車

デンソー(DENSO)の年収や給料、中途採用の転職、新卒の就職の評判などをご紹介します。

 

デンソーはトヨタ自動車の子会社で、自動車部品の研究開発や製造をしている大手企業です。

 

2009年には世界シェア第1位の自動車部品メーカーになりました。

 

また、デンソーはトヨタ自動車に次ぐ「海外勤務者が多い企業」としても有名です。

 

グローバルに活躍したい人にもおすすめの企業です。

 

ただし、デンソーは超大手企業で人気の就職先のため就職難易度は高いです。

 

この記事では、

  • デンソー(DENSO)の年収や給料
  • 会社概要・売上・強み
  • 中途採用の転職難易度
  • 新卒採用の就職難易度
  • 福利厚生
  • 評判や口コミ

などをご紹介します。

 

また、私の友人にデンソーの元社員の人がいるので、実際に生の声を聞いてきました!

私の友人の生の声も交えてご紹介します。

 

あなたの就職・転職の参考になればうれしいです(^^)

それではさっそく見ていきましょう!

目次

デンソーの平均年収

札束

デンソーの平均年収は812万円です。

参考:デンソー「有価証券報告書

 

製造業の中ではかなり高い年収です。

それでは、さらに詳しい年収情報を見ていきましょう。

近年の平均年収の推移

デンソーの近年の平均年収の推移をご紹介します。

2003年度 793万円
2004年度 814万円
2005年度 835万円
2006年度 845万円
2007年度 851万円
2008年度 804万円
2009年度 715万円
2010年度 767万円
2011年度 768万円
2012年度 780万円
2013年度 806万円
2014年度 846万円
2015年度 834万円
2016年度 828万円
2017年度 812万円

参考:デンソー「投資家情報/有価証券報告書

 

リーマンショックを機に一度平均年収が700万円台に下がっていますが、現在はすでにリーマンショック以前の平均年収に戻してきています。

 

海外展開しているといっても為替の影響はあるものです。

近年はリーマンショック後数年の円高を抜けているため、為替差損も減っています。

 

デンソーは今後も安定して稼ぐことができる安定企業です。

年齢別の平均年収・ボーナス・月給の推移

デンソーの年齢別の平均年収・ボーナス・月給の推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 20万円 47万円 287万円
25~29歳 23万円 75万円 355万円
30~34歳 27万円 101万円 424万円
35~39歳 30万円 123万円 488万円
40~44歳 33万円 140万円 530万円
45~49歳 35万円 167万円 593万円
50~54歳 39万円 197万円 661万円
55~59歳 39万円 207万円 671万円
60~64歳 21万円 91万円 346万円
65~69歳 18万円 24万円 246万円

※本記事の給料データは厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考にしているため実数値と異なる可能性があります。あくまでも参考値としてください。

 

デンソーは基本的には年功序列ですが、近年は成果報酬の制度も出てきています。

 

給料はグレード制度があり、グレードによって給料が変わります。

年齢別の手取りの平均年収・月給・ボーナスの推移

上記の年齢別の平均年収・月給・ボーナスから所得税・住民税・社会保険料を引いた手取りの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 16万円 37万円 223万円
25~29歳 18万円 58万円 274万円
30~34歳 22万円 81万円 341万円
35~39歳 24万円 98万円 388万円
40~44歳 25万円 109万円 414万円
45~49歳 27万円 129万円 456万円
50~54歳 30万円 152万円 510万円
55~59歳 28万円 150万円 488万円
60~64歳 17万円 72万円 272万円
65~69歳 15万円 20万円 197万円

※30代前半で結婚して子供が2人いる想定で計算していますが、家族構成や各種控除、お住いの都道府県によって数値は変わります。あくまでも参考値としてください。

修士了の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの修士了の年齢別の平均年収・月給・ボーナス(額面)の推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 25万円 150万円 450万円
25~29歳 28万円 165万円 501万円
30~34歳 33万円 180万円 576万円
35~39歳 40万円 200万円 680万円
40~44歳 43万円 226万円 746万円
45~49歳 47万円 268万円 834万円
50~54歳 52万円 313万円 936万円
55~59歳 55万円 351万円 1005万円
60~64歳 32万円 97万円 476万円
65~69歳 33万円 54万円 445万円

ちなみに、修士了の1年目のボーナスは夏10万円・冬40万円くらいです。

2年目のボーナスは夏70万円・冬70万円くらいです。

※私の友人のデンソーの元社員に聞きました(^^)

大卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの大卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 23万円 120万円 396万円
25~29歳 25万円 135万円 435万円
30~34歳 30万円 150万円 510万円
35~39歳 36万円 167万円 598万円
40~44歳 39万円 204万円 674万円
45~49歳 43万円 242万円 753万円
50~54歳 47万円 283万円 846万円
55~59歳 49万円 317万円 908万円
60~64歳 29万円 87万円 430万円
65~69歳 29万円 49万円 402万円

製造人材・生産関係職(大卒)の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの製造人材・生産関係職(大卒)の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 19万円 27万円 256万円
25~29歳 23万円 76万円 354万円
30~34歳 28万円 117万円 453万円
35~39歳 33万円 155万円 554万円
40~44歳 36万円 189万円 625万円
45~49歳 40万円 224万円 699万円
50~54歳 43万円 262万円 784万円
55~59歳 46万円 294万円 842万円
60~64歳 26万円 81万円 399万円
65~69歳 27万円 46万円 373万円

高専卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの高専卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 21万円 29万円 276万円
25~29歳 25万円 77万円 376万円
30~34歳 28万円 92万円 430万円
35~39歳 32万円 130万円 518万円
40~44歳 35万円 128万円 543万円
45~49歳 39万円 186万円 656万円
50~54歳 40万円 197万円 681万円
55~59歳 39万円 205万円 675万円
60~64歳 31万円 226万円 593万円
65~69歳 29万円 197万円 541万円

短大卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの短大卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 17万円 24万円 228万円
25~29歳 21万円 64万円 310万円
30~34歳 23万円 76万円 355万円
35~39歳 27万円 107万円 428万円
40~44歳 29万円 105万円 448万円
45~49歳 32万円 153万円 541万円
50~54歳 33万円 162万円 562万円
55~59歳 32万円 170万円 557万円
60~64歳 25万円 187万円 489万円
65~69歳 24万円 163万円 447万円

製造関係職・技能職(高卒)の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの製造関係職・技能職(高卒)の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 17万円 46万円 248万円
25~29歳 19万円 61万円 291万円
30~34歳 22万円 75万円 333万円
35~39歳 24万円 87万円 371万円
40~44歳 26万円 99万円 406万円
45~49歳 28万円 116万円 447万円
50~54歳 30万円 143万円 508万円
55~59歳 30万円 149万円 510万円
60~64歳 17万円 72万円 270万円
65~69歳 13万円 9万円 162万円

高卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの高卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 16万円 43万円 237万円
25~29歳 18万円 58万円 278万円
30~34歳 21万円 72万円 319万円
35~39歳 23万円 83万円 355万円
40~44歳 24万円 95万円 388万円
45~49歳 26万円 111万円 427万円
50~54歳 29万円 137万円 485万円
55~59歳 29万円 142万円 487万円
60~64歳 16万円 69万円 258万円
65~69歳 12万円 8万円 154万円

期間工の勤続年数別の平均年収・月給・手当の推移

デンソーの期間工の勤続年数別の平均年収・月給・手当の推移をご紹介します。

年数 月給 手当 年収
1年目 31万円 54万円 424万円
2年目 31万円 70万円 442万円
3年目 31万円 194万円 566万円

男性社員の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの男性社員の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 20万円 49万円 289万円
25~29歳 23万円 75万円 353万円
30~34歳 27万円 102万円 428万円
35~39歳 31万円 124万円 492万円
40~44歳 33万円 140万円 534万円
45~49歳 36万円 168万円 598万円
50~54歳 39万円 200万円 668万円
55~59歳 39万円 207万円 671万円
60~64歳 21万円 92万円 347万円
65~69歳 18万円 24万円 243万円

女性社員の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

デンソーの女性社員の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 20万円 38万円 278万円
25~29歳 23万円 63万円 339万円
30~34歳 23万円 82万円 355万円
35~39歳 26万円 105万円 411万円
40~44歳 28万円 127万円 458万円
45~49歳 28万円 136万円 473万円
50~54歳 26万円 120万円 437万円
55~59歳 29万円 143万円 492万円
60~64歳 15万円 47万円 221万円
65~69歳 11万円 31万円 163万円

役職別の平均年収・月給・ボーナス

デンソーの役職別の平均年収・月給・ボーナスをご紹介します。

役職 月給 年間ボーナス 年収
職長級 34万円 138万円 544万円
係長級 35万円 155万円 579万円
課長級 41万円 220万円 708万円
部長級 50万円 274万円 872万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考にしているため、実際の役職名と異なる場合があります。

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

 

