フリーターの平均月収は約15万円【フリーターで月収50万円稼ぐ方法】

考える女性

フリーターの平均月収ってどれくらい?

このままフリーターでいけたらいいけど、あんまり稼げないのかな?

 

やっぱり正社員になった方がいい?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • フリーターの平均月収がわかる
  • フリーターで月収50万円稼ぐ方法がわかる
  • フリーターと正社員の月収の違いがわかる

 

僕、佐藤誠一は元フリーターです。

フリーター時代の月収は15万円くらい。

割と平均的な月収でしたね。

 

その後、正社員を経て、現在は起業してWebライターをやってます。

現在の月収は60万円くらい。

 

結論、フリーター時代より稼いでます。

こんな感じで、

  1. フリーター
  2. 正社員
  3. 起業

 

のすべてを経験した僕が、フリーターで稼ぐ方法を解説します。

 

なんと、フリーターのままでも月収50万円稼ぐことは可能です。

正社員との月収の差も解説するので、今後の人生の参考にどうぞ。

 

この記事を読むことで、あなたも稼ぐことができますよ。

フリーターの平均月収は約15万円

フリーターの平均月収は約15万円

結論、フリーターの平均月収は約15万円です。

国税庁の「平成30年分民間給与実態統計調査」によると、フリーターの平均月収は下記のとおり。

  • 平均月収:149000円
  • 男性:197000円
  • 女性:128000円

 

参考:国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査

 

ということで、平均月収は約15万円、平均年収は約180万円です。

参考:フリーターの平均年収は179万円【自由なまま年収アップする方法】

フリーターの平均年収は179万円【自由なまま年収アップする方法】

【悲報】フリーターはあまり稼げない

なぜなら、責任が軽い仕事だから。

正社員と違って責任が軽いので、その分、給料が安くなっています。

 

フリーターのまま稼ぐのは、厳しいと思っていきましょう。

【デメリットあり】フリーターで月収50万円を稼ぐ3つの方法

【デメリットあり】フリーターで月収50万円を稼ぐ3つの方法

考える女性

でも、できればフリーターのまま稼ぎたい。

なんとかフリーターのまま、月収50万円以上稼ぐ方法はないの?

結論、下記の3つで、フリーターのまま月収50万円は可能です。

  1. 夜の仕事で稼ぐ
  2. スキルを身につける
  3. ビジネスをする

 

ただし、デメリットもあるので知っておきましょう。

1つずつ解説しますね。

①夜の仕事で稼ぐ

稼げる理由は、夜の仕事は時給が高いから。

具体的には下記のとおり。

  1. キャバクラ
  2. クラブ
  3. ホストクラブ

 

時給5000円以上の仕事もあります。

 

ただし、デメリットは下記のとおり。

  • お客さんの相手をしないといけない
  • お酒を飲めないと働けない
  • ずっとは続けられない

 

結論、あまりおすすめしません。

②スキルを身につける

スキルを身につければ、高時給のアルバイトができるから。

具体的には、下記のようなバイトが可能です。

  1. プログラマー
  2. CADオペレーター(設計補助の仕事)
  3. Webライター

 

特にプログラマーは、月収50万円くらいの求人もありますよ。

手に職もつくので、一度スキルを身につければ人生は安泰です。

現実的には、この「スキルを身につける」が一番良いかと。

 

ただしデメリットは、すぐに稼げないこと。

本気でやってみたいなら、まずはスクールに通って基礎を勉強しましょう。

無料のプログラミングスクール

金欠の女性

でもスクールに通うってことは、お金がかかるんでしょ?

お金ないよ…

という人は、無料のプログラミングスクールがあるのでおすすめ。

ウズウズカレッジというスクールが無料です。

 

ただし無料の条件は、一度IT企業の正社員で就職すること。

ウズウズカレッジは転職エージェントなので、正社員に転職してもらうことで収益を得てるから。

 

考える女性

手に職もつけたいし、ついでに正社員になってもいいな。

という人は、ウズウズカレッジで学べばOK。

ブラック企業も紹介されないので、けっこう安心です。

 

無料で授業を受けてみてから、本格的にプログラマーを目指すか決めてもOKです。

仮にプログラマー以外がいいなら、ウズウズカレッジが他のあなたに合う仕事を紹介してくれますよ。

 

ウズウズカレッジの詳細は、ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】をどうぞ。

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

CADオペレーターもスクールで学べばOK

ヒューマンアカデミーなど大手スクールに、CAD講座があるので、そこで勉強すればOK。

月々3000円くらいなので、仕事をすればすぐに元が取れます。

 

無料のオンライン説明会があるので、まずはそれを聞いてみればOKかと。

Webライターは独学でOK

僕もWebライターですが、独学です。

Youtubeで解説してるので、興味あればどうぞ。

③ビジネスをする

ビジネスをすれば、収入の上限がなくなるからです。

具体的には、下記が良いですね。※元手がかからないから。

  1. ブログ
  2. Youtube
  3. 商品を作って売る

 

