公務員から民間に転職するのが難しい理由【転職しやすい業界・職種】

考える男性

公務員から民間への転職は、難しいって本当かな…?

 

安定を求めて公務員になったけど、仕事はクソつまらないし、給料は安い。

たしかに安定はしてるんだろうけど、潰しはきかないし、一生で稼げるお金も決まってる。

 

そんな人生は嫌だ。

民間に転職して、食いっぱぐれのないスキルを身につけて、もっとお金を稼ぎたい。

 

公務員を辞めるなんて親とかに反対されそうだけど、

やっぱり民間に転職したいんだよね。

 

どうしたら民間の良い会社に転職できるかな?

あと、どんな業界に転職するのがいいんだろう?

こういった悩みや疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 公務員から民間に転職するのが難しい理由【ビジネス経験がないから】
  • 公務員から民間に転職する方法【志望動機が命】
  • 公務員から転職しやすい民間の業界・職種【手に職がつく仕事限定】
  • 民間→フリーランスや起業で年収1000万円以上も可能

 

僕、佐藤誠一は元公務員です。

  • 21~22歳:公務員
  • 22~26歳:フリーター
  • 26~36歳:営業
  • 36歳~:フリーランスのWebライター(今ここ)

 

という経歴です。

 

結論、20代なら公務員から民間に転職できます。

まだ若いので。

僕も26歳で民間の会社に転職できました。

 

この記事では、公務員から民間への転職が難しいと言われる理由と、民間に転職する方法を解説します。

実際に民間に転職できた僕が書いたので、かなり信ぴょう性あるかと。

 

さらに、民間で経験を積んでフリーランスや起業する方法も解説します。

あなたの人生設計の参考になればうれしいです(^^)

公務員から民間に転職するのが難しい理由【ビジネス経験がないから】

公務員から民間に転職するのが難しい理由【ビジネス経験がないから】

ビジネス経験がないからです。

公務員は、非営利の仕事しかしてませんからね。

 

だから、

嫌な面接官

公務員にビジネスなんてできるのかな?

と面接官とかに思われてます。

 

だから公務員が民間に転職するのは、少し難易度が高いんです。

※「民間→民間の転職より不利」と言った方が正しいかも。

公務員→民間で違うビジネスの感覚

民間企業は、お金儲けをするために仕事します。

なので、下記のようなビジネスの感覚が必要。

  • 利益につながる行動
  • コストを削減する行動
  • 業務効率化
  • 創意工夫
  • 言われてなくても自発的に行動して利益を出す
  • 顧客満足度
  • 利益にならない人と関わらない行動

 

公務員にはない感覚もあるはず。

 

公務員→民間の転職が難しいと言われる理由は、上記を公務員の人が持ち合わせてないからです。

ぶっちゃけ20代前半なら問題なし【20代後半から注意】

正直、20代前半で公務員→民間の転職はかなり余裕です。

まだ若いので、柔軟に対応できるから。

 

僕も22歳で公務員を辞めてたので、あんまり問題なく転職できました。

 

問題は20代後半以降ですね。

仕事のクセもついてるでしょうから、うまくビジネスマンになれない人もいます。

 

実際、20代後半で民間に転職したけど、仕事に馴染めず辞める人もいますよ。

公務員から民間に転職する方法【志望動機が命】

公務員から民間に転職する方法【志望動機が命】

結論、志望動機が命だと思ってください。

面接で必ず、

嫌な面接官

なんで公務員を辞めて民間で仕事をしたいんですか?

と聞かれるからです。

 

面接官側が不思議がるのも無理ないですよね。

嫌な面接官

なんでわざわざ、安定を捨てて民間に転職するんだろう?

と疑問ですもん。

 

だから、民間に転職する志望動機は完璧にしておきましょう。

公務員から民間に転職する志望動機【スキルを身につけたいから】

考える男性

公務員から民間に転職する志望動機って、どんなのがいいの?

と疑問の人は、「スキルを身につけたいから」が良いですね。

事実、公務員では手に職がつかないから。

 

具体的に文章にすると、こんな感じですね(^^)

スーツの男性

残念ながら、公務員ではビジネススキルが身につきません。

これだけ不安定な時代に、唯一信頼できるのは自分のビジネススキルだと思います。

 

手に職がつけば、家族を守っていくこともできるでしょう。

ビジネススキルを身につけて、御社に貢献したいです。

もし面接官に、

嫌な面接官

じゃあ、なんで公務員になったの?

