仕事を辞めてから転職先を探すのは不利【でも無理なら辞めてOK】

泣く男性

今の会社を辞めてから転職活動をするのは、不利なのかなぁ…?

 

仕事を続けながら転職活動をする方が有利なのはわかるけど、

本音は、今の仕事がキツすぎるので、辞めてから転職活動したい。

 

仕事を辞めてから転職活動すると、転職できないのかなぁ…?

ブラック企業とかにしか転職できなかったら、どうしよう…

こういった不安や悩みに答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 20代・第二新卒でも、仕事を辞めてから転職先を探すのは不利
  • 今の仕事がどうしても嫌なら、無理せず辞めてから転職活動してOK

 

僕、佐藤誠一は、このサイトや他の転職系ブログで、のべ3000人以上の転職相談に無料でのってきました。

 

けっこう多かった質問が、

泣く男性

仕事を辞めてから転職活動したいんですけど、転職できますか?

という質問。

 

結論、仕事を辞めてから転職活動するのは不利です。

 

ただし、仕事を辞めてから転職活動しても、まともな会社に転職できる方法はあるので、安心してください(^^)

 

僕がアドバイスして、仕事を辞めてからまともな会社に転職できた人もいます。

成果が出た方法を記事にまとめたので、信ぴょう性はあると思います。

 

仕事を辞めてから転職したいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

20代・第二新卒でも、仕事を辞めてから転職先を探すのは不利

20代・第二新卒でも、仕事を辞めてから転職先を探すのは不利

結論、20代や第二新卒でも、今の仕事を辞めてから転職先を探すのは不利です。

無計画だと思われるからです。

 

嫌な面接官

次の転職先も決まってないのに仕事を辞めるなんて、

感情的に行動する人なんでしょ?

と採用担当者に思われるので、不利なんです。

 

基本的には、今の仕事を続けながら転職活動をする方が、内定が出やすいです。

辞めてからor辞める前の転職活動のメリット・デメリット

仕事を辞めてから転職活動するのと、辞める前に転職活動するメリットデメリットを比較しましょう。

詳細は下記のとおりです。

辞める前に転職活動するメリット

  • 収入が途絶えない
  • 計画的な印象があり、採用されやすい
  • 不採用でも収入があるので、焦らない
  • ブランク期間ができないので、採用されやすい
  • 年金や社保の手続きが不要
  • 今の会社で再度がんばる選択肢もある

 

前述のとおり、計画的に行動できる印象があるので有利です。

もし転職活動が長引いても、資金に困ることがないのも強いですね。

辞める前に転職活動するデメリット

  • 転職活動の時間をとりにくい
  • 面接のスケジュールを合わせにくい
  • 面接を受けられず、不採用になる
  • 自己分析や企業分析の時間をとりにくい
  • スキルアップの時間をとりにくい
  • 今の仕事を続けるのが辛い
  • 引き留めに遭うと、内定取り消しになることもある
  • 入社時期のタイミングが合わないことがある
  • 同僚や上司に転職活動がバレないようにしないといけない

 

最大のデメリットは、転職活動の時間をとりにくいことですね。

企業の面接は平日昼間が多いので、勤務時間中の面接も多いです。

 

有給を使うなどして、スケジュールをやりくりするのはなかなか大変。

面接のスケジュールが合わず、チャンスを逃すこともあります。

辞めてから転職活動するメリット

  • じっくり転職活動できる
  • 面接のスケジュールを合わせやすい
  • 自己分析や企業分析の時間を取れる
  • 新しいスキルや資格を勉強できる
  • 失業保険を受け取れる
  • いつでも入社できる
  • 遠方の転職活動も可能

 

転職活動に集中できるのが、最大のメリットですね。

面接のスケジュールにも合わせやすいですし、緊急の面接も対応できます。

辞めてから転職活動するデメリット

  • 収入がなくなる
  • 最低3ヶ月分の生活費が必要
  • 内定がでないと焦る
  • 焦るとブラック企業につかまりやすい
  • ブランク期間が長くなるほど、印象が悪く不利
  • フリーター・ニートに転落しやすい
  • 年金や健康保険の手続きを自分でやらないといけない
  • 今の会社に戻る選択肢を失う

 

最大のデメリットは、転職活動が長引くこと。

資金に困るだけでなく、ブランク期間が長くなって印象が悪いです。

 

よくある失敗は、焦ってブラック企業に入社してしまうケース。

辞めてから転職活動するとどうしても焦るので、ブラック企業に入社する確率が高くなります。

辞めてからの期間が半年以上だと転職はかなり不利

退職してから半年以上も内定が取れないと、かなりヤバいです。

半年間ニートということですからね。

 

採用担当者も、

嫌な面接官

この人、何か問題があるんじゃないの?