ちなみに、大卒であれば35歳くらいまでに係長までは昇格できます。

課長以上の役職は実力が必要で、誰もが昇格できるわけではありません。

 

役職者になると残業代がなくなりますが、高い年収を稼ぐことはできます。

 

昇格には語学力も必要で、TOEIC600点以上が必要です。

さすがグローバル企業という感じですね。

デンソーの生涯賃金

上記の給料データから計算すると、デンソーの生涯賃金は約2億3000万円です。

製造業の中ではかなり高い生涯賃金です。

 

デンソーは終身雇用のため、就職できれば安定して働くことができます。

デンソーの年収事例

デンソーで実際に働いている人たちの年収事例をご紹介します。

就職・転職の参考にしてください(^^)

管理職の年収事例

  • 新卒男性5年目・係長:年収820万円
  • 新卒男性10年目・係長:年収1200万円
  • 新卒男性16年目・係長:年収880万円
  • 新卒男性20年目・係長:年収820万円
  • 新卒男性21年目・係長:年収1000万円
  • 新卒男性23年目・次長:年収1600万円
  • 中途採用男性2年目:年収680万円
  • 中途採用男性13年目:年収1200万円
  • 中途採用男性20年目・係長:年収1250万円

技術職の年収事例

  • 新卒男性2年目:年収450万円
  • 新卒男性3年目:年収680万円
  • 新卒男性5年目:年収620万円
  • 新卒女性5年目:年収600万円
  • 新卒男性7年目:年収640万円
  • 新卒男性10年目:年収780万円
  • 新卒男性12年目:年収820万円
  • 新卒男性15年目:年収1150万円
  • 中途採用男性1年目:年収420万円
  • 中途採用女性1年目:年収475万円
  • 中途採用男性2年目:年収830万円
  • 中途採用男性3年目:年収550万円
  • 中途採用男性11年目:年収1200万円

営業職の年収事例

  • 新卒男性1年目:年収460万円
  • 新卒男性2年目:年収500万円
  • 新卒男性3年目:年収580万円
  • 新卒女性6年目:年収620万円
  • 新卒男性8年目:年収850万円
  • 新卒男性15年目:年収870万円

総合職の年収事例

  • 新卒女性1年目:年収220万円
  • 新卒男性1年目:年収450万円
  • 新卒男性2年目:年収520万円
  • 新卒男性3年目:年収590万円
  • 新卒男性4年目:年収490万円
  • 新卒男性5年目:年収630万円
  • 新卒男性8年目:年収710万円
  • 新卒男性10年目:年収630万円
  • 新卒男性14年目:年収800万円

デンソーのライバル企業との年収比較

デンソーの類似する企業との平均年収を比較してみました。

  • デンソー:812万円
  • トヨタ自動車:831万円
  • シマノ:826万円
  • 日産自動車:818万円
  • 本田技研工業:808万円
  • 豊田自動織機:795万円
  • いすゞ自動車:749万円
  • 小松製作所:738万円
  • アイシン精機:733万円
  • トヨタ紡織:717万円
  • 川崎重工業:706万円
  • テイ・エステック:693万円
  • マツダ:680万円
  • トヨタ車体:670万円

いかにデンソーの平均年収が高いがわかりますね。

 

デンソーは製造業でもトップくらいの年収です。

 

ちなみに、「転職して給料を上げたい!」という人は、

転職で給料が上がるケース8選【特に20代後半は上がりやすい】も読んでみてください(^^)

転職で給料が上がるケース8選【特に20代後半は上がりやすい】

昇給・ボーナス・諸手当

デンソーの昇給は4月に年1回です。

昇給金額は約7000円/年で、3年ごとに等級が上がります。

 

等級ごとの給料は社内で公開されていて、ボーナス前に等級ごとの金額の一覧表が社員に配布されます。

 

ボーナスは7月と12月の年2回で、平均ボーナス金額は195万円です。

ボーナスは会社の業績と連動しているため、業績が良い年はボーナスも多くなります。

 

諸手当は、

  • 家族手当
  • 役職手当
  • 資格手当
  • 時間外勤務手当
  • 生産手当:3万円/月
  • 交替勤務手当
  • 深夜作業手当
  • 通勤交通費

などがあります。

デンソーの会社概要

デンソーの会社概要

デンソーはトヨタ自動車の子会社で自動車部品の研究開発や製造をしている大手企業です。

 

以前はトヨタ自動車の開発部門でしたが、1949年に別会社として独立しています。

 

現在はトヨタ自動車に限らず世界中の自動車メーカーに自動車部品を造っています。

 

