簡単な自己分析のやり方7ステップ【他人に聞いてさらに精度アップ】

考える男性

自己分析のやり方がわからない…

 

ググってみたけど、どのサイトも難しくて面倒くさい。

もっと簡単な自己分析はないの?

 

自分に向いてて、やりがいをもてる仕事をしたいなぁ

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 簡単な自己分析のやり方7ステップ【自己PRや志望動機へのつなぎ方も解説】
  • さらに詳しい自己分析は他人に聞いてみよう

 

僕、佐藤誠一はこのサイトで3000人以上の転職相談にのってきました。

 

けっこう多い相談が、

手をあげる男性

自己分析のやり方を教えてください

というもの。

 

なので、これまでアドバイスしてきた内容を記事にまとめました(^^)

 

この記事の内容で、向いてる仕事に転職できた人がたくさんいるので、信ぴょう性はあると思います。

 

いろんなサイトで自己分析のやり方が紹介されてますが、正直わかりにくいし面倒な内容ですよね(^^;

 

自己分析をもっとシンプルにして、

効率化したやり方をご紹介します。

 

自己分析で天職も見えてくるので、楽しみにしててください(^^)

簡単な自己分析のやり方7ステップ【自己PRや志望動機へのつなぎ方も解説】

簡単な自己分析のやり方7ステップ【自己PRや志望動機へのつなぎ方も解説】

簡単な自己分析のやり方の7ステップは、下記の書き出しです。

  1. 頑張らなくてもできたこと
  2. どんなに頑張ってもできなかったこと
  3. 楽しいと感じたこと
  4. 辛いと感じたこと
  5. 熱心に取り組んだこと
  6. 達成したこと
  7. 以上を踏まえてやりたいことを書き出す

 

幼少期~大学までとか、人生単位の書き出しは必要ないです。

めんどくさいですからね。

 

上記7つだけ書き出せば、自己分析は終わりです。

 

自己分析って、

「あなたはどんな人で、何をしたいか」を面接官に伝えるネタ作りだと思ってください。

 

面接官は、「あなたがどんな人で、何をしたいか」が企業に合ってるかを見てるだけです。

 

そんなに複雑なものじゃないので、シンプルに考えましょう(^^)

ぶっちゃけ今は人手不足の時代なので、企業側はあなたを採用したがってます。

 

では、7ステップを1つずつ解説していきますね。

①頑張らなくてもできたこと

過去を振り返って、頑張らなくてもできたことを書き出してみましょう。

頑張らなくてもできた=才能があるということだからです。

 

あなたの天職といってもいいですね(^^)

 

例えば、

考える男性

PCもワードのブラインドタッチは、苦労せずにできたなぁ

という人なら、プログラマーなんかは良いですね。

シンプルに、PCに文字を打ち込む才能があります。

 

他にも、

男の子

友達は作ろうとしなくても、たくさんできる

という人は、人に好かれる才能があります。

  • 営業職
  • 販売
  • 接客

 

など、人とコミュニケーションをとる仕事が向いてます。

 

自己分析って天職を知るためでもあるので、書き出してみましょう(^^)

 

あなたの天職=企業側がほしい人材なので、たくさん応募しなくても採用されやすいから転職活動がイージーです。

②どんなに頑張ってもできなかったこと

どんなに頑張ってもできなかったことも、書き出しましょう。

これは、あなたに向いてない仕事です。

 

だから、仕事選びからは除外しましょう。

 

例えば、

考える男性

「何かアイデアを出して!」

と言われても、何にも出てこない

という人は、企画系の仕事は避けましょう。

 

あなたが向いてない仕事を見つけるのも、大事な作業です。

③楽しいと感じたこと

過去にあなたが楽しいと感じたことを、書き出してみましょう。

楽しいと感じたこと=やりたい仕事だからです。

 

例えば、

ゲーム好きな男性

ゲームをやってるのは楽しいなぁ

という人は、ゲームプランナーやプログラマーなどが良いですね。

未経験からできるものもあるので、チャレンジしても良いでしょう。

 

また、楽しいと感じることは「なぜ楽しいと感じるのか?」を深掘りしましょう。

あなたが楽しいと感じる傾向がわかるからです。

 

例えば、

ゲーム好きな男性

特にRPGが好きだなぁ。

レベル上げしていくのは、コツコツした作業だけど楽しめる

という人なら、毎日コツコツ積み上げるような仕事も良いですね。

※IT系とかモノづくり系の仕事。

 

ゲーム好きな女性

オンラインゲームが好き!