と思って、書類選考すら通らなくなります。

 

何がなんでも、半年以内にケリをつける覚悟が必要。

 

でも、ブラック企業を選ばないように注意しないといけません。

長期間の集中力を維持するのも大変です。

 

ですが、安心してください(^^)

記事後半では、辞めてから転職活動して、まともな企業に転職する方法を解説します。

今の仕事がどうしても嫌なら、無理せず辞めてから転職活動してOK

今の仕事がどうしても嫌なら、無理せず辞めてから転職活動してOK

泣く男性

仕事を続けながら転職活動した方がいいのはわかるけど、

今の会社はマジでムリ…

 

1日でも早く辞めたい!

仕事を辞めてから転職活動しても、まともな会社に転職できる方法を知りたい!

という要望の答えます(^^)

 

下記を参考に転職活動してみてください。

【結論】内定率が高い転職エージェントに相談する

ぶっちゃけ、これが一番良いですね。

転職のプロに相談した方が、成功率が高いから。

 

そもそも、あなたが転職のプロになる必要はないので、プロの力を借りちゃいましょう。

 

内定率が高い転職エージェントに相談するなら、今の仕事を辞めてから転職活動してもOKです。

辞めてから、我流で転職活動するのは危険です。

第二新卒・20代の内定率が高い転職エージェントはウズウズ

第二新卒・20代の内定率が高い転職エージェントは、ウズウズです。

下記は、第二新卒に強い転職エージェントが公表している内定率の比較。

転職エージェント 内定率
ウズウズ 86%
ジェイック 81.1%
ハタラクティブ 78.9%
マイナビ20’s 80.4%
DYM就職 80.4%
ワークポート 80.1%

ウズウズが86と、一番高いですね。

 

辞めてから転職する人は、絶対に内定を獲得しないといけません。

なので、内定率が高いウズウズに転職の相談をしてください。

 

ウズウズの内定率が高い理由は、普通の転職エージェントと比べて、キャリアカウンセリングの時間が約10倍であること。

 

つまり、あなたの話をよーく聞いて、最適な会社を紹介してくれるということです。

 

応募企業ごとに、

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 面接

 

のサポートもしてくれるので、ようは丁寧なんですよね。

だから、内定率が高いです。

 

すでに35000人以上がウズウズで転職に成功しているので、実績も間違いないですよ。

 

想像してみてください。

あなたが今の地獄の会社から抜け出して、

楽しく働いている姿を。

 

それを叶えてくれるのが、ウズウズです(^^)

 

泣く男性

仕事を続けながら転職活動する方が有利なのはわかるけど、

今の会社がキツすぎるので、辞めてから転職活動したい!

というあなたに最適です。

 

しかも、ウズウズはブラック企業を紹介しません。

転職先の定着率は95%なので、ほとんどの人がウズウズから紹介された企業を辞めてません。

 

ブラック企業を紹介してたら95%はあり得ないので、安心ですよ。

 

そんなウズウズも、デメリットがあります。

デメリットは、都心部の転職しか対応していないこと。

 

ウズウズのサービスを受けられるのは、

  • 関東
  • 名古屋
  • 関西
  • 福岡

 

に限られます。

つまり、地方都市での転職は不向き。

 

でも、

  • 適職診断もしてくれる
  • 相談だけでもOK

 

などのメリットもあります。

 

ようはウズウズは、あなたを今の会社から助けて出してくれる転職エージェントと言えますね(^^)

 

ウズウズへの転職相談は、すべて無料です。

LINEやスカイプでも相談できるので、気軽に相談してみてください。

 

相談申し込みは、ウズウズのサイトから30秒で終わります。

 