グローバル展開も進んでいて、

  • 北米
  • ヨーロッパ
  • アジア
  • 南米

にも多くの拠点をもっています。

 

デンソーの会社概要は、

  • 設立:1949年12月16日
  • 本社所在地:愛知県刈谷市昭和町1-1
  • 資本金:1875億円

となっています。

参考:デンソー「会社概要

事業内容や強み

デンソーの事業内容は大きく分けると、

  1. 自動車関連分野
  2. 生活関連機器分野
  3. 産業機器分野
  4. 新事業分野

があります。

参考:デンソー「事業分野

 

デンソーは自動車部品開発の技術を活かして他分野にも進出しています。

それぞれの事業についてご紹介します。

自動車関連分野

①自動車関連分野では、

  • エンジンの設計・開発
  • ハイブリッド車や電気自動車の部品製造
  • 半導体センサーなどのコンピュータ開発
  • カーナビ、ETCなどのITS製品
  • 車載用プラズマクラスターイオン発生機
  • 自動運転システム

などが行われています。

 

デンソーの自動運転技術は、

  • 車線変更を行う技術
  • 人や障害物を検知してブレーキをかける技術

が特に優れており、自動車メーカーに取り入れられています。

生活関連機器分野

デンソーの生活関連機器分野では、

  • エコキュート
  • ヒートポンプ
  • リチウムイオン

などがあります。

 

一般住宅の生活関連機器の研究開発・製造もしているのは意外ですよね(^^)

産業機器分野

デンソーの産業機器分野では、

  • 産業ロボット
  • バーコード・QRコード・ICカードの自動読み取り機

などを行っています。

 

自動車部品開発の技術は産業用機器にも活かせるものが多く、今後も産業機器分野は拡大していくでしょう。

新事業分野

デンソーの新事業分野では、

  • HEMS・蓄電池・充放電スタンドなど
  • 農業
  • バイオ
  • セキュリティ
  • ヘルスケア
  • ドローン開発

などがあります。

 

もはやデンソーは「自動車部品メーカー」とは言い切れず、どんどん新しい分野に挑戦しています。

 

もちろん、今までの自動車部品開発のノウハウが活かされているのですが、貪欲に研究開発を進めるデンソースピリットの賜物といえるでしょう。

スポーツも積極的

デンソーといえばスポーツも積極的ですね。

  • バレーボール
  • バスケットボール
  • ソフトボール
  • 陸上
  • 卓球
  • ボート
  • アイスホッケー
  • アルペンスキー
  • アーチェリー

などで実業団チームや選手との契約があります。

 

スポーツ振興に積極的な企業として有名です(^^)

参考:デンソー「チーム・アスリート

売上・業績

デンソーの近年の売上・業績の推移を見てみましょう。

年度 売上収益 営業利益 当期利益
2013年 4兆949億6000万円 3714億4000万円 2950億5600万円
2014年 4兆3097億8700万円 3313億7600万円 2767億900万円
2015年 4兆5245億2200万円 3157億2800万円 2605億6500万円
2016年 4兆5271億4800万円 3305億5100万円 2738億9500万円
2017年 5兆1082億9100万円 4126億7600万円 3434億4400万円

ちなみに、グローバル展開しているデンソーの世界の地域別の売上は、

  1. 日本:2兆1407億2900万円
  2. アジア:1兆1460億3700万円
  3. 北米:1兆1228億4700万円
  4. 欧州:6201億9300万円

となっています。

 

海外では北米を追い抜いてアジア市場が大きいことがわかりますね。

 

大卒の総合職は海外転勤の可能性もあるため、アジア・北米・ヨーロッパなどの地域で働けるチャンスもあります。

参考:デンソー「投資家情報/有価証券報告書

 

ちなみに、「優良企業の見分け方を知りたい!」という人は、

優良企業の見分け方14選【採用されるコツも紹介】にまとめているので、読んでみてください(^^)

優良企業の見分け方14選【採用されるコツも紹介】

企業理念

デンソーの企業理念をご紹介します。

デンソー基本理念

私たちは「デンソー基本理念」を行動の指針とし、世界中の人々から信頼され、期待される企業であり続けます。

 

会社の使命

世界と未来をみつめ

新しい価値の創造を通じて

人々の幸福に貢献する

 

経営の方針

  1. 魅力ある製品で お客様に満足を提供する
  2. 変化を先取りし 世界の市場で発展する
  3. 自然を大切にし 社会と共生する
  4. 個性を尊重し 活力ある企業をつくる

