JR東海の年収や就職難易度!そもそもインターンに行けない?

「JR東海って年収が高いらしいけど、実際はどうなの?」

「給料はいいけど、大変な仕事なんでしょ?」

「人気の就職先だし、簡単には採用されないよね…」

と、思っている人はいませんか?

 

そんなアナタのために、JR東海の年収や給料、採用情報などを調べてみました!

 

この記事では、

  • JR東海の年収や給料
  • JR線の年収比較
  • 新卒採用の就職難易度
  • そもそもインターンに行けない?
  • 会社概要
  • JR東海の評判や口コミ

などを紹介していきます。

 

JR東海に興味のある、あなたの参考になれば嬉しいです(^^)

それでは、さっそく見ていきましょう!!

JR東海の平均年収

JR東海の平均年収

JR東海の平均年収は733万円です。

「結構高いじゃん!」って思いませんでした?

 

年収が高い理由は、東海道新幹線があるから。

東京~名古屋~新大阪間をつなぐ東海道新幹線は、日本の中心を担っています。

 

そのため常に利用者が多く、安定した収益を確保できます。

「安定した経営の維持=社員に還元される」ため、年収が高いのですね(^^)

 

ちなみに、近年の平均年収の推移もまとめておきます。

年度 平均年収
2013年度 716万円
2014年度 720万円
2015年度 728万円
2016年度 733万円
2017年度 733万円

参考:JR東海「有価証券報告書

 

700万円以上の年収が、安定してもらえますね!(^o^)!

年齢別の平均年収・ボーナス・月給の推移

JR東海の年齢別の平均年収・ボーナス・月給の推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 25万円 151万円 451万円
25~29歳 30万円 180万円 534万円
30~34歳 36万円 220万円 655万円
35~39歳 44万円 264万円 786万円
40~44歳 47万円 287万円 857万円
45~49歳 53万円 319万円 951万円
50~54歳 57万円 348万円 1037万円
55~59歳 54万円 327万円 975万円
60~64歳 30万円 180万円 536万円
65~69歳 23万円 137万円 407万円

※本記事の給料データは、厚生労働省の賃金構造基本統計調査と、JR東海の社員さんたちの給料データを参考にしています。実数値と異なる可能性があります。あくまでも参考値としてください。

 

なお、ボーナスはJR東海の平均ボーナス6.05ヶ月分で計算しています。

年齢別の手取りの平均年収・月給・ボーナスの推移

上記の年齢別の平均年収・月給・ボーナスから所得税・住民税・社会保険料を引いた手取りの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 19万円 114万円 341万円
25~29歳 22万円 135万円 402万円
30~34歳 28万円 168万円 503万円
35~39歳 33万円 197万円 587万円
40~44歳 35万円 210万円 628万円
45~49歳 38万円 231万円 690万円
50~54歳 42万円 254万円 757万円
55~59歳 38万円 229万円 682万円
60~64歳 22万円 136万円 405万円
65~69歳 17万円 106万円 315万円

※30代前半で結婚して子供が2人いる計算にしていますが、家族構成・住んでいる地域・各種税額控除などによって手取りは変わります。あくまでも参考値としてください。

大学卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

JR東海の大学卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナス(額面)の推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 25万円 149万円 446万円
25~29歳 29万円 175万円 522万円
30~34歳 35万円 213万円 636万円
35~39歳 42万円 256万円 764万円
40~44歳 52万円 315万円 939万円
45~49歳 62万円 375万円 1118万円
50~54歳 69万円 416万円 1240万円
55~59歳 79万円 478万円 1427万円
60~64歳 36万円 220万円 656万円
65~69歳 15万円 92万円 276万円

修士了の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

JR東海の修士了の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 28万円 169万円 504万円
25~29歳 33万円 197万円 589万円
30~34歳 40万円 241万円 719万円
35~39歳 48万円 289万円 863万円
40~44歳 59万円 356万円 1061万円
45~49歳 70万円 423万円 1263万円
50~54歳 78万円 470万円 1401万円
55~59歳 89万円 540万円 1612万円
60~64歳 41万円 248万円 741万円
65~69歳 17万円 104万円 311万円