という人は、人との関わりをもつ仕事に楽しみを覚えるでしょう。

※営業職とか。

 

「楽しい!」の深掘りで、仕事の選択肢も広がります(^^)

④辛いと感じたこと

あなたが辛いと感じたことも書き出しましょう。

これは、あなたが嫌いなことだからです。

 

例えば、

燃え尽きた男性

引越しのバイトをしたときは、マジきつかった!

次の日は寝たきりだったもん

という人は、肉体労働は避けましょう。

 

涙をこらえる男性

小学校のとき、作文をみんなの前で読むのは超イヤだった

という人は、プレゼンがありそうな仕事は避けましょう。

※営業、教育系

 

また、なぜ辛いと感じたのかを深掘りしましょう。

 

例えば、

涙をこらえる男性

作文読むのもイヤだったし、教科書読まされるのも嫌いだった。

ようは、人から注目されるのがイヤなんだと思う

というなら、人前に出ないモクモク系の仕事がいいですね。

※IT系とか

 

辛いと感じる仕事を選ぶと地獄なので、これも必ず書き出しましょう。

⑤熱心に取り組んだこと

過去に熱心に取り組んだことを書き出しましょう。

あなたが、どんなことに熱を入れられるかわかるからです。

 

熱心に取り組んだことは、

  • なんでやろうと思ったか
  • そこから何を得たか
  • そのときどう思ったか

 

も書き出してください。

 

例えば、高校時代にバスケ部で熱心に活動した人なら、こんな感じ。

  • なんでやろうと思ったか:スラムダンクでバスケに興味をもったから
  • バスケで何を得たか:チームワーク、苦しみを乗り越えること
  • 苦しみを乗り越えてどう思ったか:俺たちはできる!と自信がついた

 

そして「なぜ?なぜ?」と深掘りしていきましょう。

  • なぜ苦しみを乗り越えられたか?:みんなで頑張ったから。1人じゃ無理だった
  • なぜみんなとなら頑張れたか?:1人だけサボるわけにいかないから
  • なぜ1人サボるのはダメなの?:チームワークが乱れるから
  • なぜチームワークが乱れるのか?:みんなで乗り越えるから一体感がでる
  • なぜ一体感が出る?:同じ苦しみを乗り越えたから

 

だいたいこんな感じでOK。

 

ようは「チームワークを活かせる人」だとわかります。

 

チームでやるタイプの仕事は向いてますね(^^)

※プログラマー、販売、ルート営業など

⑥過去に達成したこと

過去に達成したことも書き出しましょう。

あなたがどんなことを成し遂げられる人か、わかるからです。

 

達成したことを書くときは、

  • なぜ挑戦しようと思ったのか?
  • どうして達成できたのか?
  • どんなことを工夫したか?
  • どこが苦しかったか?

 

も書き出しましょう。

 

例えば、難しいと言われた志望校に合格した人なら、こんな感じ。

  • なぜ挑戦しようと思ったか:担任に難しいと言われてムカついたから
  • どうして達成できたか:1日8時間勉強したから
  • どんなことを工夫したか:過去問を中心に勉強
  • どこが苦しかったか:眠気との闘い

 

このことから、

  • 反対されると奮起するタイプで、そのためなら努力を惜しまない
  • ムカついたという動機でも、冷静で理論的に戦略を練れる
  • 体力がある

 

とわかります。

※向いてる仕事は、営業やIT系ですね。

 

達成したことは自己PRにも使えるので、大切です(^^)

⑦以上を踏まえて、将来どうなりたいかを書き出す

上記①~⑥を踏まえて、将来どうなりたいかを書きましょう。

あなたが仕事に求めるものがわかるからです。

 

例えば、こんな感じ。

考える男性

あんまり人と接する仕事はしたくないな。

 

なんかモクモクと取り組む系の仕事で、手に職とかつけたらいいんじゃね?

そしたら、安定して食っていけそう。

 

目標があれば頑張れるかも。

自己分析なので、とりあえずこれくらいで大丈夫です。

 

自己分析ができれば企業選びです。

まずはざっくりと、あなたのやりたい仕事ができそうな会社をピックアップしましょう(^^)

自己分析=自己PR

自己分析=自己PRだと思ってください。

自己PRは自分の強みをアピールする場なので、自己分析結果そのものだからです。

 

面接で自己PRを聞かれますが、上記の自己分析結果からネタを出せばOK。

 

応募する企業によって「求める人材」が違うので、寄せていきましょう。

 

面接はあなたのことを伝える場所ではなく、

手をあげる男性

おたくの会社に合う人材ですよー!

