フリーターは何が悪いのか【結論:悪くないし一発逆転も可能です】

考える男性

フリーターって何が悪いの?

ちゃんと働いてるし、誰にも迷惑かけてないけど。

 

まぁ、親とか友達が否定的なことを言ってくる気持ちもわかるけど、

できたらフリーターでいたいんだよね。

 

そもそも、正社員にもリスクがあるんじゃないの?

なんか、正社員にならなくても一発逆転して、ギャフンと言わせる方法はないかな?

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • フリーターの何が悪いかわかる
  • 正社員のリスクがわかる
  • フリーターが一発逆転する方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は元フリーターです。

現在はフリーランスのWebライターでして、個人事業主です。

 

僕の履歴は下記のとおり。

年齢 職業 雇用形態 年収
21~22歳 国家公務員 正社員 180万円
22~26歳 フリーター 非正規雇用 180万円
26~31歳 保険営業 個人事業主 600万円
31~33歳 保険代理店 個人事業主 600万円
33~36歳 法人向けWebコンサル営業 個人事業主 600万円
36歳~現在 Webライター 個人事業主 750万円

つまり、正社員だった経験は21~22歳だけです。

現在の年収は750万円くらいなので、同級生の中では稼いでる方かなぁと。

別に、正社員にならなくても生きていけると思います。

 

この記事は、元フリーターで現在は個人事業主の僕が書いたので、ある程度の信ぴょう性があるかと。

結論、フリーターは悪くないし、フリーターから一発逆転することも可能です。

 

一応、記事の前半でフリーターのリスクを解説しますが、正社員のリスクも知っておきましょう。

あなたの今後の人生設計の参考になればうれしいです。

目次

フリーターは何が悪いのか【4つのリスクがある】

フリーターは何が悪いのか【4つのリスクがある】

まず、フリーターの何が悪いのか解説します。

「何が悪いのか」というより、「フリーターのリスク」と言った方がいいかも。

 

大きく分けて、下記の4つのリスクがあります。

  1. 金銭的なリスク
  2. 世間的なリスク
  3. 保障的なリスク
  4. 就職的なリスク

 

1つずつ解説しますね。

※かなり細かく解説するので、必要なところだけ読んでもらってもOKです。

①金銭的なリスク

金銭的なリスクは、主に下記の5つ。

  1. 生涯賃金が低い
  2. 給料が上がらない
  3. 雇用が不安定
  4. ボーナスや退職金がない
  5. 住宅ローンを組めない

 

深掘りします。

生涯賃金が低い

生涯賃金は下記のとおり。

  • 正社員:2億5000万円くらい
  • フリーター:8000万円くらい

 

正社員の1/3くらいしか稼げません。

なので、フリーターだと「お金に困る人生」になります。

給料が上がらない

フリーターは昇給がありません。

短期労働者だからです。

 

もちろん長く働けば時給アップもありますが、正社員の昇級とは比べ物になりません。

雇用が不安定

非正規雇用だからです。

簡単にいうと、会社の業績が悪くなると真っ先にクビにされます。

 

「派遣切り」とかが有名ですよね。

正社員をクビにするのは大変なので、楽にクビにできる非正規雇用者から切られます。

ボーナスや退職金がない

ボーナスも退職金も、正社員のためのものだから。

フリーターの報酬は時給なので、ボーナスも退職金もありません。

住宅ローンを組めない

雇用が不安定だからです。

貸す側も怖いですしね。

 

他にも、

  • クレジットカードを作れない
  • 借りれる賃貸物件が少ない
  • カーローンが通りにくい

 

などのデメリットがあります。

②世間的なリスク

続いて、世間的なリスクは下記の4つ。

  1. フラフラしてるイメージ
  2. 結婚できない
  3. 親が恥ずかしがる
  4. 正社員の友達に劣等感を抱く

 

こちらも深掘りします。

フラフラしてるイメージ

フリーター=将来を考えてないという印象だから。

※この辺は人それぞれなので、周りの勝手な偏見ですが。

 

ただ、日本には「正社員は立派、フリーターはダメ」という風潮が強いので、偏見をもたれがちです。

結婚できない

収入が少ないからです。

仮に相手が良いと言っても、相手の親が嫌がるでしょう。

 

子供が生まれたら養うのは至難の技なので、物理的に結婚は難しいです。

親が恥ずかしがる

堅い親は恥ずかしがります。

近所や親戚の目が気になるので。

※自分の子供なんだから堂々と自慢すればいいのにね。

正社員の友達に劣等感を抱く

正社員の友達の中には、マウントをとってくる奴もいるので。

あきらめる女性

その歳で、まだフリーターなの?