短大卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

JR東海の短大卒の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 23万円 137万円 408万円
25~29歳 26万円 155万円 461万円
30~34歳 30万円 181万円 539万円
35~39歳 34万円 206万円 615万円
40~44歳 39万円 237万円 707万円
45~49歳 40万円 244万円 728万円
50~54歳 44万円 264万円 787万円
55~59歳 40万円 240万円 716万円
60~64歳 23万円 139万円 415万円
65~69歳 23万円 138万円 411万円

男性社員の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

JR東海の男性社員の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 25万円 151万円 451万円
25~29歳 30万円 182万円 542万円
30~34歳 37万円 221万円 661万円
35~39歳 44万円 264万円 786万円
40~44歳 47万円 287万円 857万円
45~49歳 53万円 319万円 951万円
50~54歳 57万円 348万円 1037万円
55~59歳 53万円 323万円 964万円
60~64歳 30万円 181万円 540万円
65~69歳 23万円 138万円 410万円

女性社員の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移

JR東海の女性社員の年齢別の平均年収・月給・ボーナスの推移をご紹介します。

年齢 月給 年間ボーナス 年収
20~24歳 25万円 151万円 451万円
25~29歳 28万円 166万円 496万円
30~34歳 32万円 196万円 586万円
35~39歳 39万円 236万円 703万円
40~44歳 36万円 219万円 654万円
45~49歳 38万円 232万円 693万円
50~54歳 50万円 300万円 894万円
55~59歳 36万円 219万円 652万円
60~64歳 16万円 96万円 287万円
65~69歳 23万円 137万円 408万円

役職別の平均年収・月給・ボーナス

JR東海の役職別の平均年収・月給・ボーナスをご紹介します。

役職 月給 年間ボーナス 年収
係長級 48万円 292万円 872万円
課長級 53万円 323万円 965万円
部長級 65万円 395万円 1178万円

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考にしているため、実際の役職名と異なる場合があります。

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

生涯賃金

上記の給料データから計算した、JR東海の生涯賃金は約3億6000万円です。

やっぱり、東海道新幹線をもっているのは強いんですよ。

 

JR東海は、高い給料を安定して稼げるおすすめ企業です(^^)

給料(初任給)やボーナス

JR東海の給料(初任給)は、勤務地によって異なります。

今回は、東京地区に勤務した場合の給料を紹介します。

  • 修士了:月給265,300円~
  • 大卒:月給235,400円~
  • 短大卒:月給215,700円~

 

…結構高くないですか?

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、

  • 修士了の初任給:238,700円
  • 大卒の初任給:206,700円
  • 短大卒の初任給:181,400円

なんです。

 

比較してみると、JR東海の給料って高いですよね(^^)

 

ちなみに、

  • 昇給は年1回
  • ボーナスは年2回(平均6.05ヶ月分)

あります。

他のJR線との年収比較

他のJR線との年収比較

JR線はいくつかあって、「他のJR線の年収はどうなってるの?」と気になる人もいるんじゃないでしょうか。

 

そこで、JR東海と他のJR線の年収を比較してみました!

  • JR東海:平均年収733万円
  • JR東日本:平均年収714万円
  • JR西日本:平均年収676万円
  • JR四国:平均年収599万円
  • JR九州:平均年収540万円
  • JR北海道:平均年収502万円

※有価証券報告書、国土交通省・鉄道統計年報を参考。

 

JR東日本は、新幹線では5つの路線、在来線は全国最多路線を保有しています。

さらに、駅ナカなどにも力を入れています。

 

それでもJR東海より年収が低いのは、やはり東海道新幹線の影響でしょう。

 

年収で会社を選ぶなら、JR東海がオススメです(^^)

※競争は激しいですが(汗)

JR東海の年収事例

JR東海の年収事例をご紹介します。

実際に、JR東海で働いている社員さんたちの声をまとめました(^^)

事務系統

  • 新卒女性1年目・総務:年収300万円
  • 新卒男性1年目・企画:年収500万円
  • 新卒女性2年目・人事:年収530万円
  • 新卒男性2年目・営業:年収400万円
  • 新卒女性3年目・事務:年収450万円
  • 新卒男性3年目・事業本部:年収460万円
  • 新卒男性3年目・営業:年収600万円
  • 新卒女性3年目・管理:年収580万円
  • 新卒女性4年目・営業:年収560万円
  • 新卒男性4年目・営業:年収450万円
  • 新卒男性4年目・企画:年収520万円
  • 新卒男性5年目・マネジメント職:年収600万円
  • 新卒男性6年目・事業本部:年収630万円
  • 新卒男性7年目・営業:年収600万円
  • 新卒女性7年目・人事:年収680万円
  • 新卒男性8年目・営業:年収650万円
  • 新卒男性9年目・商品企画:年収720万円
  • 新卒女性10年目・事務:年収560万円
  • 新卒男性13年目・企画、助役:年収1000万円
  • 新卒男性16年目・本社、課長:年収1250万円
  • 新卒男性20年目・企画、課長:年収1400万円
  • 新卒男性23年目・事務、管理職:年収1300万円