社員の行動

  1. 大きく発想し 着実に実行する
  2. 互いに協力し 明日に挑戦する
  3. 自己を磨き 信頼に応える

引用元:デンソー「デンソー基本理念

デンソーの採用試験を受けるのであれば企業理念は必ず覚えておきましょう。

採用面接で聞かれる可能性もあります。

従業員数・平均年齢・平均勤続年数

デンソーの近年の従業員数・平均年齢・平均勤続年数の推移をご紹介します。

年度 従業員数 平均年齢 平均勤続年数
2003年 33362名 38.8歳 19.4年
2004年 33310名 39.4歳 20年
2005年 33621名 39.9歳 20.3年
2006年 34090名 40.2歳 20.5年
2007年 35557名 40.2歳 20.3年
2008年 36768名 40.2歳 20.2年
2009年 38597名 40.2歳 20.2年
2010年 38318名 40.4歳 20.4年
2011年 38323名 41.3歳 21年
2012年 38385名 41.6歳 21.3年
2013年 38581名 42.2歳 21.6年
2014年 38493名 42.7歳 22.1年
2015年 38489名 43歳 22.4年
2016年 38914名 43.4歳 22.6年
2017年 39315名 43.4歳 22.6年

参考:デンソー「投資家情報/有価証券報告書

従業員数・平均年齢・平均従業員数は順調に伸びています。

 

ちなみに男女別の平均年齢と平均勤続年数もご紹介します。

平均年齢 平均勤続年数
男性 42.1歳 21.8年
女性 35.9歳 15.8年

残業やワークライフバランス

デンソーの月の平均の残業時間は25.8時間です。

過度な残業はないようですね。

 

ワークライフバランスを保つための施策としては、

  • ノー残業デー(週1日)
  • モーニングシフト(早出早帰り)
  • 20時以降の残業禁止
  • 月40時間以上の残業禁止
  • フレックス制

などがあります。

 

デンソーは労働組合が強く、残業時間は厳しく管理されています。

※ただし、その分効率よく仕事をしなければいけません。

 

残業代は15分単位でしっかり支給されます。

 

もしサービス残業があった場合は労働組合から部署単位で罰則があるほど厳しいです。

サービス残業をさせない企業です。

 

休日出勤は少なく、あるとしても数日前に告知されるのでプライベートとのバランスはとりやすいです。

 

年間の平均有給休暇取得日数は16.8日となっているので、有給休暇も取得しやすいです。

※有給休暇を取得していない人は強制的に有給休暇を取らなければいけません。

 

10連休が1年に3回くらいあるので、長期の旅行も行きやすいです。

デンソーの離職率

デンソーの離職率は0.9%しかありません。

3年後離職率もわずか2.6%です。

 

デンソーは終身雇用で安定して働ける超優良企業のため、離職率も低くなっています。

 

ちなみに、ブラック企業かどうかを測るには離職率がいちばんわかりやすいです。

 

デンソーはホワイト企業といえるでしょう。

デンソーの中途採用の転職難易度

転職

デンソーの中途採用の転職難易度は高いです。

 

デンソーは中途採用を積極的に行っていますが、自動車部品の世界シェア1位の企業は応募者が殺到するため、どうしても採用倍率が高くなります。

 

高い技術力や実務経験がないとデンソーの中途採用(キャリア採用)には転職できません。

 

また、中途採用でも学歴をみられる可能性もあります。

中途採用(キャリア採用)の募集職種

デンソーのキャリア採用は技術系職種と事務系職種に分かれています。

 

技術系の募集職種は、

  • 生産技術
  • 基礎研究・要素技術開発
  • 回路設計
  • 制御ソフト設計
  • ソフトウェア開発
  • 機械・機構設計
  • 材料開発
  • 半導体開発
  • センサー開発
  • 光学設計
  • 品質保証
  • サービスエンジニア

などがあります。

いずれも前職までの優れた実務経験・スキル・資格・語学力などが必要です。

 

事務系の応募職種は、

  • 営業
  • 商品企画
  • マーケティング
  • 一般事務

などがあります。

 

デンソーは終身雇用の超安定企業ですので、事務系職種の中途採用倍率はかなり高いです。

かなりのスキル・実務経験・資格・語学力があって、運もないと採用されないでしょう。

 

中途採用は難関といえます。

参考:デンソー「キャリア採用 応募職種一覧

中途採用の給料

デンソーの中途採用の給料は、月給206,000円以上で、前職の経験や年齢で決まります。

 

ただし、中途採用でも学歴による初任給の差はあります。

目安は、

  • 高専卒:月給176,000円
  • 大卒・高専卒(専攻科):月給206,000円
  • 修士了:月給228,000円
  • 博士卒:月給262,000円

となっています。

参考:デンソー「キャリア採用 募集要項

デンソーの期間工の採用情報

エンジン

デンソーでは自動車部品組み立てをする「期間工」の採用もしています。

 

期間工採用については、『デンソーの期間工の給料や面接で聞かれること!正社員登用はある?』を読んでみてください。

デンソーの期間工の給料や面接で聞かれること!正社員登用はある?