ちなみに、ウズウズ(ウズキャリ)の評判を知りたい人は、

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】を読んでみてください。

 

実際に、ウズウズに相談した人たちの声をまとめてます。

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

良い求人ほど他の人にとられてしまうので、相談するなら早めに相談しましょう。

 

考える男性

まだウズウズで転職するかわからないけど、

話だけ聞きたい

という段階でも丁寧に対応してくれるので、気軽に相談してみてください。

 

なんせ無料なので、都合が変わったら相談をやめればいいだけです。

 

今の会社を辞めてから転職活動をしたいなら、情報収集もかねてウズウズに相談してみましょう(^^)

辞めてから転職活動を始めていい条件

今の仕事を辞めてから転職活動を始めた方がいい人の条件は、下記のとおり。

  • うつ病
  • いじめ・パワハラ
  • 暴力
  • 体調不良
  • 給与不払い
  • 会社が倒産しそう

 

上記の場合は、我慢する方が危険なので、先に退職しましょう。

 

ちなみに、仕事の辞め方は、

仕事を辞めたい理由12選【仕事のやめ方も解説します】にまとめたので、事前に読んでおきましょう。

仕事を辞めたい理由12選【仕事のやめ方も解説します】

失業保険【自己都合と会社都合の違い】

会社を辞めてから転職活動する場合、気になるのは失業保険。

失業保険には、下記の2つがあります。

  • 自己都合:自分の意思で辞めた場合
  • 会社都合:会社の事情で辞めた場合

 

簡単にいうと、失業保険のお金を受け取れるタイミングが違います。

  • 自己都合:退職の約3ヶ月後から
  • 会社都合:退職の当月から

 

あなたの意思で会社を辞める場合は、ほとんどが自己都合です。

 

なので、

  1. 無職期間の生活費+転職活動資金を用意する
  2. できるだけ早く転職する

 

の2つが重要です。

 

失業保険はすぐにもらえるわけじゃないので、知っておきましょう。

理想的には、失業保険を受け取る前に次の会社で働き始めるのが良いですね。

転職活動中の資金稼ぎはクラウドソーシングでOK

泣く男性

今の会社を辞めてから転職活動したいけど、貯金がない…

退職金もほとんどないし、どうやって資金を作ろう…

という人は、クラウドソーシングで仕事をしましょう。

 

クラウドソーシングとは、在宅の仕事を紹介してくれるサービスです。

 

具体的な仕事内容は、例えば、下記のとおり。

  • アンケート
  • Webライティング
  • 翻訳
  • 動画編集

 

未経験者でもできる仕事があるので、事前に見ておきましょう。

 

アルバイトで食いつなぐ方法もありますが、アルバイトは時間をとられるのでNG。

面接とぶつかるリスクもあります。

 

クラウドソーシングなら在宅で自由に仕事ができるので、面接のスケジュールを調整しやすいです。

 

具体的なクラウドソーシングは下記があるので、興味あれば見てみてください(^^)

 

辞めやすい仕事も多いので、転職活動中の資金稼ぎには良いですね。

まとめ【プロに相談するなら、辞めてから転職でもOK】

まとめ【プロに相談するなら、辞めてから転職でもOK】

この記事をまとめます。

  • 基本的には、辞める前に転職活動する方が有利
  • 辞めてからと辞める前のメリット・デメリットを知っておこう
  • 内定率が高い転職エージェントに相談するなら、辞めてから転職もOK
  • 第二新卒・20代向けで内定率が高い転職エージェントはウズウズ
  • 失業保険は、すぐにもらえるわけじゃない
  • 転職活動中の資金稼ぎはクラウドソーシングがおすすめ

 

今の仕事を辞めてから転職活動したいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

辞めてから転職活動するなら、悪いことは言わないのでプロに相談してください。

我流で転職活動するのは危険です。

 

ちなみに、次にどんな仕事を選べばいいかわからないなら、向いてる仕事を選びましょう。

向いてる仕事は人よりできちゃうので、仕事がラクです。

 

あなたに向いてる仕事を知るには、

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】を読んでください。

 

タイプ別に向いてる仕事をまとめているので、仕事選びの参考になるかと(^^)

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!