運輸系統

  • 新卒男性1年目・駅員:年収340万円
  • 新卒男性2年目・車掌:年収400万円
  • 新卒男性3年目・現業:年収580万円
  • 新卒女性3年目・販売窓口:年収360万円
  • 新卒男性4年目・駅員:年収530万円
  • 新卒女性5年目・駅員:年収620万円
  • 新卒女性6年目・乗務員:年収650万円
  • 新卒男性6年目・運輸:年収600万円
  • 新卒男性9年目・現業:年収760万円
  • 新卒男性10年目・運転士:年収680万円
  • 新卒男性12年目・運輸職:年収700万円
  • 新卒男性22年目・運輸、主任:年収950万円

車両・機械系統

  • 新卒男性1年目・車両:年収380万円
  • 新卒男性1年目・技術:年収400万円
  • 新卒男性2年目・技術:年収540万円
  • 新卒男性2年目・車両:年収520万円
  • 新卒男性2年目・技術:年収500万円
  • 新卒男性3年目・技術:年収500万円
  • 新卒男性3年目・技術:年収620万円
  • 新卒男性4年目・車両:年収450万円
  • 新卒男性4年目・機械:年収480万円
  • 新卒男性4年目・技術:年収650万円
  • 新卒男性5年目・車両:年収450万円
  • 新卒男性5年目・技術:年収580万円
  • 新卒男性6年目・設計:年収560万円
  • 新卒男性6年目・技術:年収600万円
  • 新卒男性6年目・車両開発:年収590万円
  • 新卒男性7年目・技術:年収650万円
  • 新卒男性8年目・技術:年収700万円
  • 新卒男性9年目・技術、課長:年収1060万円
  • 新卒男性10年目・技術、管理職:年収1100万円
  • 新卒男性20年目・技術、課長:年収1050万円
  • 新卒男性24年目・機械メンテナンス、課長代理:年収1240万円

施設系統

  • 新卒男性1年目・土木:年収380万円
  • 新卒男性1年目・技術:年収420万円
  • 新卒男性1年目・技術:年収450万円
  • 新卒男性2年目・施設:年収520万円
  • 新卒男性2年目・土木:年収500万円
  • 新卒男性3年目・施設:年収490万円
  • 新卒男性4年目・在来線部門:年収580万円
  • 新卒男性5年目・建設:年収650万円
  • 新卒男性6年目・技術:年収730万円
  • 新卒男性9年目・技術、主任:年収750万円
  • 新卒男性12年目・新幹線鉄道事業本部:年収700万円
  • 新卒男性20年目・工場現場、主任:年収900万円
  • 新卒男性21年目・施設:年収800万円

電気・システム系統

  • 新卒男性1年目・電気:年収390万円
  • 新卒男性2年目・電気:年収400万円
  • 新卒男性2年目・技術:年収450万円
  • 新卒男性2年目・電気:年収540万円
  • 新卒男性2年目・技術:年収520万円
  • 新卒男性3年目・技術:年収550万円
  • 新卒男性3年目・電気:年収680万円
  • 新卒男性4年目・電気:年収500万円
  • 新卒男性4年目・技術:年収540万円
  • 新卒男性4年目・電気:年収550万円
  • 新卒男性7年目・電気:年収620万円
  • 新卒男性8年目・電気:年収680万円
  • 新卒男性15年目・電気・システム:年収850万円

JR東海の新卒採用の就職難易度

JR東海の新卒採用の就職難易度

JR東海に就職を考えている、学生のあなた。

新卒採用がどのくらい難しいか、気になりませんか?

 

実は、「JRグループの中でJR東海は最も就職難易度が高い」と言われています。

 

ここでは、

  • インターン
  • 採用大学

からみる就職難易度を考えていきたいと思います。

 

また、新卒の募集職種や面接に関する情報などもご紹介します(^^)

そもそも、インターンの倍率が高い!

