離職率が高い業界TOP5【低い業界やブラックを避ける方法も解説】

考える男性

離職率が高い業界と低い業界を知りたいな。

そして、絶対に高い業界には就職したくない。

 

離職率が低い業界で安定して働きたい。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事から得られる結果は下記のとおり。

  • 離職率が高い業界がわかる
  • 離職率が低い業界がわかる
  • ブラック企業を見分ける方法がわかる
  • 長く続けられる、あなたに向いてる仕事がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もしていました。

手をあげる男性

離職率が高い業界ってどこですか?

という質問はかなり多かったです。

 

この記事では、厚生労働省のデータをもとに、

  • 離職率が高い業界
  • 離職率が低い業界

 

を解説します。

 

また、うっかりブラック企業に就職しないコツもまとめてます。

就活の参考にしてみてください。

離職率が高い業界TOP5【理由も解説】

離職率が高い業界TOP5【理由も解説】

離職率が高い業界TOP5は、下記の5つです。

  • 1位:宿泊・飲食業【26.9%】
  • 2位:サービス業・娯楽業【23.9%】
  • 3位:その他サービス業【19.9%】
  • 4位:教育業界【16.6%】
  • 5位:医療・福祉【15.5%】

 

厚生労働省のデータを見れば明らかですね。

平成30年雇用動向調査結果の概要

出典:厚生労働省「平成30年雇用動向調査結果の概要

 

あなたが長く安定して働けるためにも、離職率が高い業界は避けましょう。

各業界が、なぜ離職率が高いのかを解説します。

1位:宿泊・飲食業【26.9%】

理由は激務な割に給料が安いから。

例えば、旅館の仕事は朝早くから夜遅くまで続きます。

 

IT業界と比較してみましょう。

平均年収 月の労働時間 時給換算
宿泊業 361万円 179時間 1680円
飲食業 379万円 186時間 1700円
IT業界 659万円 158時間 3475円

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

ね?ヤバイでしょ?

悪いことは言わないので、宿泊と飲食はやめておきましょう。

2位:サービス業・娯楽業【23.9%】

理由は、長時間労働の割に儲からないから。

サービス業と娯楽業の仕事内容は、下記のとおり。

  • サービス業:美容師、エステ、家事代行など
  • 娯楽業:パチンコ、テーマパークスタッフなど

 

またIT業界と比較してみましょう。

平均年収 月の労働時間 時給換算
サービス業 323万円 177時間 1520円
娯楽業 430万円 167時間 2145円
IT業界 659万円 158時間 3475円

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

サービス業はクレーマーも多いので、めんどくさいです。

3位:その他サービス業【19.9%】

「その他サービス業」とは、2位のサービス業以外のサービス業です。

辞める理由や給料はほぼ一緒。

 

結論、サービス業はやめときましょう。

4位:教育業界【16.6%】

理由は下記の3つ。

  • 責任が重すぎる
  • 長時間労働で激務
  • 給料が安い

 

具体的な職業は、

  • 学校の先生
  • 塾講師

 

などですね。

 

例えば学校の先生は、

  • 土日も部活で出勤
  • 生徒の心のケア
  • 保護者からのクレーム

 

などに挟まれて、月給20万円台とかが普通。

そもそも、子供が減ってるので将来性も薄いです。

5位:医療・福祉【15.5%】

理由は、薄給の割に責任が重すぎるから。

人の命を預かる仕事なのに、普通のサラリーマン並みの給料しかもらえません。

 

排泄物の処理とかもあるので、ムリな人には絶対ムリです。

夜勤もあるので、体調を崩しやすいのもリスクです。

離職率が低い業界TOP5【理由も解説】

離職率が低い業界TOP5【理由も解説】

反対に、離職率が低い業界TOP5は下記の5つ。

  • 1位:建設業【9.2%】
  • 2位:複合サービス業【9.3%】
  • 3位:製造業【9.4%】
  • 4位:研究職【10.1%】
  • 5位:運輸業【10.5%】

 

理由も合わせて解説します。

1位:建設業【9.2%】

最初にいっておきますが、建設業界はブラックですよ。

  • 残業時間の上限がない
  • 週休1日

 

って感じなので。

建設業の離職率が低い理由【予測】

では、なぜ離職率が低いのか?