はマウントですね。

 

別にいいですよね、あなたの人生なんだから。

③保障的なリスク

保障的なリスクは下記の3つ。

  1. 老後にもらえる年金が少ない
  2. 会社の福利厚生がない
  3. 病気やケガ→収入ダウンに直結

 

こちらも深掘りします。

老後にもらえる年金が少ない

国民年金しか入ってないから。

正社員は厚生年金もプラスされるので、老後にもらえる年金は多くなります。

 

フリーターの中には国民年金を払ってない人もいるので、老後に生活できなくなります。

※ただし、本当に将来年金が出るのかも不安ですが。

会社の福利厚生がない

非正規雇用なので。

正社員だと、

  • 休暇制度
  • 各種手当て
  • 従業員優待

 

などの福利厚生がありますが、フリーターにはありません。

病気やケガ→収入ダウンに直結

フリーターは、休むと収入が下がるので。

正社員が病気やケガで休んでも、

  • 傷病手当金
  • 病休
  • 産休・育休

 

などで収入が保障されてますが、フリーターはゼロになります。

④就職的なリスク

最後に、就職的なリスクは下記の2つ。

  1. フリーターのまま30代になると、正社員就職は難しい
  2. 評価されるスキルが身につかない

 

これも深掘りします。

フリーターのまま30代になると、正社員就職は難しい

即戦力人材とみなされないから。

例えば、

  • Aさん:33歳、正社員で営業を経験してきた
  • Bさん:33歳、アルバイトを転々としてきた

 

だったら、採用されるのはAさんです。

Bさんは年齢の割に使えなさそうだから。

 

20代なら正社員になれますが、30代だと一気に不利になります。

評価されるスキルが身につかない

フリーターの仕事は単純労働だから。

厳しくいうと「誰でもできる仕事」なので、スキルとして評価されません。

 

ようは「あなたでないとできない」がないので、就職が難しいです。

【結論】フリーターが不安なら正社員になればいい

ということで、客観的にフリーターのリスクを解説してきました。

上記を読んで、

心配な男性

やっぱり正社員じゃないと不安だな…

と思うなら、正社員になればOKです。

 

客観的な情報を見て、判断するのはあなた。

キリッとした男性

それでも、フリーターでいい。

と思うのも自由です。

フリーターから正社員になる方法

フリーターをやめたい人はやりたいことをやればOK【人生は大丈夫】にまとめたので、参考にどうぞ。

フリーターをやめたい人はやりたいことをやればOK【人生は大丈夫】

ちなみに、フリーター→正社員の就活は難航します。

嫌な面接官

なぜフリーターを続けたんですか?

って、面接で絶対聞かれるから。

これに真っ当な答えを言えないと、不採用です。

 

この辺は、フリーター→正社員に強い就職エージェントに相談すればOK。

ウズウズなんかが良いと思います。

 

フリーター→正社員の内定率86%なので、あなたが1人で就活するより成功確率は高いです。

 

ウズウズの評判は、ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめたので、興味あればどうぞ。

ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】

【悲報】正社員にもリスクはある【彼らも洗脳されてる】

【悲報】正社員にもリスクはある【彼らも洗脳されてる】

考える男性

親とか友人に「正社員になれ」って言われる。

でも、正社員にもリスクがあるんじゃないの?