JR東海のインターンに参加するための、選考の倍率が超高いのを知っていますか?

 

JR東海のインターンは、

  1. 事務系統
  2. 運輸系統
  3. 車両・機械系統
  4. 施設系統
  5. 電気・システム系統

の5種類に分かれています。

 

注目すべきは、募集要項。

4年制大学または大学院に在籍している人であれば、応募資格があります。

 

しかし、募集人数がそれぞれ30名程度と少ない!

少ない募集人数なのに、全国の大学生が応募できるということは、当然倍率は高くなります。

 

しかも、応募できるインターンはひとつだけ。

応募する前に各系統の仕事内容をきちんと理解し、どの系統に応募するか決めておく必要があります。

 

インターンに参加するための選考フローは、

  1. 書類選考
  2. 面接
  3. 参加者決定

です。

 

インターン参加者は、東京大学・京都大学・早稲田大学・慶應義塾大学などトップレベルの学生ばかりという噂も。

 

①の書類選考で落ちる人もたくさんいるとか(汗)

そう考えると、JR東海のインターンに参加できる可能性はかなり低いです…。

 

インターンにすら参加できない可能性があるということは、JR東海の就職難易度は高いといえるでしょう。

採用大学からみる就職難易度

次に、JR東海に採用された人たちの大学を調べてみました。

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 名古屋大学
  • 立命館大学
  • 芝浦工業大学
  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 日本大学
  • 東京理科大学
  • 法政大学
  • 名古屋工業大学

などです。

参考:就職四季報

 

有名難関大学が多いのと同時に、採用大学は関西と東京が多いのが目立ちますね。

 

  • ある程度高学歴の必要がある
  • 採用大学の地域がかたよっている

この2点を考えると、採用大学からみる就職難易度は高いといえます。

 

※ちなみに、本気で企業分析したいなら、就職四季報は買っておきましょうね。

募集職種は3種類

JR東海が新卒で募集してるのは、

  1. 総合職
  2. プロフェッショナル職
  3. アソシエイト職

の3職種です。

 

さらに、

  1. 事務系統
  2. 運輸系統
  3. 車両・機械系統
  4. 施設系統
  5. 電気・システム系統

と、5つの専門分野に分かれています。

 

①の総合職は、すべての系統に関わります。

ジョブローテーションで様々な仕事を経験し、将来的にはマネジメントに携わっていきます。

 

②のプロフェッショナル職は、鉄道事業に関わる仕事です。

専門性を伸ばしていき、JR東海の技術力・安全性向上を目指します。

 

③のアソシエイト職は、自分が希望したエリア限定で働きます。

あらゆる部署で働く可能性があります。

 

営業・人事・企画など、ひとつの業務を長く担当して、専門性を磨きながらスペシャリストを目指します。

新卒採用の選考フロー

JR東海の新卒採用の選考フローは、

  1. エントリーシート提出
  2. 筆記試験
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 内々定

となります。

 

エントリーシートの内容は、

  • 大学で学んだこと、研究した内容
  • 志望動機
  • 学生時代にもっとも打ち込んだこと

です。

面接では「志望動機」が重要!

JR東海の面接では、

  • 志望動機
  • 自己PR
  • なぜ鉄道会社なのか?
  • 学生時代に頑張ったこと
  • どんな仕事がしたいか?
  • 今まででもっとも困難だったことと、それをどう乗り越えたか
  • 他社の選考状況
  • JR東海の志望順位は?

など、様々なことを聞かれます。

 

中でも大切なのは、「志望動機」。

志望動機があいまいだと、面接では落とされます。

 

JR東海ほどの大企業だと、面接を受ける人が大勢います。

志望動機を上手に答えられないと、面接官からは「本気でJR東海に入社したい気があるの?」と思われて不採用でしょう。

 

「志望動機をうまく作れない…」というあなた。

志望動機の作り方にはコツがあります(^^)

 

応募する企業のホームページの「あるページ」をみれば、簡単に志望動機をつくることができます(^^)

 

「あるページ」をみれば、自然で説得力のある志望動機ができますよ!