調べたのですが、良いデータがないので予測で、

  • 辞めさせてもらえない
  • 覚悟を決めて就職してる人が多い

 

って感じかと。

 

「辞めさせてもらえない」ですが、普通は1つの工事が終わらないと辞められません。

よって「辞めたいけど辞められない」という地獄の状況もあるかと。

 

結論、よほどの覚悟がないとおすすめしません。

2位:複合サービス業【9.3%】

複合サービス業とは、協同組合とかのことです。

例えば、下記のようなやつです。

  • 生活協同組合(coop)
  • 農業協同組合(JA)
  • 信用金庫

 

離職率が低い理由は、安定してるから。

ただし、仕事は地味でつまんないですよ。

3位:製造業【9.4%】

理由は安定してるから。

なんだかんだいっても、日本の製造業は強いですね。

 

特に、下記のようなメーカーは今でも安定してます。

  • トヨタ
  • ホンダ
  • デンソー
  • パナソニック
  • カゴメ

 

日本を代表する人気の製造業は、下記の記事にもまとめてます。

 

4位:研究職【10.1%】

研究職も離職率が低いですね。

もともと、研究が好きな人しか就職しないので。

 

理系のエリートをイメージすればわかるかと。

ただし、就職すること自体が難しいです。

5位:運輸業【10.5%】

運輸業の離職率が低いのは、安定してるから。

インフラ系は安定するんですよね。

 

例えば、下記のような会社のことです。

  • JR
  • JAL
  • ANA

 

給料も良いので、あんまり辞める人はいないです。

 

運輸業で代表的な企業は、下記にまとめてます。

 

離職率が高い業界はブラックが多い【避けましょう】

離職率が高い業界はブラックが多い【避けましょう】

離職率が高い理由の1つは、ブラックだからです。

なので、ブラック企業を避けることができれば、離職率は低いです。

 

ブラック企業を見分ける方法は、

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】にまとめたのでどうぞ。

 

ホワイト企業を見分ける方法を解説してますが、同時にブラック企業を避けられます。

あなたの身を守るためにも、知っておくべきかと。

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】

【悲報】大手でも離職率が高い会社はある

電通が代表的ですが、大手でも離職率が高い会社はたくさんあります。

大手=ホワイトではないので、安易に就職しないように。

 

ちなみに、中小企業でも離職率が低い優良企業はありますよ。

会社の大きさにこだわりがなく、心地よく仕事をしたいなら優良な中小企業も悪くないです。

 

詳しくは、離職率が低い中小企業の探し方11選【合う会社に転職する方法も解説】にまとめたのでどうぞ。

離職率が低い中小企業の探し方11選【合う会社に転職する方法も解説】

【盲点】離職率が低い会社でも人間関係でトラブったら終わり

離職率が低い会社に就職しても、社内の人間関係が悪かったらヤバいです。

人間関係が理由で辞めることになるから。

考える男性

でも、人間関係って相性だから、入社してみないとわからないでしょ?

と思うかもですが、ある程度なら事前にわかります。

 

入社前に人間関係を調べる方法は、

人間関係良い職場の特徴5選【次こそ良い会社を見つける方法】にまとめたのでどうぞ。

 

特に、人間関係に自信がない人は読んどいて損はないかと。

人間関係良い職場の特徴5選【次こそ良い会社を見つける方法】

離職率が高い業界を避けつつ、安定して長く働く方法【向いてる仕事】

離職率が高い業界を避けつつ、安定して長く働く方法【向いてる仕事】

考える男性

とにかく離職率が低い会社に就職して、安定して長く働きたい

という人は、向いてる仕事を選びましょう。

向いてる仕事は楽しくなるので、長続きするから。

 

ようは、天職ってやつです。

天職に就職する3つのメリット

  1. 人から頼られる
  2. 自信がつく
  3. 昇給しやすい

 

結論、仕事が楽しくなります。

人生の8割は仕事なので、人生を楽しみたいなら天職がおすすめ。

あなたに向いてる仕事を知る方法

考える男性

でも、自分に向いてる仕事なんてわかんないなぁ

という人は、向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】を読んでみてください。

 

タイプ別に向いてる仕事を明記してるので、あなたに向いてる仕事がすぐわかります。

仕事選びの参考にどうぞ。

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】

まとめ【離職率の高い業界を避けて、天職に就職しよう】

まとめ【離職率の高い業界を避けて、天職に就職しよう】

最後に、離職率が高い業界をまとめておきます。

  • 1位:宿泊・飲食業【26.9%】
  • 2位:サービス業・娯楽業【23.9%】
  • 3位:その他サービス業【19.9%】
  • 4位:教育業界【16.6%】
  • 5位:医療・福祉【15.5%】

 

また、離職率が低い業界は下記のとおりです。

  • 1位:建設業【9.2%】→おすすめしない
  • 2位:複合サービス業【9.3%】→微妙
  • 3位:製造業【9.4%】
  • 4位:研究職【10.1%】→エリートしか無理
  • 5位:運輸業【10.5%】

 

また、ブラック企業を避ける方法は、

ホワイト企業の見分け方【35のチェックポイントを公開】にまとめてます。

 

そして、あなたの天職を知りたいなら、

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】をどうぞ。

 

また、離職率が高い業界がわかりやすいYoutubeがあるので、参考にどうぞ。

あなたの就活の参考になればうれしいです!