おっしゃる通りで、正社員にも下記の2つのリスクがあります。

  1. 同一労働同一賃金
  2. 終身雇用の崩壊

 

正社員のリスクも知っといて損はないかと。

1つずつ解説します。

①同一労働同一賃金

2020年4月から「同一労働同一賃金」がスタートしました。

簡単にいうと、正社員とフリーターの賃金格差をなくす法律です。

 

海外では割と当たり前の制度でして、

非正規雇用者も正社員と同じ仕事してるのに、賃金が違うのはおかしい

 

という考え方・法律です。

参考:厚生労働省「同一労働同一賃金特集ページ

賃金格差の例

例えば、事務職なんかは顕著ですね。

正社員でもアルバイトでも、

  • コピーをとる
  • 資料を作る
  • 電話をとる

 

などの業務をやってるのに、年収が大きく違います。

たしかにそう言われると、賃金格差は変ですよね。

同一労働同一賃金で正社員のメリットは減った

わかりやすくまとめると、同一労働同一賃金で下記のようになりました。

  • 正社員:メリットが減った
  • フリーター:メリットが増えた

 

「だったら、フリーターでもいいんじゃね?」と個人的には思います。

②終身雇用の崩壊

正社員の終身雇用は、とっくの昔に崩壊してます。

なので、手に職がないと正社員も生き残れません。

 

例えば、ノースキルなのに40代でリストラされたら、かなりキツいはず。

ノースキルの正社員よりも、スキルがあるフリーターの方が今は有利です。

 

※この辺は、後述する「フリーターが一発逆転する方法」で解説します。

「正社員で就職すべき!」は国の洗脳です

「正社員は立派、フリーターはダメ」というイメージは、完全に国の洗脳ですよ。

なぜなら、正社員の方が税金をたくさん納めれてくれるから。

 

しかも正社員は「源泉徴収」という名の「税金の天引き」をされてるので、国にとってはサラリーマンが増えてくれる方が儲かるんです。

賢い人は、独立して節税をします。

 

あなたは、下記のどちらになりたいですか?

  1. 何も考えずただ税金を搾り取られるサラリーマン
  2. 賢く節税して、手元にお金を残す人

【痛快】フリーターが一発逆転する方法【手に職をつければOK】

【痛快】フリーターが一発逆転する方法【手に職をつければOK】

ほっぺたをふくらませる男性

なんか正社員の友達にマウントとられてムカつく…

親も「親戚に会わせるのが恥ずかしい」とか言うし…

 

なんか一発逆転して、ギャフンと言わせる方法ない?

結論、下記の3ステップで一発逆転できます。

  1. フリーターで時間があるうちにスキルを身につける
  2. 身につけたスキルで1回就職する
  3. 経験を積んだら独立する

 

これ、僕がやった方法です。

前述のとおり、終身雇用の崩壊=手に職がないと生きていけないなので、フリーターでもスキルを身につければ正社員に勝てますよ。

 

1ステップずつ解説しますね。

①フリーターで時間があるうちにスキルを身につける

フリーター最大の強みは、時間の自由がきくこと。

この時間を有効活用して、スキルを身につけましょう。

 

具体的に、今後も需要があって稼げるスキルは下記の3つ。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. 営業

 

詳しくは、手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】にまとめてます。

まずは上記3つのどれかで、基礎的なスキルを身につけましょう。

手に職がつくおすすめの仕事7選【サラリーマン辞められます】

②身につけたスキルで1回就職する

次に、1回正社員で就職してください。

ため息をつく男性

え~…

結局は正社員に就職するの?

と思うかもですが、大丈夫。

 

1回正社員になる理由は、実績を作るため。

次の3ステップ目が「独立する」なのですが、独立して食っていくには実績が必要だから。

 

なので、正社員で働くのは数年でOKです。

独立すると信用が必要なので、正社員で給料をもらいながら実績を作りましょう。

③経験を積んだら独立する

正社員で数年の経験を積んだら、独立しましょう。

独立すれば、収入の上限がなくなるから。

 

うまくやれば、正社員の同級生より稼げますよ。

この辺までくると、ギャフンと言わせることができます。

 

時間はかかりますが、コツコツと積み上げれば一発逆転は可能です。

【ちなみに】業界はITがおすすめ

ぶっちゃけ、スキルを身につけるならIT系のスキルがおすすめ。

なぜなら、IT業界が伸びてるから。

  • AI
  • 5G
  • SNS
  • Youtube
  • ゲーム

 

などを見てると、まだまだ伸びそうですよね。

追い風を受けながら生きる最大のコツは、伸びてる業界で働くことです。

 

先ほど紹介した、

  • プログラマー
  • インフラエンジニア

 