 

「応募する企業のホームページの、どのページを見れば、自然で説得力のある志望動機がつくれるの?」

と知りたい人は、下記のYoutube動画を見てください(^^)

引用元:Youtube『【就活相談】企業への志望理由がまとまりません…

JR東海の志望動機をつくるのに、とても役立つ動画です(^^)!

求める人材

JR東海が求める人材は、

  • 使命感を持っている人
  • 自分で考えて行動できる人
  • 協調性のある人

です。

 

鉄道会社は、たくさんの人の命を預かります。

責任感の強い人でないと、安心して仕事を任せられません。

 

また、不測の事態には臨機応変に対応する必要があります。

 

ちなみに、JR東海の求める人物像も大事ですが、あなたに向いてる仕事を知るのも大事です。

自己分析にもなりますしね(^^)

 

考える男性

でも、自分に向いてる仕事なんてわからないなぁ…

という人は、向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】を読んでみてください。

 

タイプ別に向いてる仕事をまとめているので、あなたに向いてる仕事を絞り込めます。

もしかすると、あなたの天職が見つかるかもしれませんよ(^^)

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】

福利厚生

JR東海の福利厚生は、

  • 各種保険制度(厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険)
  • 社宅・寮完備
  • 住宅手当
  • JR東海福祉会(東京ディズニーリゾートUSJ、ホテルなどの料金が割引になる)
  • 定期健康診断
  • 各種健康相談
  • 住宅補給金制度
  • 住宅融資制度
  • 利子補給制度
  • 社内クラブ・同好会

などがあります。

 

管轄内のJR線であれば、無料または割引料金で乗ることもできるそうですよ!

新幹線に乗る機会が多い人には、嬉しい制度です(*^^*)

 

JR東海の福利厚生は充実していますね(^^)

参考:JR東海「採用情報 待遇

JR東海の中途採用はやっていない

残念ながら、現在JR東海の中途採用はやっていません。

新卒採用がメインの会社なので、仕方ないですね(^_^;)

 

どうしてもJR東海に転職したい人は、こまめに採用ページを確認しましょう。

JR東海の会社概要や経営理念

引用元:YouTube「【TVCM】2019年 春「春はあけぼの・さくら編」 そうだ 京都、行こう。」

「そうだ京都、行こう。」

JR東海といえば、このCMが印象的です。

 

ナレーションの声も素敵ですよね(*^^*)

初代ナレーターは長塚京三さん、二代目ナレーターが柄本佑さんなんですが、どっちもいい!

 

話が脱線しましたが(笑)、ここからはJR東海の会社概要をご紹介します。

 

JR東海の正式名称は、東海旅客鉄道株式会社。

2027年にリニア新幹線を開業予定で、ますます注目されている鉄道会社です。

 

JR東海は2本社体制で、名古屋と東京の品川に本社があります。

会社概要は、

  • 名古屋本社:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号 JRセントラルタワーズ
  • 東京本社:東京都港区港南二丁目1番85号 JR東海品川ビルA棟
  • 設立:1987年
  • 資本金:1120億円

です。

 

ここでプチ情報。

東海道新幹線は世界で最初の高速鉄道で、日本の新幹線では最も歴史が長いんです。

覚える必要はありませんが、知っておいて損はないですよ~(^^)

 

経営理念は、

日本の大動脈と社会基盤の発展に貢献する

引用元:JR東海「会社概要」

まさに、JR東海らしい経営理念ですね(^^)

売上・業績

JR東海の、近年の売上・業績をご紹介します。

年度 売上 経常利益 純利益
平成25年 1兆6525億4700万円 4042億6000万円 2556億8600万円
平成26年 1兆6722億9500万円 4281億3400万円 2641億3400万円
平成27年 1兆7384億900万円 5114億5500万円 3774億4000万円
平成28年 1兆7569億8000万円 5639億7300万円 3929億1300万円
平成29年 1兆8220億3900万円 5835億6900万円 3955億200万円

参考:JR東海「有価証券報告書

 

はっきりいって、超利益体質です。

一般的な企業の利益率は10~20%といわれている中、30%以上の利益率をたたきだしています。

 

やはり、東京~名古屋間の新幹線がとても儲かります。

東海道新幹線を1本運行するだけでも、900万~1000万円の売上がたつといわれています。

 

東海道新幹線は、1日約350本走っています。

JR東海は稼げるわけですね。

 

JR東海エリアの路線規模はJR東日本より小さいですが、赤字路線が少ないため高利益体質になっています。

 