デンソーの新卒の就職難易度

デンソーの新卒の就職難易度

デンソーは世界シェアNo.1の自動車部品メーカーであり、給料も高く終身雇用のため大変人気の就職先です。

 

毎年応募者が殺到するため、就職難易度はとても高いです。

 

デンソーの新卒の就職難易度を、

  • 採用人数
  • 採用大学

の観点から解説します。

採用人数からみる就職難易度

デンソーの例年の新卒の採用人数は約400名です。

 

採用人数は多い方ですが、文系と理系で採用人数が大きく違います。

  • 文系:70~80名採用
  • 理系:350名くらい採用

となっており、理系の採用人数が圧倒的に多いです。

 

製造業ですので理系の採用が多いのは当然ですね。

採用大学からみる就職難易度

デンソーの新卒の採用大学をご紹介します。

  • 東京大学
  • 明治大学
  • 慶応義塾大学
  • 早稲田大学
  • 同志社大学
  • 青山学院大学
  • 名古屋大学
  • 中京大学
  • 愛知大学
  • 関西大学
  • 大阪大学
  • 関西学院大学
  • 立命館大学
  • 京都大学
  • 上智大学
  • 中央大学
  • 立教大学
  • 一橋大学
  • ICU
  • 東京理科大学
  • 神戸大学
  • 筑波大学
  • 豊田工業大学
  • 千葉大学
  • 芝浦工業大学
  • 東京工業大学
  • 九州工業大学
  • 愛知工業大学

などです。

 

有名大学や工業系大学が名を連ねます。

多少の学歴フィルターはあると思われるため、採用大学から見る就職難易度は高いです。

新卒の募集職種・応募資格・初任給

新卒の募集職種は、

  1. モビリティソフトエンジニアコース
  2. モノづくりエンジニアコース
  3. ポテンシャルコース(技術系)
  4. セールス&マーケティングコース
  5. ポテンシャルコース(事務系)
  6. 実務職
  7. 製造人材(生産関係職)
  8. 生産関係職(技能職)

があります。

 

ちなみに、

  1. モビリティソフトエンジニアコース
  2. モノづくりエンジニアコース
  3. ポテンシャルコース(技術系)
  4. セールス&マーケティングコース
  5. ポテンシャルコース(事務系)

の応募資格は大卒以上です。

 

初任給は、

  • 修士了:月給228,000円
  • 大卒:月給206,000円

です。

 

⑥実務職の応募資格は、

  • 大卒
  • 短大卒
  • 高卒(ただし指定校求人)

です。

 

初任給は、

  • 大卒:月給186,000円
  • 短大卒:月給166,000円
  • 高卒:月給161,000円

となっています。

 

⑦製造人材(生産関係職)の応募資格は理系の大卒以上です。

初任給は月給191,000円です。

 

⑧生産関係職(技能職)は指定校求人の高卒採用です。

初任給は月給168,500円です。

参考:デンソー「新卒採用 採用情報について」「デンソー技能職高卒者採用ホームページ 募集要項

新卒のインターンシップ

デンソーの新卒のインターンシップの内容は、

  • 技術系:業務体験(8月末~9月中旬で2~3週間)
  • 事務系:プロジェクト体験(2.6.8.9.10.11.12月)

です。

 

技術系の参加人数は100名くらい、事務系は25名くらいです。

参考:デンソー「インターンシップ情報

新卒の選考フロー

新卒の選考フローは、

  1. エントリーシート提出
  2. 筆記試験(適性検査・学力試験・小論文)
  3. 面接(複数回)
  4. 内々定

となっています。

 

①エントリーシートの内容は、

  1. 今までにチャレンジしたこと
  2. 大学で取り組んでいる研究内容(技術系)

です。

 

②の筆記試験にはSPI3やSPI性格があります。

 

また、学生によってはリクルーターがつき、採用面接の前にリクルーター面談があります。

新卒の面接で聞かれることと求める人材

デンソーの新卒の採用面接で聞かれる可能性のあることは、

  • 志望動機
  • 過去に目標を立てて達成したことは?
  • 語学力について(TOEICの点数など)
  • 学生時代に取り組んだこと
  • 大学での研究内容(理系)
  • 他社の選考状況