と伝える場だからです。

 

なので、自己分析結果を全部伝える必要はなし。

 

あなたの自己分析結果の中から、

応募企業が欲しがることだけ言えばいいんです。

シンプルですよね(^^)

 

複数の会社に応募するなら、一度自己分析でネタ出しをしておけば、企業ごとにすぐネタを出せます。

自己分析と企業が求める人材の合致点=志望動機=双方のメリット

自己分析と企業が求める人材の合致点が、志望動機です。

 

こんな感じ。

スーツの男性

私の強みは、コツコツと粘り強く頑張れることです。

御社ではプログラマーを募集しているということで、私の強みが活かせると思い志望します。

  • 自己分析結果:コツコツと粘り強く頑張れる
  • 企業が求める人材:プログラマー(コツコツと頑張る仕事)

 

「コツコツと頑張れる」が合致してます。

 

恋愛に例えると、

恋愛する男女

両思いだから、付き合いましょう

って感じ。

 

ビジネスの基本はWIN-WINだから、

双方にメリットがあることを伝えればOKです。

 

志望動機を「どうして御社に入りたいのか」って考えるから、ややこしくなるんです。

 

だってそれって応募者の一方的な要望だから、企業側にメリットがない。

 

志望動機=双方のメリットと考えれば、超簡単です。

 

「自己分析と企業が求める人材の合致点=志望動機」という方程式さえ知ってれば、すぐにできますよ(^^)

向いてる仕事がわからないときは?

自己分析しても向いてる仕事がわからないときは、

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】を読んでみてください。

 

19もタイプ別に向いてる仕事を解説してます。

 

あなたに向いてる仕事が一発でわかるので、楽ですよ(^^)

向いてる仕事がわからない人へ【19タイプ別の向いてる仕事一覧】

さらに詳しい自己分析は他人に聞いてみよう

さらに詳しい自己分析は他人に聞いてみよう

それでも自己分析が不安なら、他人から意見をもらいましょう(^^)

人は、自分のことはよくわからないけど、

他人のことはよくわかるからです。

 

他人には、下記の2種類があります。

  1. あなたのことをよく知ってる人(家族、友人)
  2. プロのキャリアカウンセラー

 

1つずつ解説します。

あなたのことをよく知ってる人に相談(家族、友人)

なんせあなたのことをよーく知ってるので、

すぐに客観的な意見をくれるのがメリット。

 

特に、親はあなたが小さい頃も知ってるので、情報豊富です。

 

ただし家族や友人のデメリットは、

転職のプロではないこと。

 

良いことは言ってくれますが、それがどう転職に活かせるかは別です。

お母さん

あんたは昔から、優しい子だったからねぇ

ぶっちゃけ、「優しい」は自己分析にはなりません。

 

「優しさがどんな仕事に活かせるのか?」を聞いても、たぶん答えられないでしょう。

 

情報量は多いメリットはありますが、

転職の専門家でないデメリットがあります。

プロのキャリアカウンセラーに聞く

転職のプロに相談するなら、

プロのキャリアカウンセラーですね。

 

メリットは、あらゆる職業の情報をもっていること。

 

あなたの話を聞いた上で、

あなたに向いてる仕事を教えてくれます。

 

具体的な求人情報ももっているので、

あなたに合う会社も紹介してくれます。

 

ただし、プロのキャリアカウンセラーのデメリットは、親や友人ほど情報量がないこと。

 

あくまでもあなたが話した内容をベースに分析するので、あなたが話してないことは知りません。

【結論】親や友人と、プロのキャリアカウンセラー両方に相談すればOK

つまり、親や友人と、プロのキャリアカウンセラーの両方に相談すれば、

かなり精度の高い自己分析ができます(^^)

 

順番は、

  1. 先に親や友人に相談
  2. そのあとにプロのキャリアカウンセラーに相談

 

が良いですね。

 

プロのキャリアカウンセラーに、

男の子

親や友人はこう言ってました

と情報提供できるから。

 

しっかり自己分析したい人は、両方に相談してください。

 

ちなみにプロのキャリアカウンセラーなら、

ウズウズが良いです。

 

ウズウズは転職エージェントで、

他社の約10倍(約20時間)のキャリアカウンセリングの時間をとってくれるからです。

 

20時間なので、かなり細部まであなたの話を聞いて、分析してくれます。

 

事実、35000人以上ウズウズに相談して、転職に成功しています。

 

ウズウズに相談するとどうなるかは、下記の5つ。

  1. あなたに向いてる仕事がわかる
  2. あなたに合ってる会社がわかる
  3. あなたの才能を活かして働ける
  4. 仕事にやりがいを感じる
  5. 仕事が楽しくなる

 

想像してみてください。

あなたの才能を発揮できる会社で、あなたがイキイキと働いている姿を。

それを叶えてくれるのがウズウズです(^^)

 

考える男性

自己分析のやり方がわからない…

ていうか、自己分析するのメンドくさい

 

プロにお任せするから、自己分析と自分に合う会社を紹介してほしい

というあなたに最適です(^^)