ブログとYoutubeの始め方は、下記のYoutubeが参考になりますよ。

ただしビジネスのデメリットは、稼げる保証がないこと。

5年頑張っても収入ゼロとか普通です。

 

稼げない覚悟をもって挑戦できるかが、勝敗を分けます。

【ちなみに】フリーターで月収30万円を稼ぐ方法

ちなみに、フリーターで月収30万円を稼ぐなら、下記で可能です。

  1. 時給2000円のアルバイトをする
  2. 昼と夜でバイトをかけもちする
  3. 夜の仕事で稼ぐ

 

ただし、デメリットは下記の3つ。

  1. 誰でもできる仕事じゃない
  2. 体力がきつい
  3. 40代になったら体力的にムリ

 

理論上はフリーターでも月収30万円稼げますが、できる人は限られます。

また、体力的にきついので、40代以降はムリですね。

 

時給2000円のアルバイトの例は、コールセンターとかです。

コールセンターの仕事は、主に下記の2つで、両方きついです。

  1. 受電:かかってきた電話をとる。クレーム多し。
  2. 架電:セールスの電話をする。断られること多し。

 

【ちなみに②】フリーターで月収20万円を稼ぐ方法

フリーターで月収20万円を稼ぐなら、下記でできます。

  • 時給1500円のアルバイトをする
  • 昼と夜でバイトをかけもちする

 

ただしデメリットは、正社員の方が楽なこと。

例えば、昼夜のかけもちバイトをするなら、昼だけ正社員で働く方がかなり楽。

楽したくてフリーターをしてる人は、本末転倒です。

 

ちなみに、時給1500円以上のバイトは、データ入力とかですね。

月収20万円のフリーターの税金を引いた後の手取り

ちなみに、月収20万円稼いでも、手取りはけっこう下がります。

具体的には、下記が引かれます。

所得税 4000円
住民税 9000円
健康保険 10000円
年金 16000円
手取り 161000円

フリーターで稼ぐのはいいですが、引かれるものも大きくなるのでキツいところ。

フリーターと正社員の月収の比較

フリーターと正社員の月収の比較

考える女性

やっぱり正社員になった方が、安定して稼ぎやすいのかなぁ…?

結論、フリーターより正社員の方が安定して稼ぎやすいです。

根拠は、下記のフリーターと正社員の月収比較のとおり。

フリーター 正社員
20代 15万円 302000円
30代 15万円 402000円
40代 15万円 467000円
50代 10万円 504000円
60代 5万円 326000円
生涯賃金 7200万円 2億4000万円

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

結論、フリーターより正社員の方が稼げます。

生涯賃金の差は、なんと1億6800万円。

 

安定して稼ぎたいなら、正社員の方が効率的です。

フリーター→正社員に就職する方法

考える女性

でも、フリーターから正社員に就職できるの?

まともな仕事に就職できる?

結論、普通に正社員になれるので安心してください。

なぜなら、今は人手不足の時代だから。

 

コロナ不況ではありますが、有効求人倍率は1倍を超えてます。

今後はどうなるかわかりませんが、少なくとも20代なら有利なのは間違いないです。

 

まともな会社の正社員に転職する方法は、フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】にまとめてます。

フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】

まとめ【フリーターの平均月収は約15万円。安定がほしいなら正社員】

まとめ【フリーターの平均月収は約15万円。安定がほしいなら正社員】

結論、フリーターの平均月収は約15万円です。

本気で稼ぎたいなら、この記事を参考にさっそく行動しましょう。

 

フリーターのまま月収50万円を稼ぐ方法は、下記のとおり。

  1. 夜の仕事で稼ぐ
  2. スキルを身につける
  3. ビジネスをする

 

一番現実的なのは、「②スキルを身につける」かと。

具体的に身につけると良いスキルは、下記の3つ。

  1. プログラマー
  2. CADオペレーター
  3. Webライター

 

デメリットは「すぐに稼げないこと」ですが、スキルを身につければ人生は安泰です。

 

プログラマーは、ウズウズカレッジというスクールが無料です。

無料なので、授業を受けてからプログラマーの道に進か決めてもOK。

参考:ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

 

CADオペレーターは、ヒューマンアカデミーに講座があるので、まずは無料のオンライン説明会から。

 

安定して稼ぎたいなら、正社員もアリかなと思います。

フリーター→正社員の就職のコツは、フリーターは何歳までなら就職できる?【答え:29歳までだが裏技あり】をどうぞ。

 

ブラックじゃなく、まともな企業の正社員になれますよ。

 

ということで、本気で稼ぎたいなら行動あるのみです。

行動しないと何も変わらないですからね。

 

行動すれば、人生の安心感を得られますよ。