などです。

 

理系は大学での研究内容のプレゼンがメインなので、プレゼンの練習をしておきましょう。

 

デンソーが求める人材は、

  • 高い目標にチャレンジできる人
  • 学び続ける人
  • 柔軟な発想の持ち主
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 語学力がある人
  • モノづくりが好きな人

などです。

 

デンソーが求める人材を理解して面接にのぞみましょう。

参考:デンソー「デンソーが求める人材像

 

ちなみに、あなたがデンソーに向いてるかも大事ですが、あなた自身が向いてる仕事も知っておきましょう。

自己分析になるし、もしかしたら天職を見逃してるかもしれないからです。

 

考える男性

んー、自分に向いてる仕事って何だろう?

という人は、向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】を読んでみてください。

 

タイプ別に向いてる仕事をまとめているので、あなたに向いてる仕事がすぐにわかります。

天職、見つけてくださいね(^^)

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】

福利厚生

福利厚生

デンソーの福利厚生は、

  • 各種保険:雇用・労災・健康・厚生年金
  • 選択型福利厚生制度(デンソーカフェテリアプラン):年間7万円分
  • 住宅資金貸付
  • 車両購入資金貸付制度
  • 財形貯蓄
  • 持ち株制度
  • 独身寮(家賃6000円~23000円)
  • 社宅
  • 保養所
  • 研修センター
  • 各種文化・体育施設の利用
  • 保育施設利用
  • 教育補助
  • 退職金制度

などがあります。

 

デンソーでは独自の健康保険組合をもっていて、一般の健康保険より良いサービスを受けられます。

参考:デンソー健康保険組合

 

カフェテリアプランは年間7万円の枠内で、

  • 旅行積立
  • 昼食補助
  • 自社株買い補助
  • ホテルの優待
  • コンサートの優待

などを選択できます。

 

教育補助では東京ディズニーランドチケットの割引制度もあります。

子育てをしやすい福利厚生も充実しています。

 

独身寮はいくつかタイプがあり、

  • 築50年くらいで4~5畳の寮:家賃は月9000円くらい
  • 築10年くらいで8畳の寮:家賃20000円くらい

です。

休日・休暇

休暇

デンソーの休日は週休2日制で、基本は土日休みです。

※祝日は休みとは限りません。

 

休暇は、

  • GW休暇(10日くらい)
  • 夏季休暇(10日くらい)
  • 年末年始休暇(10日くらい)
  • 有給休暇(20日)
  • 産前産後休暇
  • 育児休暇(3年取得可能で分割取得も可能)
  • 特別休暇

などがあります。

 

産休育休はほぼ100%取得です。

 

ちなみに、年間休日は約121日です。

デンソーの評判・口コミ

クチコミ

デンソーの評判や口コミをご紹介します。

実際にデンソーで働いている人たちの声をまとめました。

 

私の友人のデンソーの元社員の実話も書きました。

就職・転職の参考にしてください(^^)

 

※さらに細かい評判・口コミは転職会議でわかります。

大きな仕事に携われることがやりがい

会社の規模が大きいため、携わる仕事の規模も非常に大きいです。

 

日本だけでなく世界中に拠点があり、学べることが多いという声もありました(^^)

 

他の企業よりもグローバルな視点でダイナミックな経験を積むことで成長できそうです。

高い技術力を持っている

デンソーの技術力は高く、世界中で信頼されています。

 

安全と品質に徹底的にこだわり、仕事に誇りを持って働いています。

 

社員はまじめで優秀な人が多く、切磋琢磨しながら良い製品をつくる努力しているのですね(^^)

チームワークを大切にする文化

ものづくりの仕事なのでチームワークを大切にしています。

そのため仲間意識が強く、全体的に優しい人が多いという声がありました(^^)

 

社内の風通しは比較的良く、自由に意見を言い合える環境となっているようです。

人材育成に力を入れている

新卒・中途採用関係なく、デンソーは人材育成に力を入れています。

 

スキルアップするための講座もおこなわれているので、向上心のある人はどんどん勉強することができます。

 

ジョブローテーションもあり広い分野でスキルアップすることもできます。

女性の働きやすさは?

製造業のため女性は少ないですが、産休や育休などの制度が整っていて女性も働きやすい環境となっています。

 

残業もほとんどないので、家庭と仕事を両立したい女性も仕事を続けやすいという声がありました(*^^*)

 

託児所があったり在宅勤務も可能なので、子どもが小さい人も無理なく働くことができそうですね!