と突っ込まれたら、

スーツの男性

当時の私は「安定している」という理由だけで、公務員を選んでしまいました。

真剣に人生を考えていなかったと、今は反省しています。

 

真剣に考えた結果、今はビジネススキルを身につけることが大切だと思っています。

と答えればOK。

 

反省できて、前に進める人に見えます。

納得してくれる面接官も多いですよ(^^)

ビジネスに役立つ人材だとわかる自己PRも必要

志望動機と同じくらい大事なのが、自己PRですね。

 

面接官が一番不安なのは、

嫌な面接官

ビジネス経験がないこの人を採用して、どんなメリットがあるんだろう?

ってことだから。

 

結論、今までの自分の経験の中から、ビジネスに使えそうなネタを自己PRで伝えればOKです。

 

例えば、こんな感じです。

  • 学生時代に、販売のアルバイトで売上が高かった
  • 公務員時代に、電話対応をほめられた
  • SNSでフォロワーが多い→人脈の多さをアピール
  • プログラミングの勉強をしている
  • 英語ができる

 

などなど。

 

ビジネスをしたことがなくても、ビジネスに関連しそうなネタを伝えれば問題なしです。

志望動機・自己PR・面接の自信がないなら転職エージェントに相談

心配な男性

頭ではわかるけど、いざ自分で志望動機とか自己PRを作ろうとしても、なんかうまくいかない…

こんなんじゃ、面接でうまく話せるわけないよなぁ…

と不安な人は、転職エージェントに相談してください。

 

志望動機・自己PR・面接のサポートをしてくれるからです。

あなたが転職のプロになる必要はないので、プロに相談しちゃいましょう。

転職の相談が一番丁寧なのはウズウズ

ちなみに、志望動機・自己PR・面接のサポートが一番手厚いのは、ウズウズです。

 

ウズウズは、一般的な転職エージェントの約10倍の時間をかけて、キャリアカウンセリングをしてくれるからです。

 

つまり、相談が一番丁寧ということです。

応募企業ごとに、志望動機・自己PR・面接対策をサポートしてくれるので、就職成功率も高いですよ。

 

その証拠に、ウズウズに相談すると内定率は86%です。

ちなみに、内定率86%は転職エージェント業界の中でもトップクラス。

 

他の転職エージェントより丁寧に相談にのっているので、当然の結果です。

 

事実、これまで35000人以上の人が、ウズウズで転職に成功しています。

もちろん、公務員→民間の転職成功事例も豊富です。

 

ウズウズのデメリットは、エリアが限定されていることですね。

 

相談対象のエリアは、下記のとおり。

  • 関東
  • 名古屋
  • 関西
  • 福岡

 

つまり、都市圏しか対応していないことですね。

 

でも、ブラック企業を紹介しないなど、他のメリットもあります。

 

ようはウズウズは、あなたを公務員から引っ張り出してくれる転職エージェントと言えますね(^^)

 

ウズウズへの転職相談は無料なので、気軽に相談してみてください。

行かなくても、LINEやスカイプでの相談も可能です。

 

相談申し込みは、ウズウズのサイトから30秒で終わります。

 

ちなみに、実際にウズウズ(ウズキャリ)に相談した人たちの声を、

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめたので、評判が気になる人は読んでみてください(^^)

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

 

考える男性

まだ民間に転職するか決めたわけじゃないけど、

話だけ聞きたいな

という段階でも丁寧に対応してくれますよ。

 

無料なので、気が変わったら相談をやめればいいだけ。

民間への転職の情報収集もかねて、気軽にウズウズに相談してみてください(^^)

公務員から転職しやすい民間の業界・職種【手に職がつく仕事限定】

公務員から転職しやすい民間の業界・職種【手に職がつく仕事限定】

ちなみに、公務員から転職しやすい民間の業界・職種は、下記のとおり。

  1. IT業界
  2. 営業
  3. 建設の施工管理

 

上記3つは、手に職がつく仕事を厳選してます。

 

1つずつ解説しますね(^^)

①IT業界

IT業界は手に職がつくし、もっとも将来性があります。

  • AI
  • 5G
  • ドローン
  • 自動運転

 

など、今後も伸びていく要素が多い業界だからです。

 

幸い、未経験からでも転職できるので、公務員からでも転職できます。

 

僕も現在はWebライターをしており、広く言えばIT業界。

正直、他の業界より稼ぎやすいし、収入は安定してます。

※在宅で年収750万円くらい。

 