なんかは、年収1000万円以上を稼ぐ人もいます。

※もちろんフリーターから可能。

【体験談】僕もIT業界で稼げました

僕の現在の仕事である「Webライター」も、IT業界のお仕事。

冒頭でもお伝えしましたが、僕は営業をやってたんですが、ITの方が楽に稼げました。

年齢 職業 年収
26~31歳 保険営業 600万円
31~33歳 保険代理店の営業 600万円
33~36歳 法人向けWebコンサル営業 600万円
36歳~現在 Webライター 750万円

 

営業はかなり苦労しましたが、今のIT系の仕事はあんまり苦労してないのに営業より稼げてます。

理由は、時代の追い風にのってるからですね。

 

この辺は、IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】にまとめたので、興味あればどうぞ。

あまり苦労したくないなら、ITが良いかと。

IT業界は将来性ありまくり【未経験者向けに実体験も含めて解説】

ITスキルの習得は無料スクールが効率的【就職もできる】

考える男性

でも、ITの勉強なんかしたことないよ…

文系出身だし…

僕なんかにできるの?

結論、できます。

今はITスクールが増えてる時代で、誰でも効率的にスキルを習得できるから。

 

特に、ウズウズカレッジというITスクールは、

  1. 受講料が無料
  2. 優良なIT企業に就職できる→独立のための実績を作れる

 

という2つのメリットありです。

 

興味ある人は、話だけ聞くのもアリですよ。

丁寧に対応してくれます。

 

ウズウズカレッジについては、「プログラミングは独学が無理」は嘘【結論、仕事にすれば覚える】の中で触れてるのでどうぞ。

「人生を一発逆転する第一ステップ」って感じですね。

「プログラミングは独学が無理」は嘘【結論、仕事にすれば覚える】

【結論】フリーターでも戦略的に人生設計すれば大丈夫

ということで、別に正社員にならなくても、きちんと人生設計して行動すれば人生は大丈夫です。

事実、僕も大丈夫だったので。

 

なので、正社員になることが目的になっちゃダメ。

正社員になるとかならないって、あくまで手段の話でして、ようは「あなたがどういう人生にしたいか」が重要なんですよね。

 

だから、正社員にこだわらなくてもOKかと思います。

まとめ【フリーターの何が悪い?→きちんと人生設計すれば別に悪くない】

まとめ【フリーターの何が悪い?→きちんと人生設計すれば別に悪くない】

最後にもう一度、フリーターの4つのリスクをまとめておきます。

金銭的なリスク 生涯賃金が低い

給料が上がらない

雇用が不安定

ボーナスや退職金がない

住宅ローンを組めない

世間的なリスク フラフラしてるイメージ

結婚できない

親が恥ずかしがる

正社員の友達に劣等感を抱く

保障的なリスク 老後にもらえる年金が少ない

会社の福利厚生がない

病気やケガ→収入ダウンに直結

就職的なリスク フリーターのまま30代になると、正社員就職は難しい

評価されるスキルが身につかない

心配な男性

やっぱり正社員になった方がいいかな…?

と思うなら、正社員になればOKです。

 

ウズウズという就職エージェントは、フリーター→正社員の内定率86%なので、就職しやすいです。

ウズウズの評判は、ウズキャリの評判や口コミをご紹介【悪い評判がある理由も解説】にまとめてます。

 

また、親や友達は「正社員になれ」と言うかもですが、正社員にも下記の2つのリスクがあります。

  1. 同一労働同一賃金
  2. 終身雇用の崩壊

 

フリーターから人生を一発逆転する方法は、下記の3ステップ。

  1. フリーターで時間があるうちにスキルを身につける
  2. 身につけたスキルで1回就職する
  3. 経験を積んだら独立する

 

時代的にはITスキルを身につけると、時代の追い風にのれますよ。

 

無料でITを教えてくれて、優良IT企業に就職できるのはウズウズカレッジです。

 

いずれにせよ、ずっとフリーターのままというわけにもいかないので、あなたが好きな進路に向かって行動開始しましょう。

できるだけ客観的な情報をまとめたので、選ぶのはあなたです。

 

あなたの人生設計の参考になればうれしいです。