてきたら、月収5~10万円くらい稼げます。

  • 通勤中にスマホで書く
  • 帰宅後にパソコンで書く
  • 休日にカフェで書く

 

とかで仕事が可能です。

 

こちらもクラウドソーシングサイトで、仕事をもらえます。

※ちなみに僕もWebライターですが、年収は750万円くらいです。

③転職する【プログラマーとかがおすすめ】

残業できないなら、残業できる会社に転職するのもアリ。

残業できる会社に転職すれば、残業代を稼げるから。

 

ちなみに、残業できるオススメの職種はプログラマーです。

未経験でもプログラマーに転職できますよ。

プログラマーは繁忙期に残業が多め

プログラマーはシステムとかサイトを作る仕事です。

納期があるので、納期近くで仕事がタイトだと、残業が多くなりやすいです。

 

割と堂々と残業できるし、IT企業は残業代が多いのでけっこう稼げますよ。

 

ちなみに、プログラマーの適性については、プログラマーに向いている人の23の特徴【無料スクールもアリ】にまとめてます。

 

興味あれば、あなたが向いてるか診断してみてください。

プログラマーに向いている人の23の特徴【無料スクールもアリ】

【ちなみに】プログラマーに興味あれば無料体験あり

ちなみに、テックアカデミーというITスクールでは、オンラインのプログラミング無料体験があります。

 

実際にプログラミングに触れてみるのが一番わかるので、興味あればどうぞ。

 

また、本格的に転職を考える人は、ウズウズカレッジというプログラミングスクールが良いかと。

 

無料でプログラミングの基礎を教えてくれて、優良IT企業に転職もできます。

一応、参考までに。

残業代をあてにした生活設計はリスク大【残業しないでも稼げる仕事をしよう】

残業代をあてにした生活設計はリスク大【残業しないでも稼げる仕事をしよう】

ただし、残業代をあてにした生活設計はリスクが大きいのでおすすめしません。

 

残業代は、あくまでもおまけだからです。

おまけをあてにして仕事をすると、いざって時にマジで生活できなくなりますよ。

働き方改革が残業したい人の生活を脅かした

まさに、働き方改革がいい例です。

残業代で生活費を稼いできた人が、働き方改革以降は残業を減らされました。

 

結果、普通の生活を送るのが困難になる人も。

世の中の流れ的に「残業=悪」みたいになってるので、今後はもっと残業しにくくなるかもしれません。

 

結論、残業代はあてにしない方がいいかと。

残業しないでも稼げる仕事を選ぼう

転職するなら、ベースの給料が高い仕事を選びましょう。

残業代が出なくても、生活ができるから。

 

例えば、先ほど紹介したプログラマーなど、IT系の職種はベースの給料が高いですよ。

 

IT業界は伸びてますからね(^^)

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】を参考にどうぞ。

 

また、IT以外にも給料が高い業界はあるので、転職を検討してみてください。

業界別の平均年収は、20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】にまとめてます。

20代の平均年収は359万円【給料が上がっていくのはIT業界】

【体験談】僕もIT業界に転職したら年収アップした

前述のとおり、僕の職業はWebライターでして、業界はITです。

 

以前は営業をやってたんですが、年収比較は下記のとおり。

  • 営業時代:年収600万円
  • Webライター:年収750万円

 

しかも、仕事はWebライターの方が楽です。

たぶん、IT業界が伸びてるから追い風を受けてるんだと感じてます。

 

てことで、年収アップしたい人はIT業界がおすすめです。

まとめ【残業したいのにできない人は他でお金の工面をすべし】

まとめ【残業したいのにできない人は他でお金の工面をすべし】

この記事をまとめます。

  • 残業したいのにできない時は3つの対処法を試してね
  • オススメの在宅でできる副業は3つ
  • 残業できる仕事に転職したいならプログラマーとかいいよ
  • ただし、残業代をあてにした生活はリスク大なのでやめた方がいい
  • 残業しないでも稼げる仕事を選べば問題なし

 

ということで、残業できないなら下記の3つのどれかを実行しましょう。

  1. 生活にかかってるコストを下げる
  2. 副業する
  3. 転職する

 

前述のとおり、転職するなら残業しやすいプログラマーあたりがいいですよ。

 

プログラミングのお試しは、テックアカデミーというITスクールのオンライン無料体験が気軽です。

 

本格的に転職したい人は、無料でプログラミングを学べて、優良IT企業に転職もできるウズウズカレッジが良いかと。

 

とはいえ、今後はさらに残業しにくくなるので、残業代がなくても生活できる仕事をするのがベストです。

 

早急に生活を立て直しましょう。

お役に立てばうれしいです!