 

ウズウズに相談して、あなたにピッタリの会社を紹介してもらいましょう。

 

ウズウズが従来の転職エージェントと違う点は、下記の4つです。

  1. キャリアカウンセリングが他社の約10倍
  2. 適職診断もしてくれる
  3. ブラック企業は紹介しない(転職先の定着率95%)
  4. 内定率86%(採用試験対策がしっかりしている)

 

ただし、一応ウズウズにもデメリットはあります。

デメリットは、下記の3つ。

  1. 事務職の紹介は弱い(募集自体が少ないから)
  2. 関東、名古屋、関西、福岡しか対応してない
  3. 30代以上は相談できない

 

でも、下記の4つのメリットもあります。

  1. 「とりあえず相談だけ」でもOK
  2. 応募企業ごとに、履歴書や職務経歴書の作成のサポートをしてくれる
  3. 応募企業ごとに、面接対策もサポートしてくれる
  4. 転職後も仕事の相談ができる

 

ようはウズウズは、

メンドくさい自己分析を全部やってくれて、あなたに合う会社へ案内してくれる転職エージェントといえますね(^^)

 

ウズウズへの転職相談はすべて無料なので、気軽に相談してみましょう。

相談申し込みは、ウズウズのホームページから30秒で終わります。

 

LINEやスカイプでも相談できるので、手軽に相談できますよ。

 

でも、ウズウズの良い話ばっかりだと、信用できないですよね?

 

なので、実際にウズウズ(ウズキャリ)に相談した人たちの声を、

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめました(^^)

  • 右も左もわからなかったけど、希望の企業から内定をもらえた
  • 希望の職種・会社で働くことができた
  • 就職の基礎知識や面接のやり方も、一から教えてくれた
  • やりたいことがなかった自分に、やりたいと思える仕事を見つけてくれた
  • 私の性格も含めて、合っている職種・仕事を教えてくれた
  • ウズウズの専門外の仕事の転職も、丁寧にサポートしてくれた
  • 適切な指導で、内定をもらえた
  • 職歴が汚かったけど、内定をもらえた
  • 職歴が浅くて不安だったけど、内定をもらえた
  • 内定までのサポートが手厚い
  • ウズウズにくれば解決する
  • 感謝の気持ちでいっぱい
  • 働き始めた後も、メッセージをくれる
  • 他社よりカウンセラーの距離感が近いので、信頼感がある
  • 安心して転職活動できた

 

など、評判は良いです(^^)

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

ただし、1つ注意点があります。

いくらウズウズでも、人気の求人はすぐ定員が埋まります。

 

あなたがやりたい仕事でも、他の人に取られてしまうんです。

 

チャンスは、そう何度もやってきません。

 

あなたが悩んでいる間に、美味しい求人を誰かに取られるのはもったいないので、情報収集も兼ねてすぐにウズウズに相談しましょう。

 

もしかしたら、あなたの運命の会社に出会えるかもしれませんよ(^^)

 

ウズウズのキャリアカウンセリング・転職相談は無料なので、気軽に相談してみてください。

 

他の転職エージェントと併用も可能なので、

考える男性

念のため、ウズウズにも相談してみるかぁ

という感じでもOKです。

 

考える男性

ウズウズで転職するかはわからないけど、

相談はしてみたい

というのでも大丈夫です。

 

転職は人生を変える大事なイベントです。

 

後悔・失敗しないように、念のためウズウズのキャリアカウンセリングも受けておきましょう(^^)

まとめ【簡単な自己分析のやり方は7ステップ】

まとめ【簡単な自己分析のやり方は7ステップ】

この記事をまとめます。

  • 簡単な自己分析のやり方は7ステップ
  • さらに詳しい自己分析は他人の意見を聞きましょう(家族や友人、ウズウズ)

 

考える男性

自己分析のやり方がわからない…

他のサイト見たけど、自己分析がメンドくさい。

 

でも、自分に向いてて、やりがいをもてる仕事をしたいなぁ

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、転職活動って大変ですよね?

特に、仕事をしながらの転職活動はかなり大変。

 

今の勤め先にバレないようにしなきゃいけないし、時間がない中で、

  • 自己分析
  • 企業研究
  • 履歴書・職務経歴書の作成・送付
  • 面接日時の調整

 

をするのは、けっこう重労働。

休みの日も犠牲になるので、辛いですよね(^^;

 

できるだけ転職活動を楽にする方法を、

転職活動は大変ですよね【大変じゃなくなる方法を解説します】にまとめたので、読んでみてください(^^)

 

あなたの負担が軽減します。

少しでも楽に、効率的転職活動を進めましょう。

転職活動は大変ですよね【大変じゃなくなる方法を解説します】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!