JR東海は今後も安泰でしょうね(^^)

 

ちなみに、「優良企業の見分け方を知りたい!」という人は、

優良企業の見分け方14選【採用されるコツも紹介】にまとめているので、読んでみてください(^^)

優良企業の見分け方14選【採用されるコツも紹介】

事業内容

引用元:YouTube「リニア中央新幹線 MOVIE」

JR東海の事業内容は、

  • 新幹線鉄道事業
  • 在来線鉄道事業
  • 関連事業

などです。

 

鉄道事業以外には、東京駅の「東京駅一番街」など、駅商業施設の運営もおこなっています。

 

また、JR東海の高速鉄道システムを海外向けに展開しています。

従業員数・平均年齢・平均勤続年数の推移と離職率

JR東海に就職・転職を考えている、そこのあなた!

年収や会社概要以外にも、JR東海がどんな企業なのか知る手段があります(^^)

 

それは、従業員数・平均年齢・平均勤続年数の推移を見ること。

何でかって?

 

では、JR東海の従業員数・平均年齢・平均勤続年数の推移を見ながら説明しましょう(^^)

年度 従業員数 平均年齢 平均勤続年数
2013年 18223人 37.3歳 14.7年
2014年 18231人 37.1歳 14.9年
2015年 18164人 37.1歳 15.1年
2016年 18054人 37歳 15.3年
2017年 18116人 37歳 15.5年

参考:JR東海「有価証券報告書

 

JR東海の従業員数・平均年齢・平均勤続年数は、あまり変動がありません。

 

つまり、

  • 極端に離職者が多くない
  • 安定して人材を確保できている

と推測できます。

 

そのため、「JR東海は人気の就職先である」といえます。

 

離職率が約1.3%であることも、人気の企業である証明になりますよね(^^)

JR東海の評判・口コミ

JR東海の評判・口コミ

JR東海の評判や口コミをご紹介します。

実際に働いている社員さんの声をまとめたので、参考にしてください(^^)

 

※もっと詳しいJR東海の評判・口コミは転職会議でわかりますよ。

新幹線がある限りつぶれない

東海道新幹線がある限り、JR東海が潰れる心配はありません。

東海道新幹線は、JR東海の最大の強みとも言えます。

 

現在工事中のリニア中央新幹線が開業すれば、さらに強固な経営体制になるでしょう(^^)

給料が高い

年収の比較をしてわかるように、やっぱりJR東海の給料は高い。

口コミにも、「ボーナスが多い」とか「年収が高いのはかなりイイ!」という声がありました(^^)

 

努力次第では、年収1000万円もあるかも!?

安全意識の高い人が多い

鉄道事業なので、安全意識の高い社員さんが多いです。

 

ひとつのミスが大きな事故につながる可能性もあるので、チームで連携をとりながら仕事に取り組んでいます。

社会の役に立っているのがやりがい

鉄道は、たくさんの人が利用します。

 

社会のインフラを支える仕事なので、やりがいを持って仕事に取り組めるという声もありました(^^)

女性の働きやすさは?

職種や配属先によって異なりますが、女性も働きやすい環境が整ってきています。

 

産休・育休やフレックスタイム制度・時短勤務制度などもあり、職場復帰する女性も増えてきました。

 

鉄道業界はまだまだ男性社会ですが、JR東海は女性が活躍できる環境をつくろうと努力していますね(^^)

残業は人による

当たり前といえば当たり前ですが、人によって残業時間は異なります。

 

働き方改革の影響で、定時で帰るようになったり、残業が減った部署も出てきました(^^)

 

繁忙期や自然災害などの緊急時はどうしても残業が増えますが、以前より職場環境は改善されてきています。

まとめ【JR東海はおすすめだけど、就職難易度が高い】

まとめ【JR東海はおすすめだけど、就職難易度が高い】

この記事をまとめます。

  • JR東海は、儲かる東海道新幹線があるため、給料が高い
  • JR東日本より年収が高い
  • インターンに参加できないほど就職難易度は高め
  • 今後も経営は安定している
  • 離職率が低い

となりました(^^)

 

電車が好きで、安定して稼ぎたい人にはおすすめですが、就職難易度は高いです。

 

志望動機を中心に、しっかり面接対策しましょう。

 

あなたの就職活動のお役にたてばうれしいです(^^)!