 

また、デンソーは労働組合が強くセクハラなどのコンプライアンスにはかなり厳しいです。

ブラックでも激務でもない

デンソーはブラック企業ではなく超ホワイト企業です。

  • 離職率が0.9%しかない
  • 20時以降の残業禁止
  • サービス残業はない
  • 労働組合が強く残業管理や休日管理に厳しい
  • 従業員数・平均年齢・平均勤続年数が伸びている

という点から、日本を代表するホワイト企業といえるでしょう。

 

もちろん忙しくて休日出勤になるときもありますが、代休があったり休日出勤手当がつくなど待遇はかなり良いです。

 

20時以降の残業禁止やノー残業デーもあるため、激務でもありません。

 

ちなみに、ホワイト企業の見分け方を知りたい人は、

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】

を読んでみてください。

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】

若手も声をあげられる

社内に学閥は少なく、若手でも意見を言える社風です。

やる気のある人は自分から行動できる環境のようですね。

 

やりたい仕事にチャレンジさせてくれることもあるため、チャンスは多そうです。

 

また、業務の改善提案を出すことができて、採用されると報奨金も支給されます。

優しい人が多い

部署をとわず優しい社員が多いのが特徴です。

上司も基本的には優しい人が多く、穏やかな印象です。

 

風通しも良さそうです。

モノづくりの情熱をもっている人が多い

デンソーの根底に流れているのはモノづくり魂です。

 

技術職の人はモノづくりの情熱をもっている人が多いです。

 

難しい問題に挑戦し続ける姿は、エンジニアの鏡といえるでしょう。

研究開発に貪欲で、常に新しいものを開発しようとする姿勢があります。

 

優秀な人材も多く、お互いに切磋琢磨しています。

社員を大切にする会社

福利厚生や人材育成、休暇制度や労働組合などからを大切にする会社だとわかります。

 

この時代に終身雇用を貫いているのも社員にとってはありがたいですね。

東海出身者はけっこう多い

東海地区の人材をわざと積極的に採用しているわけではないと思いますが、東海地区出身者は多いです。

 

グローバル企業でありながら地元に根付いた企業でもあります。

トヨタとのパイプは太い

親会社であるトヨタ自動車とのパイプは太いです。

トヨタの後ろ盾がある以上、今後も安定しているでしょう。

 

やはりトヨタグループは世界を代表する企業ですね。

 

しかし、トヨタにおんぶにだっこではないのがデンソーの強みです。

 

事実、売上の半分以上はトヨタ以外からの仕事で成り立っています。

ワイガヤ制度

デンソーには「ワイガヤ制度」という月に一度あるかないかくらいのイベントがあります。

 

社員同士のコミュニケーションを図るのが目的です。

 

ときどきしかないのでプライベートは浸食されません。

 

社員同士が仲良くなって仕事が円滑になるきっかけになりそうですね(^^)

海外転勤もあり

部署にもよりますが海外転勤があります。

海外で数年働いてまた日本に戻ってこれます。

 

グローバルに活躍したい人には良いですね(^^)

研修・キャリアアップ

キャリアアップ

デンソーは人材育成に力を入れており、研修制度が充実しています。

 

基本はOJTなのですが、

  • 新入社員導入研修
  • 階層別教育
  • グローバル教育
  • 自己啓発プログラム

など、数多くの研修があります。

 

また、上司がコーチングフィードバックをしてくれて、長い期間をかけて人材育成している企業です。

参考:デンソー「人材育成について

デンソーの人事評価制度

デンソーの人事評価の特徴は、他の部署の課長以上の役職者が評価してくれることです。

 

直属の上司の評価だと客観性に欠けたり馴れ合いが発生するリスクがあるためです。

 

年度の始めに1年の目標を上司と設定して、年に2回上司と進捗状況を確認します。

 

年度末に目標を達成できたか、達成度合いを確認して5段階で評価されます。

 

ちなみに、評価は減点方式です。

 

年度末の評価で翌年度の給料やボーナスが決まります。

まとめ

自動車

デンソーの年収は自動車部品メーカーではトップクラス、自動車製造業界でもトップクラスです。

 

自動車部品シェア世界第1位であるだけでなく、他分野の事業も伸ばしている超優良企業です。

 

中途採用も積極的ですが応募者が殺到することや、豊富なスキルや語学力も必要であるため転職難易度は高いです。

 

新卒の就職難易度も高いです。

 

採用試験や面接の対策はしっかりしておきましょう。

 

あなたの就職・転職の参考になればうれしいです(^^)