近年注目されているテレワークも多いので、時代に合った業界と言えますね。

 

IT業界についてくわしく知りたい人は、

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】を読んでみてください(^^)

 

かなり夢のある業界ですよ。

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

②営業

営業職も公務員から転職しやすいです。

常に人不足だから。

 

なんとなく想像できるかもですが、営業職は離職率が高いんです。

 

向いてる人には向いてるけど、向いてない人にはとことん向いてません。

不人気なのも、転職しやすい理由ですね。

 

でも、営業スキルがあれば一生食っていけます。

 

どの業界でも、営業は「人を相手にする」という点では一緒ですからね。

  • コミュニケーションに自信がある
  • 初対面の人とすぐに仲良くなれる
  • 人の話を聞くのが得意

 

という人は、営業職に向いてます(^^)

③建設の施工管理

施工管理とは「現場監督」のことです。

意外かもしれませんが、建設の現場監督も未経験から応募が可能。

 

もちろん公務員からの転職もしやすいです。

 

ただし、建設の現場監督は体力のある人限定ですね。

けっこう激務だから(^^;

 

建設が好きで、体力に自信がある人だったら、良い仕事です。

民間→フリーランスや起業で年収1000万円以上も可能

民間→フリーランスや起業で年収1000万円以上も可能

民間に転職できると、その先のキャリアとして、

  • フリーランス
  • 起業

 

などもあります。

 

ようは、会社に縛られることなく、あなたの自由が手に入る働き方です。

 

公務員からフリーランスや起業に行くのは、あまりにも非現実的。

まずは民間でビジネススキルを身につけてから、フリーランス・起業を目指すのが一般的です。

僕もフリーランスになって自由きままです

僕は36歳のときに、フリーランスのWebライターになりました。

民間でスキルを積んできたので、できたことですね。

 

僕の今の生活はこんな感じ。

  • 毎日、家でパジャマでパソコン作業
  • 好きな時間に起きて、好きな時間に寝る
  • 休みも自由
  • 誰にも管理されない
  • 通勤がない
  • めんどくさい飲み会とか付き合いがない
  • 年収750万円

 

冒頭でお伝えしたとおり僕も元公務員ですが、公務員時代と比べたら天国です。

 

民間に転職した後には、こういうライフスタイルに進んでいくことも可能です。

民間は副業でも稼げる

2018年頃から、世間では「副業解禁」が当たり前になりました。

大手企業でも副業を解禁していますよね。

 

なのに、公務員はいまだに副業禁止。

これでは一生で稼げるお金が増えません。

 

民間に転職すれば副業も可能。

年収を決めるのは、あなた自身ということです。

 

すごい人だと、

  • 会社の給料:月給40万円
  • 副業の収入:月収100万円

 

というケースもありますね。

 

例えば、民間企業に勤めながら、

  • ブログ運営
  • Youtuberとして活動
  • 教材を作ってネットで売る

 

など、副業の幅も広がっています。

 

お金を稼ぎたい人は、民間に転職した方がいいですよ(^^)

まとめ【公務員から民間への転職は難しいけど、コツをつかめばOK】

まとめ【公務員から民間への転職は難しいけど、コツをつかめばOK】

この記事をまとめます。

  • 公務員から民間への転職が難しいのは、ビジネス経験がないから
  • 公務員から民間に転職するには、志望動機が命
  • 志望動機・自己PR・面接の自信がないなら、ウズウズに相談する
  • 公務員から転職しやすい民間は、IT業界・営業・建設の施工管理
  • 民間はフリーランスや起業で稼ぐ進路も手に入る

 

公務員から民間に転職したいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

記事の内容で、できることから行動してみましょう。

コツさえおさえれば、民間への転職はそんなに難しくありません。

 

ちなみに、公務員を辞める対策も考えておきましょう。

 

僕は、公務員を辞めるときに半年もかかりました(^^;

いわゆる「引き留め」ってやつですね。

 

辞めるときは、けっこう理不尽な目に遭う人も多いので、事前に対策を知っておきましょう。

 

詳しくは、公務員を辞めたい人は辞めて大丈夫【元公務員が語る11の理由】にまとめています。

 

親や彼女に反対されたときの対処法も書いたので、読んでおきましょう。

公務員を辞めたい人は辞めて大丈夫【元公務員が語る11の理由】

あなたの民間への転職の参考になればうれしいです(^^)